韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米AT&T、ギャラクシーノート7の販売中断を考慮

米AT&T、ギャラクシーノート7の販売中断を考慮

米通信会社2位のAT&Tが、サムスン電子「ギャラクシーノート7」の販売中断措置を深刻に考慮していることがわかった。ベライゾンをはじめとする米4大通信会社が大量リコールを進めノート7をサムスンの他の製品に交換しているが、ノート7の市場からの撤収を公式化したケースはAT&Tが初めてだ。

ブルームバーグは、サムスンとAT&Tの両社の事情に通じた消息筋の話として、「5日のサウスウエスト航空機内での火災事件以降、AT&Tがノート7の販売はこれ以上難しいという意思表示をサムスン側にした。現在サムスンと販売中断措置と関連した最終協議を進めている」と報道した。 当初AT&Tはサムスンとの根強い連帯関係を考慮し、ノート7のリコール問題でもサムスンには最大限友好的な姿勢を見せてきた。米消費者製品安全委員会(CPSC)の公式決定以前にもサムスン側の自発的リコール宣言を受けノート7を先制的に交換することもした。

しかしノート7交換品とみられるサムスンのモバイル機器が米サウスウエスト航空機内の火災原因に名指しされ、AT&Tは当初の立場を全面修正した。5日に米ケンタッキー州ルイビルからメリーランド州ボルティモアに向け出発予定だったサウスウエスト航空994便が離陸直前にサムスン製モバイル機器により火災が発生し、乗客は全員避難させた。

事故原因と推定されるモバイル機器はサムスンが問題となったバッテリーチップを中国ATL製品に新たに交換したノート7の交換分とされる。


スポンサードリンク


AT&Tの今回の決定はサムスンのモバイル事業部門の今年の業績にも悪影響を及ぼす見通しだ。AT&Tは世界の通信会社でサムスンのモバイル製品を3番目に多く購入している。市場ではノート7大量リコールによってサムスン電子の営業利益は1兆5000億ウォン(約1391億円)から2兆ウォンほど減ると予想している。

1位のベライゾンやスプリント、Tモバイルなど米国の他の通信会社もノート7の販売を中断する場合、ノート7は米国市場での販売機会を事実上封鎖されることになる。 米国IT専門メディアのザ・バージによると、AT&Tは7日午前には「ノート7販売中断措置をまもなく下すだろう」と明らかにしていたが、現在は立場表明を拒否した状態だ。
http://japanese.joins.com/article/526/221526.html?servcode=300§code=330

【管理人 補足記事&コメント】
Galaxy Note 7 のリコール騒動により、国内外の各航空会社は搭乗客に対してこの機種を起動・充電しないように注意する取り組みを行っている中、インドで飛行中だった機内で Galaxy Note 2 から煙が出るという火災事故が発生した。

9月23日朝、シンガポールからインドのチェンナイに向かう IndiGo 機内で事故が発生。飛行中の機内で乗客の手荷物から煙が出ていることを他の乗客が発見し、客室乗務員が調べたところ出火元は Galaxy Note 2 だった。火は出ておらず事態は小火で収まったものの、Galaxy Note 7 の警告が出ているだけに、機内は騒然としていた伝えられている。

Galaxy Note 2 は 2013 年に発売された機種なので、今回の事故は Galaxy Note 7 のバッテリー不良とは無関係と思われるが、同じ Samsung 製品であるだけに、厳しく追求されると見られると報じられている。一度リコール問題が発生すると次から次と問題が出始める。もっともその中には疑わしい情報もあるわけで、サムスンにとっては厄介な火種となる…。早く原因と対応策の説明を、明確に解かりやすく公表することである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月09日 18:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
サムスンの示談の相場
サムスンの今までの示談の相場:ロー、ミドルのスマホは日本円で10万円程度+サムスンクラブに入れて、ホテルでの食事会など
ハイエンドスマホは日本円で15万円程度+サムスンクラブに入れて、ホテルでの食事会など
DDR(DRAM):そもそもDDRを一個追加しても一般人が効いているか故障か分からない。スパコンや企業が製品とだすものに搭載する場合は、日本企業のまともなところは事前検査でサムスン製は外す。
TVは使用期限(一年)超えたら故障するから無意味。かねだして修理しろと言われる。
洗濯機も同じ。ニュージーランドやオーストラリアは使用期限(一年)超えているからサムスンに落ち度はないというのがサムスンの返答。それがたとえ、爆発しても。
つまり、故障などを考えたら日本製は宝物みたいなもの。
ああ、ちなみに、ヨーロッパから客船受注していじめにあっていた(客船だけは、途中の設計変更は受注側が自前でのまなければならない不平等契約の横行が続いている)三菱重工が客船製造から撤退するとのこと。さて、ヨーロッパはどうでるか?おそらく、世界中の発注者から製造続けてくれと嘆願されると推測する。
[ 2016/10/09 20:44 ] [ 編集 ]
この機種はもうディスコン
AT&Tの決定は当然のことです。
サウスウエスト航空機での発熱事件が本当なら、一回目の対策で
完全な解決ができなかったということ。

電池が何故だめなのか何故この機種の電池は発熱するのか、
という説明がない。

どうも、サムスン自身が問題の全容を解明できていないようです。
対策の中味も明かさないから、電池がどう変わったのか見えない。
この薄型電池はNote7専用設計のようです。制御回路も新規でしょう。
問題が再発するから材料、工程を含めた電池の設計問題じゃないですか。
まず米国市場ではディスコン。
もう一回起こったら、このスマホは世界中の全数回収して廃棄でしょう。

Galaxy Note7 Safety Recall
Updated ? Sept. 20 2016
http://www.samsung.com/us/note7recall/

Note: The battery cell issue applies only to the Galaxy Note7 devices sold in the U.S. before September 15, 2016.
・・・こんな説明では誰も納得しない。
[ 2016/10/09 22:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp