韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国の駐日大使、安倍首相の「毛頭考えていない」発言に「具体的言及控えたい」

韓国の駐日大使、安倍首相の「毛頭考えていない」発言に「具体的言及控えたい」

イ・ジュンギュ駐日大使が5日、日本軍「慰安婦」被害者に「謝罪の手紙など追加的な感性的処置を期待する」という韓国の要求を、「毛頭考えていない」として拒否した安倍晋三首相の発言について、明確な評価を避けた。

イ大使は同日、東京の韓国大使館で開かれた国政監査で、安倍首相の発言が「一国の首相の国会での公式発言としては、最小限の品格も備えていない不適切な発言ではないか」とする共に民主党のパク・ビョンソク議員の質疑に対し、「日本に現地駐在する大使として、その発言の具体的な表現については言及を控えたい」と答えた。イ大使はまた、韓国政府が謝罪の手紙などを要求する前に駐日大使館と意思疎通を行ったかを尋ねられ、「謝罪の手紙は望ましい要求だが、私たち(駐日大使館側)との事前協議はなかった」と答えた。イ大使は、日本政府が拠出した10億円の資金が慰労金なのか、それともか賠償金なのかを尋ねるカン・チャンイル議員(共に民主党)の質疑には最後まで答弁しなかった。

同日の国政監査では、安倍首相の「毛頭考えてない」との発言に対する糾弾が相次いだ。ムン・ヒサン議員(共に民主党)は「被害者ハルモニ(おばあさん)宛に手紙を一通送る問題について、一国の首相がそのような(毛頭のような)表現を使ってはならない。12・28合意以降、日本は次第に頑なになっており、私たちは何かに怯えているように縮こまっている。加害者と被害者が入れ替わった状況」だと指摘した。ソ・チョンウォン議員(セヌリ党)も「安倍首相のこのような発言は、韓国国民に針で胸を刺されているような痛みを与えた。非常に不適切な発言だ。(駐日)大使館側が日本政府にこのような憂慮を伝えてほしい」と述べた。ユン・サンヒョン議員(セヌリ党)は、「政府が安倍首相に謝罪の手紙を書いてもらうことを政府の(公式)立場にしなければならない」と要求した。


スポンサードリンク


イ大使は韓日間の最大の懸案である情報保護協定(GSOMIA)の締結については、肯定的な見解を示した。イ大使は「国益の観点から冷静に判断し、必要ならば国民の理解を得て推進する方向で考えている。大使館は、政府の方針が決まり次第、(それに伴う)役割を果たす準備をしている」と述べた。大使館のキム・ギホ国防武官も「基本的に国防部は(情報保護協定の締結が)必要であると判断している」と答弁した。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/25327.html

【管理人コメント】
聯合ニュースは、安倍晋三首相が3日の衆院予算委員会で、旧日本軍の慰安婦問題をめぐる昨年末の韓国との合意の追加措置として、慰安婦被害者への謝罪の手紙を求める声があることについて、「毛頭考えていない」と断固として拒否したことを受け、韓国政府は戸惑いを隠せずにいると自国政府が戸惑っていることを強調しているが、合意内容に謝罪文書を含む等という内容は無いだろう。日本政府は合意した時点の共同声明で十分伝えているわけで、何も安倍総理自身が手紙を出す必要は無い。

韓国メディアは、韓国の外交部関係者は4日、「安倍首相の発言について、どのような立場を表明するか議論している」とし、安倍首相の発言は謝罪の手紙は合意に含まれておらず、慰安婦被害者支援財団「和解・癒やし財団」に10億円を拠出したことで日本の合意履行は果たされ、慰安婦問題は「最終的かつ不可逆的に解決」したとの認識に基づくものとみられると伝えている。

日本首相の謝罪の手紙は合意に含まれていない。だが、合意当時、岸田文雄外相が発表した安倍首相の謝罪を手紙の形にするよう求める意見を激しい表現を使って拒否したのは、謝罪の真意を疑わざるを得ないとの見方が出ている。 安倍首相は国会で、合意に含まれた謝罪の文言を直接読み上げることも拒否していたと伝えている。

日本の政治は、韓国慰安婦問題などを語っている状態ではないわけで、韓国にはすでに10億円も支払っているのだからさっさと大使館前の慰安婦像を撤去してほしいものだが…。韓国政府とはいつでも決別する用意があるのではないか…。これだけ振り回されてきた日本政府である。世代を超えてまで余計な時間を割く必要もないだろう。今後は日本の事を優先的に考えて政治を前に進めてほしいものであるが…



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月06日 09:52 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
ダメ同士の連携で大失敗
これは韓国政府の当事者能力の欠如をあからさまに
露呈した事件だったから、韓国政府は何もしないで
だんまりが一番いいでしょう。

ざっと、こういう経過です。
・12.28の後、韓国政府は国内世論を抑え切れなかった。
・韓国政府が非公式に日本政府に「手紙」を打診した。
・民進党の小川淳也議員にやらせた国会質問が不発だった。
・ことの収拾は日本政府ではなく韓国政府の問題になった。

岸田-尹炳世の外相人脈で水面下の意向打診ができた
はずだが、尹炳世は何もしなかったのですね。
民進党の小川淳也を使ったのは大きなミスだった。
韓国政府-日本民進党の連係プレイはサマにならない。
[ 2016/10/06 10:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp