韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  韓国政府、北朝鮮崩壊に備え「10万人脱北者村計画」

韓国政府、北朝鮮崩壊に備え「10万人脱北者村計画」

今月1日の「国軍の日」に朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が北朝鮮住民に脱北を呼びかけ、また脱北者全員を受け入れる意向を示す発言などが相次ぐ中、韓国政府は大量の脱北に備えた対応策をとりまとめる作業を内部で行っていることが7日までにわかった。北朝鮮が核兵器開発を完了する前に、金正恩(キム・ジョンウン)政権の崩壊を積極的に後押しする必要があるとの指摘が与党などから出ているが、これらの発言が政府の動きに影響したかにも注目が集まっている。

北朝鮮の崩壊やそれに近い事態が発生した場合、短期間におよそ10万人の脱北者が発生すると韓国政府は予想している。そのため韓国政府はこれらの脱北者を収容するため「10万人脱北村」を建設する計画を進めているという。「脱北者の全員収容」を原則に、10人のうち4万3000人は廃校や体育館などすでにある施設や建物に、残りの5万7000人は臨時の建物などに分散して収容することが主な内容となっている。政府はこの脱北村建設に2兆ウォン(約1800億円)以上の予算が必要と試算しているという。韓国政府の関係者はこの日「ダムに亀裂がみつかれば、洪水に備えるのは当然だ」とした上で「現時点で大規模脱北が起こる徴候はないが、エリート層の相次ぐ脱北で北朝鮮指導部に亀裂が入っているのは明らかなだけに、もしもの事態に備えておく必要はあるだろう」とコメントした。

別の政府筋は「韓米両国が北朝鮮の急変に備えてとりまとめた『作戦計画5029』や、有事に備えた『忠武計画』などにはいずれも脱北者収容計画が明記されているが、現時点ではこれらを整理する作業を行っている」と伝えた。大量の北朝鮮難民が休戦ラインを越えて韓国にやって来た場合、統一部(省に相当、以下同じ)は地方自治体などと協力し、首都圏周辺の廃校を難民収容施設として活用する方針を定めている。


スポンサードリンク


一方で脱北者が中朝国境や中ロ国境地帯に流れ込む可能性も高いことから、韓国政府は現在の朴槿恵政権発足直後、一連の事態に備えるためモンゴルなどと脱北村建設計画について水面下で意見交換をしてきたこともわかった。ある外交筋は「北朝鮮の突然の崩壊を念頭に、中国の軍部などとも極秘に意見交換しようとしたことがある。しかし中国は脱北者対策のとりまとめを拒否したと聞いている」などと明らかにした。

外交部の関係者は「3-4人の外交官がいる小規模の海外公館にも脱北者を受け入れるための空間を確保してある」「中国や東南アジアなどよく知られた脱北ルートの他にも、中東やアフリカのように北朝鮮労働者がいる地域であれば、どこでも脱北者が出てくる可能性があるからだ」とコメントした。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/08/2016100800566.html

【管理人コメント】
韓国という国は自分たちの国が負債崩壊することについて、無能な連中ばかりという事なのだろうか…。
普通の頭では考えられないが…。現状の状況下で、仮に通貨危機が起きても誰かが助けてくれるという事だろうか…。家計負債は政府が助けてくれるという事だろうか…。すでに自国銀行はアメリカであり、貸金企業は大半が日本である。すでに企業統治下にある韓国という国も珍しい…。中小企業雇用率だけで考えても、とても恐ろしい状態だろうと思うが、その恐ろしい結果を見ないと駄目なのだろう…。

何とも寂しい限りだが…。
そんな状態で日本と比較し、世界の順位を気にしているのは不思議としか言いようがない。
戦後崩壊したことがない北朝鮮である。通貨危機のたびに崩壊する韓国と大違いだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月08日 11:17 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(2)
現実対応
韓国には脱北者が 2万から 3万人いるらしい。
受け入れられても差別と低賃金が現実で、
一般住民となじめないらしい。
これ以上増えると、一般韓国人との混住は危ない。

隔離した環境に入れて、まずスパイ検査、次に
専用作業場、これは開城工業団地を再現。

というシナリオで10万人分を用意する。
[ 2016/10/08 20:02 ] [ 編集 ]
こういうことだけは気が回る
韓国の大学では将来のノーベル受賞者の銅像を建てるべく早々と場所を選定している。この計画もそれに近いものがある。韓国人は希望的な将来を考え行動するきらいがある。

先ごろ韓国を襲った台風により3年前に完成したばかりの防波堤が決壊している。手抜き工事か設計ミスかわからんが韓国のやることは基本的なことが必ず抜けている。今度の台風など並みのものでこれくらいで破壊されるのは、過去最大の波の高さ、強さを想定して設計施工したとは思えない。韓国には強い台風など来ないから、簡単な計画や手抜き工事でも問題ないと考えたのではないだろうか。ここにも楽観的な行動がうかがえる。

北の崩壊に備えるなら、まずは今の韓国の実情に目を向けるべき。世界経済が停滞し始めている現状では内需に頼れない韓国経済は厳しく、人口減少と高齢化が追い打ちをかける。内需の大きい日本でさえ、人口減少と高齢化には手を焼き、長く苦しんでいる。韓国がそれ以上の苦しい立場になるとどうして予想できないのか理解に苦しむ。

希望的な将来を思い描いて、ノーベル賞を受賞してない段階で碑を建て、台風が来ない前提で防波堤を建設し、いままた亡国の瀬戸際だと言うのに北の崩壊を夢見ている。やはりこの国は救われない。
[ 2016/10/09 01:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp