韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ノーベル賞生む日本のバイオ医学、中国とは20年以上の差

ノーベル賞生む日本のバイオ医学、中国とは20年以上の差

中国メディア・IT之家は3日、大隅良典氏が今年のノーベル医学・生理学賞を獲得したことについて、北京大学の生物学専門家が「わが国のバイオ医学は総じて日本より20年以上おくれている」との見解を示したと報じた。記事は、北京大学教授の饒毅氏が「日本のバイオ医学研究は、1980年代にはすでに非常に高いレベルに達していた」と語る一方で、現在の中国は「なおも日本の90年代のレベルにも及んでいない」と語ったことを紹介。中国の学術界も進歩はしているものの、依然として日本から20年以上おくれているとするとともに、「いつこの差を埋められるか、今はなんとも言えない」とコメントしたことを伝えた。

また、今回の受賞研究である細胞のオートファジー(自食作用)の研究に長く携わっている清華大学の俞力教授が「細胞生物学の分野では、大隅氏を含めてノーベル賞を獲得しても不思議ではない学者が数人いる」と語ったことも伝えている。さらに同教授が、大隅氏の研究は「非常に非常に基礎的な仕事」であるものの、「他の研究者のために道を開いたという、非常に重要な意味を持つものだ」と評価したことを合わせて紹介した。

これまでの中国、そして今の中国において、俞教授が語った最後の部分が、まさに「非常に重要な意味」を持っているかもしれない。それは、基礎的な研究の重要性だ。基礎研究は長く続ける根気が必要とされる一方で、往々にして地味な仕事という印象を与えがちだ。すぐに結果や評価を求めたがる傾向にある人にとっては耐え難い苦行である。今後、基礎研究という「苦行」を苦と思わず取り組むことができる研究人材を多数輩出するとともに、基礎研究に対する支援を強化し、評価を高める制度を作ることが、中国の学術研究界にとっては急務と言えそうだ。
http://news.searchina.net/id/1620168?page=1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
ウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、今年のノーベル医学・生理学賞を、細胞内でタンパク質を分解し再利用する「オートファジー(自食作用)」の仕組みを解明した功績により、大隅良典・東京工業大栄誉教授(71)に授与すると発表した。同研究所は声明で、大隅氏の発見は、がんやパーキンソン病、2型糖尿病のような病気解明に役立っているとし、「細胞内でいかにタンパク質が再利用されるかを理解するうえで、新たなパラダイムに導いてくれた」としている。賞金は800万スウェーデンクローナ(約9500万円)。授賞式は12月10日にストックホルムで行われる。

受賞について、大隅氏は日本のメディアに対し「この上なく光栄なこと。人がやらないことをやりたいというのが私の信念だった」と語った。1945年に福岡市で生まれ、2009年から東京工業大学で教授を務める大隅氏は研究のなかで、オートファジーを制御する遺伝子を発見。専門家からは「パラダイムシフト」「パイオニア」と評されている。なぜこうした遺伝子上のエラーがさまざまな病気の原因になり得るのかを解明するのに役立つため、この発見は医学的に非常に重要だと考えられている。日本人のノーベル賞受賞は3年連続で25人目。昨年は寄生虫による熱帯病の治療薬を開発した大村智・北里大特別栄誉教授らが医学・生理学賞を受賞した。

大隅さんが取り組んだ研究は、細胞が不要なたんぱく質などを分解する「オートファジー」と呼ばれる仕組みの解明である。この仕組みは、細胞に核のあるすべての生物が持つもので、細胞の中で正しく機能しなくなったたんぱく質などを、異常を起こす前に取り除く役割や、栄養が足りないときにたんぱく質を分解して新しいたんぱく質やエネルギーを作り出す役割を果たしている。 大隅さんは、酵母の細胞を使って、「オートファジー」の仕組みの解明に取り組み、平成5年にこの仕組みを制御している遺伝子を世界で初めて発見した。

その後も同様の遺伝子を次々と発見してそれぞれが果たしている機能を分析するなど、「オートファジー」の仕組みの全体像を解き明かしてきた。 パーキンソン病などの神経の病気の一部ではオートファジーの遺伝子が、正常に機能していないことが分かっていて、予防法や治療法の開発につながるのではないかと期待されている。「オートファジー」は、「自分を食べる」という意味で細胞に核のあるすべての生物に備わる生命の基本的な仕組みとなる。

細胞は栄養が足りない状態になると、生き残るためにみずからの中にあるたんぱく質などをアミノ酸に分解し、新しいたんぱく質の材料やエネルギー源として利用します。古くなったり、傷ついたりして要らなくなったたんぱく質も同じように分解し、再利用していて、こうしたオートファジーの仕組みは、細胞の働きを正常に保つ上で欠かせないものとなっている。 大隅さんは、昭和47年に東京大学の大学院を出たあとアメリカのロックフェラー大学に留学し、酵母を使って細胞内部の働きを詳細に調べる研究を始めて、そして、昭和63年、東京大学の自分の研究室で顕微鏡をのぞいていたとき、細胞の「液胞」と呼ばれる器官の中で小さなたんぱく質の粒が激しく動く様子を見つけた。栄養の足りなくなった酵母が、細胞の成分のたんぱく質などを分解するために液胞に取り込む、オートファジーの様子を捉えた瞬間だった。

大隅さんは、その後、栄養不足の状態にしてもオートファジーが起きない酵母を人工的に作り、正常な酵母と比較して、オートファジーに必要な遺伝子を次々と特定し、こうした遺伝子は動物や植物にも共通していることが徐々に明らかになり、オートファジーはヒトを含む、細胞に核のあるすべての生物が持つ生命の基本的な仕組みであることが分かってきた。

とても一言で語れる内容ではないが、地道な努力の積み重ねとなる基礎研究は、今後日本の土台となる一方で、基礎研究が空洞化していることも指摘しており、日本はもっと様々な分野の基礎研究を実施しないと、他国に遅れる嫌煙があるという。日本の未来はこれからなのだという事の様だ…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月05日 14:20 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp