韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  サムスン携帯電話下請け労働者2人がメタノール中毒

サムスン携帯電話下請け労働者2人がメタノール中毒

今年初め、携帯電話部品メーカーで派遣労働者5人が毒性物質のメチルアルコール(メタノール)中毒になる労働災害が相次いだのに続き、今度は2人の労働者が失明の危機に直面したもことが明らかになった。当時、政府が実態調査で「追加患者はいない」と発表したことについて、ずさんな対応を批判する声があがっている。

労働健康連帯は6日、「今年初め、メタノールの労働災害が発生した会社で働いていた労働者2人が、最近、メタノールが失明の原因であることに気づき、労働災害の申請を進めている」と明らかにした。Kさん(29)は、サムスン電子の携帯電話の下請け会社である京畿富川(プチョン)のD社で3週間ほど派遣労働者として働いていたが、昨年2月に失明の症状を見せ始めた。彼は現在、右目が見えず、左目も視力の10%しか残っていない。

Nさん(35)は、別のサムスン電子の携帯電話下請会社である仁川(インチョン)南洞工業団地のB社に派遣され、昨年9月から勤務していたが、今年1月、目が見えなくなり、救急車で病院に運ばれた。2人が働いていたD社とB社は、昨年12月から派遣労働者がメタノール中毒にかかり視力を失う事故が発生したところだ。しかし、彼らは事業所や派遣業者はもちろん、政府からもメタノールによる労働災害の可能性について何の説明も聞いていなかったことが分かった。


スポンサードリンク


昨年12月D社でメタノールを扱っていた派遣労働者が失明し、この1月には京畿道富川の会社で労働者3人が相次いでメタノール中毒になったことが明らかになった。2月にはB社でメタノール中毒によって失明した人が発生した。D社とO社はサムスン電子の携帯電話の部品だけを、B社ではサムスン電子とLG電子の携帯電話部品を生産していた。

メタノールによる失明事故が初めて明るみに出た時、市民団体と労働団体は「患者が発生した事業場のメタノール濃度が非常に高い」として、「携帯電話部品の生産にかかわった派遣労働者に対する全数調査を実施すべき」と主張した。ところが、雇用労働部はメタノールを取り扱っていることが把握された全国の3100を超える事業所を対象に、産業安全公団と一緒に実態調査を行い、「追加の患者はいない」との結論を発表した。雇用部の関係者は「まだ労災を申請しておらず、詳しい状況は確認中」だと話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25338.html

【管理人 補足記事&コメント】
日本においてメタノールは危険物第四類アルコール類に指定されているなど、引火の危険性の高い液体である。揮発性が高く、メタノールの入った容器を直接火にかけると爆発する恐れがあるため、保管場所・使用場所における火気や電気火花について念入りに注意しなければならない。特に使用する場所では十分な換気と、容器を倒さないこと、液をこぼさないことに留意されたい。換気は防火上有効であるとともに、後述する中毒の防止にも有効である。

メタノールもエタノールも、体に入ると“酔い”をもたらす。ただし、エタノールは体内で比較的害の少ないアセトアルデヒドから無害の酢酸に分解されるのに対して、メタノールは有害なホルムアルデヒドから有害な蟻酸(ぎさん)に分解される。この蟻酸がたまることにより、頭痛などさまざまな症状をもたらすとともに、とくに視神経を傷つけて、視力障害さらには失明が起こる。 メタノールは、燃料、溶剤として、また各種の化学薬品、医薬品の原料として広く用いられている。

特に中小企業などでは、化学物質管理が重要で大手企業が取引先の傘下企業を指導するが、サムスンはは欠病訴訟も抱えており、部品企業などに化学物質における指導などは実施しないだろうから、まだまだこのような問題は多発するのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月07日 09:50 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp