韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  自然災害を生き抜く日本人の強さ

自然災害を生き抜く日本人の強さ

地震の揺れの強さを示す尺度のことを「震度」という。ごくわずかな揺れは震度1、明らかに揺れが感じられるようになれば震度2、誰もが地震発生を認識できるのは震度3だ。震度4になれば室内の照明などが大きく揺れ、震度5になればたんすなどが倒れ大きな恐怖を感じる。記者が今年4月に熊本県に出張した際に体験した揺れはまさにこのレベルだった。

当時、熊本県では最初の地震が発生してから72時間以内に震度7が2回、震度6が5回、震度5が7回、それ以下は250回発生した。記者は震度6-7の地震が過ぎ去ってから現地に到着したため運が良かったが、地震をほとんど経験したことのない韓国人にとっては、震度5でも死ぬかと思うくらいの恐怖を感じる。16分に1回のペースで地面が波打つとでも言おうか。うたた寝をしているときに、脳に突然「恐怖のスイッチ」が入るような感覚だ。

現地では日中、破壊された住宅を数え切れないほど目にした。橋が崩落し山が崩れ落ちている様子も映画以外では初めて見た。宿泊先から500メートル離れた場所には自衛隊の車両が止まっていたが、昼間に体験したような地震がまた起これば、自衛隊が来る前に自分が助けを求めに行かなければならない。自分が「生き残るための知恵」について何も知らないこともそのとき初めて知った。階段は大丈夫か、エレベーターの方がもっと危険なのかといったことさえ、そのときは全く判断がつかなかった。


スポンサードリンク


日本の防災政策はまさにここが原点だ。300ページからなる2016年版『防災白書』の第1章第1節は要するに「政府ばかりに頼るな」ということが書かれている。日本政府は「私たちが守ります」とは言わない。自分の命を自分で守る力こそ最も大切なことであり、近所同士で互いに助け合うことがその次に来る。政府と地方自治体はそれができるよう支援する立場だ。

例えば1995年に発生した阪神淡路大震災では、救助されて助かった人のうち、消防官や警察官、自衛隊員に助けられた人は全体の23%(3万5000人中8000人)で、残りは近所の人によって助けられた。建物や家具などに押しつぶされ危うく命を落としそうになった人も、そのほとんど(95%)が自力ではい出すか(35%)、家族(32%)や隣人(28%)に助けられていた。

そのような考え方に基づいてまとめられたものが地震防災マニュアルだ。日本政府と地方自治体はいつ、どこで、どのような災害が発生するかを科学的に分析し、「最悪」のシナリオを想定する。活断層がどこにあるか、原発からどれくらい離れているか、住宅地の地盤はしっかりしているか、津波は地震発生から何分後にどこに到達するかを全て予測し、避難の要領を分かりやすい言葉で説明している。
(略)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/07/2016100701721.html

【管理人コメント】
朝鮮日報は日曜日に、反日記事とメディア愚痴となる記事満載なのだが、最近は反日記事が消えつつあり、日本の良い部分を嫌々掲載する事が多くなった。防災政策などは韓国と比較しても対応は論外なのだろう~。もっとも異常に地震を怖がる韓国人である。耐震工事不足でマンションの一番上などは強い風でも揺れるだろう。そういう事は気にならないのだろうか。地震と放射能という言葉を聞いただけで逃げ出すのではないか…。

冗談はともかくも、韓国の老朽化を含め、すでに危険と背中合わせである。都市計画を含め、現時点で老朽化したすべてを見直す必要がある一方で、地震対策の基本は、企業内でも家の中でも、整理整頓は基本原則である。無駄なモノが散乱しているようでは危険極まりない。また地震計や気象に関する測定器なども老朽化しているのではないか…。気象予報が外れたりと問題が多い韓国では困りごとだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月09日 11:59 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp