韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の国外企業のM&A、米国を抜いて世界1位に

中国の国外企業のM&A、米国を抜いて世界1位に

中国資本が外国企業を買い取り、あるいは合併する国外企業のM&Aの規模が、今年に入り米国を抜いて世界1位になったことが分かった。

1~9月、中国の国外企業のM&Aの規模は1739億ドル(約193兆ウォン=約18兆円)であり、昨年同期間よりも68%急増したとサウスチャイナ・モーニングポストが6日、金融情報会社ディール・ロジックの資料を引用して報じた。件数では601件で、昨年より160件増えた。2008年以降1~9月基準の国外企業のM&Aは、米国が首位を守ってきたが、今年に入って初めて中国がリードした。中国化工(ケム・チャイナ)によるスイスの農業生物工学企業シンジェンタ買収が467億ドルで最大規模を記録した。

ただし、M&A計画がすべて実現しているわけではない。今年に入り中国が推進したM&A案のうち42件(358億ドル規模)が国家安保と土地所有権および特定産業保護などを理由にキャンセルまたは断られ、時効が満了するなどした。アーンスト・アンド・ヤング(EY)アジア太平洋金融部門のケイス・ポグソン先任パートナーは「外国の規制当局は国益を保護することに敏感だ。中国の大規模な国外投資が続けば続くほど、このような対処に直面し続けることになるだろう」と話した。


スポンサードリンク


特に、技術分野では白紙化された金額と件数がそれぞれ101億ドル、10件と割合が高かった。その中でも中国・紫光グループによる米国のハードディスク企業ウェスタン・デジタル買収案(38億ドル)と、華潤グループ清芯華創の米国半導体企業フェアチャイルド買収案(25億ドル)が最も大きな規模だった。これらの米国企業は米財務部の主導で、買収企業の安全保障上の脅威の有無などを審査する外国人投資審議委員会(CFIUS)の深層審議を受けており、「規制上の懸念」を最も重要な理由に挙げ、買収協議を中止した。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/25335.html

【管理人 補足記事&コメント】
中国企業が1570億ドル(約16兆円)もの記録的な資金を投じて海外企業を買収する中、その買収コストは4年ぶりの低さにとどまっている。  ブルームバーグの集計データによると、今年の合併・買収(M&A)額は中央値で対象企業のEBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)倍率が14倍と2015年の16倍から低下した。中国国内のM&Aに比べて30%低くなっている。

李克強首相の「走出去(海外進出)」政策の下、中国化工集団(ケムチャイナ)や安邦保険集団などの中国企業は海外資産を積極的に買収している。米中商工会議所のシバ・ヤム会頭は、M&Aコストの低下は国際的な買収で中国企業の経験値が高まっていることを示していると話す。 ブルームバーグがまとめたデータによれば、今年の中国国内M&AのEBITDA倍率は中央値で約20倍と、15年の19倍から上昇した。

中国経済の低迷で資金が次第に無くなりつつある中国であるから必死だろう。彼らにはM&Aという手法しかないわけだが、それも限界がある。相手側とてM&Aとはいえ、将来性が無いのでは合意しないだろうから、中国企業のM&Aの質をぜひ調査願いたいと思うが…。質は大きく低下しているのではないか。好条件で将来性のあるM&Aには見えないのだが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月07日 10:17 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp