韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  五輪工費の高騰の原因は… 競技場3施設は落札率ほぼ100%

五輪工費の高騰の原因は… 競技場3施設は落札率ほぼ100%

2020年東京五輪・パラリンピックの開催費などを検証する都の調査チームが、計画撤回を含めた見直しを提言した都の競技場3施設では、今年1月の工事の入札で落札率が最大約100%に及ぶなど、整備費高騰の一因となっている。落札した共同企業体(JV)の一部には自民党の大物都議が役員を務める企業も含まれており、「利害関係者である議員が関わる企業が工事に参加することは不透明さがある」との指摘もある。

■高い落札率
落札率は入札の上限となる予定価格に対する落札額の割合を示し、高いほど業者の利益は大きくなる。都は予定価格を公開した上で入札を実施した。 落札率が約100%に及んだのは、ボート・カヌー会場「海の森水上競技場」。大成建設などのJVのみが入札し、落札額は約249億円。予定価格より約31万円低いだけだった。

バレーボール会場「有明アリーナ」の入札には2つのJVが参加し、竹中工務店などのJVが落札した。予定価格約361億円に対して落札価格は約360億円で、落札率は99・82%だった。水泳会場「オリンピック・アクアティクスセンター」は、3つのJVのうち大林組などのJVが約470億円(予定価格約538億円、落札率87・26%)で落札した。

五輪競技施設のうち、最も費用がかさむこの3施設の整備計画では、都の調査チームが9月29日に示した報告書で、代替施設の調査や大会後の活用、維持費の試算など検証不足を厳しく指摘し、再検討を促している。こうした高い落札率が費用の高騰の一因にもなっている。


スポンサードリンク


高い落札率をめぐっては、築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)でもあった。土壌汚染対策の盛り土が行われていなかった水産卸売場棟などで、主要3施設の建設工事の再入札の平均落札率が99・9%だったことが判明。豊洲市場は土壌汚染対策費も当初計画の約1・5倍の858億円に膨張するなど、最終的な総事業費は5884億円に及ぶと見込まれており、事業費について小池氏は都政改革本部で検証する考えを示している。

■都議役員企業も参加
有明アリーナとアクアティクスセンターを落札したJVには、小池百合子知事が選挙戦で「都議会のドン」と称した内田茂都議(自民)が監査役を務める「東光電気工事」が参加している。都連の前執行部は7月の知事選で小池氏の推薦を認めず、元総務相の増田寛也氏を擁立。小池氏はその意思決定の過程を「ブラックボックス」と表現し、内田氏について「都議会のドン」と批判していた。

また、有明アリーナの入札には鹿島建設のJVも参入し、応札額は竹中工務店のJVより低かったが、専門家が実績を評価する「技術点」で同社JVが満点を獲得して総合的に上回り、“逆転落札”した。金額だけで決めないのは「技術提案型総合評価方式」と呼ばれる方法を導入しているからだ。入札金額から算出する価格点と、都が求める技術的な課題に対する技術」の評価値で決まる。都の担当者によると「金額だけで決めて、工事能力がない業者が受注すると問題がある。特に五輪関連の工事は簡単ではないため、技術力も含めて総合的に判断している」という。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161009/dms1610091000009-n1.htm

【管理人コメント】
高騰の原因と言っても、透明性のない都政に都議会である。釣り上げるほどに儲ける連中がいるという事だ。韓国財閥と変わりのない悪事で進めた連中がいるからだろう。そもそも東京都の税収に付け込んで、見積もり資産額が何倍も膨れ上がるなど普通の企業ではありえない。チェック機能となる部署も懐を温めたという事だろう~。しっかりと金銭感覚をもって、試算を行えばそれほど大きく変わるわけがない。あまりにもずさんな対応というわけだ。

責任トップの力が強力に働かなければ出来ない事だと考えれば、黒幕は明確だろう~。税金である。税金の大切さを理解して働く連中が利益の温床になるようでは、税金で働く資格は無いのでは…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月09日 19:04 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(3)
国際的な何とやらは胡散臭すぎます
IOCと言い、国連と言い、ビジネスライクに堕落してしまいました。

発足当初に掲げた崇高な理念は、何処に消えたのでしょうか。それとも元々無かったのでしょうか。

取り敢えず、今のビジネスライクなオリンピック等、必要性は更々無いと思います。
本来、スポーツ選手であれば、設備等にとらわれることなく己の最善を尽くす、自分にはそんな思い込みがあります。
オリンピックを開催するにしても、IOC本部ともあろうものが、開催国の設備計画にまで物申すとは呆れてしまいます。IOC本部は、スポーツ精神の堅持にこそ意を用いるべきです。
IOC本部が、開催国に対して物を申して良いのは、安全と安心に関わるものだけの筈です。
小池都知事、この点は引かないで欲しいと思います。

さて、国連ですが、彼の国出身の無能な事務総長が間のなく終わりのようですから、先ずは次に期待してみましょうか。
[ 2016/10/09 20:15 ] [ 編集 ]
もう、 司直の手に委ねたら如何なものか?

知事経験者からも、 都議連からも、 JOCからも、 都職員からも、 ぞろぞろ出そうですね。

全てに関わってそうなのが奴で、 あの親子とMとMもヤバいのカナ?

[ 2016/10/09 21:50 ] [ 編集 ]
雑子 様
ですなー!

あいつら賄賂ばっかに感じますなー!

日本人としては、 スキージャンプやバレーボール(やってたもんで)のルール等々、 スポーツ政治も疑問だらけです。
[ 2016/10/09 22:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp