韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  7日、中国不法漁船の衝突攻撃で韓国海洋警察の高速ボート沈没、31時間非公開なぜ

7日、中国不法漁船の衝突攻撃で韓国海洋警察の高速ボート沈没、31時間非公開なぜ

西海で不法操業していた中国漁船が、取り締まり中の韓国海洋警備安全本部所属の高速ボートに衝突し沈没させて逃げたという史上初の事件が発生した。海洋警察と国民安全処はこの事実を1日以上隠し、メディアの報道が出た後になって公開した。国民安全処高官が事件の公開を統制したという海洋警察側の主張が出て波紋が広がっている。

9日、仁川(インチョン)海洋警備安全処の説明によると、7日午後3時8分頃、仁川市甕津郡(オンジングン)の小青島(ソチョンド)南西76キロメートルの海上で不法操業をしていた100トン級の中国漁船が、取り締まりに乗り出した仁川海洋警察3005艦警備艇所属の4.5トン級高速ボート1隻に故意に衝突して逃走した。衝突された高速ボートが転覆し、ボート長のチョ氏(50・警衛)は沈没直前に海に飛び込み、他の高速ボートに救助された。残りの特殊機動隊員8人は別の中国漁船を捜索していて、人命被害はなかった。

これまで鉄パイプや凶器を利用して威嚇する中国漁船乗組員は多くいたが、漁船を利用した「衝突攻撃」で海洋警察の高速ボートが沈没したのは今回が初めてだ。 しかし、海洋警察はこのような事実を知らせず、事件発生から31時間後の8日午後10時20分頃、報道資料を出した。この日午後4時30分頃、あるマスコミが関連事実を報道してから6時間が経った後だ。国民安全処も10分後に同じような内容の資料を出した。

仁川海洋警備安全処の関係者は「事件当日、報道資料をまとめたが、内部事情で配布しなかった。翌日のメディア報道後も、報告と資料を見直す過程で発表の時期が遅れた」と釈明した。


スポンサードリンク


しかし、匿名を要求した海洋警察関係者は「事件発生後、仁川海洋警察をはじめとし、中部海洋警察、海洋警察本部、国民安全処長官、首相、大統領府まで報告された。どんな理由かわからないが、国民安全処の高官から「絶対に外部に出してはならない。公開しない」との指示が下りてきた」と明らかにしたと聯合ニュースが同日、報道した。 論議が起こると、国民安全処は9日午後、釈明資料を出し「海洋警察関係者の発言内容は事実無根」と反論した。「正確な事実確認のため、3005艦を仁川暑専用埠頭に入港させ、海上特殊機動隊の警察官調査と映像資料分析を直接行ったために時間がかかった」という釈明だ。

政府は今回の事件と関連し9日、中国政府に抗議した。外交部当局者は「韓国海洋警察のボート沈没が発生したことについて、9日午後、外交部東北アジア局審議官が駐韓中国大使館総領事を招致し、強い遺憾と抗議の意思を伝え、再発防止に向けた中国側の積極的な努力を要求した」と話した。この当局者は「中国側は今回の事件について遺憾を表明し、中国漁船に対する指導・取り締まりを一段と強化すると答えた」と伝えた。 外交部当局者は「今回の事件の根本原因が、中国漁船の不法操業にあるだけに、外交部としては、これからも関連事項を注視し、海洋警察・海洋水産部など関係機関と緊密に連絡を取り、中国漁船の違法操業の根絶に向けた外交的努力を続けていく予定だ」と加えた。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25356.html

【管理人 補足記事&コメント】
2016年10月9日、韓国メディアによると、韓国仁川市甕津郡の小青島付近の海域で7日、中国漁船が韓国海洋警察の高速短艇に衝突し沈没させた後、中国海域に逃走した。環球網が伝えた。韓国の仁川海洋警備安全署によると、小青島付近の海域で7日午後3時ごろ、違法操業の中国漁船を取り締まっていた海洋警察の高速短艇に中国漁船が故意に衝突した。短艇は沈没し、中国漁船は中国海域へ逃走した。短艇に残っていた隊員1人は高速ボートが救助し、死傷者は出なかった。

それにしても中国漁船に追突されて、沈没する高速ボートって…。中国が自衛権などと語り、追突すれば海洋警察の4.5トン級高速ボートあっけなく沈没するという事だ。これで不法操業が取り締まれるのか…。ゴム警備艇を押し切って通過。高速警備艇は水深80メートルの海底へと沈没した。沈没した高速警備艇は最大15人乗りで重量は4.5トン。最高時速は74キロ。警備艇ならば攻撃・威嚇射撃軍備を備えた軍備がしっかりとした船舶で警備しなければ無理だろう。31時間非公開というが、中国漁船追突で沈没する警備艇である。挙句に隊員らを救出した高速警備艇は、中国漁船に引き続き威嚇されたため、40ミリ多目的発射器、K1小銃、K5拳銃数十発を空中と船体に向かって発射し、現場海域から10-12キロ離れた巡視船へと撤収したわけで、海洋警察は小銃をうって巡視艇へと逃げたたわけだ…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月10日 09:54 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(5)
漁船に沈没させられるって、笑えますね。韓国にうまくできることはあるのでしょうか。
[ 2016/10/10 10:03 ] [ 編集 ]
まあ、韓国の方が日本民主党よりまし
でもね、日本の民主党時代の仙谷さん、自衛隊内部から命がけの告発なかったら、日本は中国不法漁船の体当たりは表舞台に出なかった。。。今の韓国の方が日本の民主党よりましという現実。。。日本人よ!気づけ!
民主党時代:民主党本部周辺でのデモ禁止条例制定、松本大臣が東北復興予算割当で、言うこと聞かなかったら金出さない発言。
民進党時代:蓮舫はかたくなに戸籍表示拒否、蓮舫画像削除依頼。←自民党一年生議員は戸籍表示
終わってるだろう。。。
[ 2016/10/10 12:44 ] [ 編集 ]
抵抗した中国漁船に閃光弾
これより前、先月29日には中国漁船炎上事件

韓国海警、検問に抵抗した中国漁船に閃光弾…火災で3人死亡
2016年09月30日

けっこう激しいバトルを繰り広げている。
韓国は国の上層部より現場の海洋警察の方が敏捷だ。
この事件は尖閣防衛の海保にはテンプレになる。
[ 2016/10/10 18:04 ] [ 編集 ]
申し訳ありません
 田中様申し訳ありません、尖閣諸島漁船衝突事件のビデオをインターネットにアップしたのは、元海上保安官のハンドルネーム「sengoku38」こと一色正春によって漁船衝突時に海上保安官が撮影していた44分間の動画がYouTube上に流出した様に記憶していますが、いつ自衛隊内部からの告発だったのでしょうか?
 元仙谷由人官房長官は自衛隊を、暴力装置と呼び日本国防衛の要を揶揄、軽蔑する言動で不愉快千万な人物でありました、今は徳島で隠居されているので、二度と政界には戻らない様に!
[ 2016/10/10 20:01 ] [ 編集 ]
間違えました
大山様
すみません。大山様が正しい情報です。ありがとうございました。
[ 2016/10/10 21:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp