韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  12・28合意と決別しよう

12・28合意と決別しよう

今月3日、日本の衆議院予算委員会。香川県出身の小川淳也議員(民進党)が質問台に立ったのは、午前11時を少し過ぎた時刻だった。ぼんやりとNHK中継を見ていた私は、反射的にレコーダーを取り出した。「慰安婦問題に関する日韓合意以降、韓国政府が安倍首相からのお詫びの手紙を求めているようだが、この件についてどう考えるか」
安倍晋三日本首相の答えは短い3つの文で成り立っていた。

第一文、「合意した内容を両国が誠実に実行していくことが求められている」。これは、日本政府が数百回も繰り返してきた公式立場であり、驚くべき内容ではない。 第2文、「小川議員が指摘したのは、(合意)内容の外である」。この発言で、安倍首相が韓国が「期待する」と明らかにした「お詫びの手紙」などの追加措置に応じる意思がないことが明らかとなった。当初からあまり期待しなかっただけに、失望することもなかった。問題は、最後の文だった。「私たちは○○考えていない」。3年間日本で様々な経験を積んできたと思っていたが、この文章の副詞が何を意味するのか、見当もつかなかった。録音内容を繰り返して聞いても分からず、在日同胞の知人と日本の記者に録音したファイルを送信して鑑定を求めた。

彼らの返信に書かれていた副詞は「毛頭」という言葉だった。国会答弁という公の場で、そのような挑発的な表現が使われるとは夢にも思わなかった。慰安婦被害ハルモニ(おばあさん)たちに伝える「お詫びの手紙」を要求する韓国の要請に対し、それを受け入れる考えが「微塵もない」と答えたようなものだからだ。堪えきれない怒りとこの上ない無力感に襲われた。「河野談話」(1993)の主人公である河野洋平元官房長官が4日、日本の放送で指摘したように、安倍首相の「人間性の問題かな」と思う。


スポンサードリンク


昨年の12・28合意以降、韓日の市民社会ではこの合意をどのように受け止めるかを巡り二つの立場が対立してきた。一つは、合意を無効にし、原点に戻って再交渉を行わなければならないという「白紙撤回論」であり、もう一つは、首相のお詫びの手紙など補完的な手段を通じて合意の足りない部分を埋めようという「補完論」であった。白紙撤回論は韓国をめぐる厳しい外交の現実からして、選択肢になり得ないし、補完論は安倍首相の今回の「毛頭」発言で破綻を迎えたことが明らかになった。

これからどうすべきか。第3の道を提案してみる。名付けて「合意固辞論」である。
韓国政府は、日本側に傾いた12・28合意という不利な戦場から組織的に退却すべきだ。この合意を何とか正当化しようとする痛ましい努力はやめてほしい。まず、「和解・癒やし財団」は日本政府から受け取った10億円の執行を停止し、状況を静観しなければならない。さらに、日本政府の関心事である少女像の問題について、もう少し原則的な立場を明らかにする必要がある。韓国は過去の合意で「少女像について関連団体との協議などを通じて、適切に解決されるよう努力する」としただけで、移転そのものを約束したことはない。安倍首相の言葉をそのまま返すと、少女像の移転は「(合意)内容の外」である。

政府は合意で「国際社会において、この問題について互いに批判・非難することは控える」と約束した。この約束は、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)などの民間団体が女性の普遍的な人権懸案である慰安婦問題を解決しようとする国際的な努力まで拘束するものではない。政府は、民間団体の活動を今よりも積極的に支援する必要がある。慰安婦問題という歴史的な痛みを経験した韓国社会が、最終的に到達すべき目標が12・28合意でないなら、徐々に、しかし明確な方向性を持って、合意と決別していかなければならない。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/25340.html

【管理人コメント】
韓国メディアはコラムという形で反日記事を掲載する。韓国ハンギョレ新聞にしては珍しい気もするが…。
社説で堂々と語ったらいかがなものかと思うが…。10億円もらったら韓国の自由というわけではない。

とかくメディアは反日をあおり、自国政府は板挟みとは言え、先送りを実施しては逃げる。日本政府は12・28合意時に交わした声明でしかないわけで、わざわざ謝罪の手紙を総理が書く必要は毛頭ないのだから、十分だろう。金を受け取っておいてまでメディアが騒ぎたてる必要もないだろう…。それにしても韓国メディアはコラムとか社説とかが主で、朝鮮日報などは記事が無い。韓国ハンギョレ新聞までこのような記事を掲載するようでは、困りごとだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月07日 09:35 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(6)
管理人さんも疲れますね
管理人さん、毎回有難うございます。

彼の国のメディアは、特に執念深いですね。
管理人さんも、毎回 同じようなコメントを書いて、飽きておられることと思います。
しかし、負けずに書き続けて頂き、日本国民の一人として深く感謝申し上げます。
黙っていると、作り話を更に大きくして来るようですから、これからも宜しくお願いします。
[ 2016/10/07 11:03 ] [ 編集 ]
威力絶大な二文字
朝鮮人が精神的にこたえるのは、論争の負けより
プライドが傷つくときのようです。
・・・「毛頭」の二文字の威力は絶大だった。
[ 2016/10/07 11:25 ] [ 編集 ]
ちょうど livedoor のニュースを読んだところでした。

河野洋平氏 慰安婦問題での安倍首相
の「お詫びの手紙」拒否発言を批判
livedoor [2016/10/05 19:00]
http://n.m.livedoor.com/a/d/12106870?f=110
「慰安婦の人たちの気持ちを癒す、 そして和解をするための作業をしているんだと言うならばですね、 そこはもう少し言い方があったんじゃないか」

「『人間性』の問題かなという風に思いますね」

「もっと寄り添った言い方もあったかもしれない」

「安倍政治っていうものにもう少し愛情が欲しい、温かみが欲しいと、かねてから私は思っているところです」

◇ ◇ ◇

何が愛情だタコ、 宮沢喜一とテメエの不見識と日和見がここまで問題を大きくした、 謝罪すべきはテメエで、 謝罪する相手は日本人だ、 いまさら言い訳は見苦しい、 とっとと皺腹かっさばけ


先ずは、ここまで吐き出して置きます。

[ 2016/10/07 12:35 ] [ 編集 ]
「毛頭ない」 「微塵もない」 どちらでも良いですが、 嘘偽りない気持ちでしょう。

安倍総理は、 これ以上、 強請・集りに付き合う積もりはないと言ってる。

人間性を問題にするなら、 自らの不見識と日和見を未だに反省せず、 日本人に謝罪もしない河野洋平の方がより問題でしょう。

何より、 火のない所に放火して回り、 嘘に嘘を重ねて日本を貶め続ける南鮮になど「屁」 ほどの敬意もないと言うこと。

偉そうに、12.28合意放棄だと? ならば日本は南鮮そのものを否定するのみ。

日本は、 南鮮の誣告を何時までも容認するつもりは『毛頭』も『微塵』も無いと言う事です。

[ 2016/10/07 12:41 ] [ 編集 ]
韓国式後出し追加
安陪首相がモノを言った相手は、韓国ではなくて
民進党のアンチャン議員の小川淳也でした。
安陪さんは多少いきった態度を見せたが、計算ずく
じゃないですか。

これは韓国側の大失敗だから、韓国・民進党はもうさわらない方が
いいのですが、フジTVが自民党の河野洋平氏を引っ張り出して
ピエロ役をやらせたという流れです。

安陪首相は過去の河野発言を踏襲したが、ものごとには
自ずと限度があるわけで、ビジネスでも外交でも後出しの
追加要求は最も嫌われることです。今回、韓国はこの
忌み嫌われる後出しをやった。前々から韓国の対日外交
スタイル(後出し追加)が変らないのを全日本国民が
目撃したわけで、これは後々尾を引きます。
[ 2016/10/07 13:49 ] [ 編集 ]
国内戦災被害者救済
韓国の慰安婦のことより日本でも戦前は従軍慰安婦、戦後は進駐軍の慰安婦になってる女性がいるけど
そっちの保障をしたほうがいいのでは。
それに空襲等の戦災被害者の保障は皆無らしいが国内の被害者救済のほうをやってくれよ。
傷痍軍人、被爆者ばかり支援してもう少し国内の慰安婦、戦災被害者の救済したほうがいいのでは・・・
[ 2016/10/07 23:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp