韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「スライドでロック解除」アップルの特許認められる

「スライドでロック解除」アップルの特許認められる

サムスン電子が米国での特許権侵害訴訟でアップルに負けて、スマートフォン事業の悪材料が続いている。

米ワシントンの連邦巡回区控訴裁判所は7日(現地時間)、全員合議体による再審理で「スライドによるロック解除」機能などアップルのスマートフォン関連特許3件をサムスンが侵害したというアップルの主張を認める判決を下した。今年2月、裁判官3人による合議審ではサムスン電子側の主張が認められたが、今回全員合議体がこれを覆した。同裁判所は特許を専門とする控訴裁判所だ。

11人で構成された合議体のうち8人が多数意見を出した同日の判決文によると、裁判所は「裁判官3人の審理で下された判決は、控訴の過程で提起されなかった事案に依存しているか、訴訟記録に含まれている範囲以上の情報をもとに行なわれた」として、同判決を無効化した。今回の判決でアップルが再び認められた特許は「スライドによるロック解除」、「文字入力における自動補正」、「リンクを通じた速い移動」の3つである。これによって、特許権を侵害したサムスンがアップルに1億1960万ドル(約123億5千万円)を賠償しなければならないというカリフォルニア連邦地方裁判所の判決(2014年5月)の効力が蘇った。

サムスン電子の関係者は「米最高裁判所に控訴する」方針を明らかにした。サムスン電子の米現地法人も8日、論評を出し「裁判部の決定は市場での競争ではなく、法廷の判決によって消費者の選択権を狭めるもの」だとして、遺憾の意を表した。


スポンサードリンク


2012年に始まったこの訴訟は、アップルが第1審の連邦地方裁判所の判決で勝訴したが、サムスンが第2審の連邦巡回区控訴裁判所の裁判官3人による合議審でこれを覆した。連邦巡回区控訴裁判所は事件が非常に重要であると判断した場合や既存の判例を変えなければならない場合、裁判官全員が参加する全員合議体を構成するが、ここで再びサムスンの代わりにアップルの勝訴が言い渡された。

裁判所はこれとは別に、サムスン電子のデジタル写真処理関連特許をアップルが侵害したという主張に対し、アップルが15万8400ドル(約1600万円)をサムスンに賠償するよう命じる判決を下した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25353.html

【管理人 補足記事&コメント】
聯合ニュースなどによると、米連邦巡回控訴裁判所は7日、スマートフォンをめぐり韓国のサムスン電子が米アップルの特許3件を侵害したとするアップル側の主張を認め、サムスンに約1億2千万ドル(約120億円)の支払いを命じた2014年の1審判決を支持する判決を言い渡した。 ロック解除などの特許に関し、控訴裁は今年2月、裁判官3人の合議でサムスン側勝訴の判断をいったん示したが、今回参加する裁判官の数を増やし、8対3の多数意見によりアップル側勝訴とした。2月の判断は、裁判では取り上げられていない証拠に基づいており、誤りがあるとした。

1審判決は双方による特許権侵害を認定し、アップルにもサムスンに対し約16万ドルを支払うよう命じた。最近なのさウンスンは新規模則で有能な弁護士すら雇えないのではないのか…。後手後手に回っている。特許争いは、企業倒産になりかねない厄介な問題である。と同時にサムスンはアップルへのCPU受注すらおぼつかないわけで、半導体受注も厳しい状況だ。フラッシュメモリーも3Dへと変化しても製造原価の高い問題は解決できてはいない…。

東芝副社長は、量産開始がサムスンから2年遅れた事を下記のように話している。
「もちろんサムスンが先行している認識はある。ただ2年前は製造装置の能力が不足し、サムスンも設備をフル活用しても良品を作れないという壁を越えるのに時間がかかっていたと見ている。現在は装置が進歩し生産面はクリアした。あとは不具合への対応力が勝負だが、それも道筋が見えている。丸々2年遅れとは考えていない。感覚としては半年くらいではないか」

半導体の製造工程は、シリコンウェハー上にチップを作り込む前工程と、ウェハーを切り分けてパッケージングする後工程に分けられる。ファソン工場は、2000年に建設された新しい工場であるが、現在も拡張が続けられているほか、単に生産のみでなく、研究開発からマーケティングまでの機能を担っていることも特徴だ。ファソン工場は、サムスン電子の製造技術が結集された世界最先端の最新工場であり、Samsungメモリのパフォーマンスと信頼性はここから生まれている。現在、ファソン工場では、10、11、12、13、15、16の6つの生産ラインが稼働中であり、DRAMとNANDフラッシュを生産している。

製造設備となると大半が日本企業だが、上記設備についての詳細は不明。半導体は、ごく小さなホコリがウェハーに付着するだけで、歩留まりが落ちてしまうため、高レベルのクリーンルーム内で製造される。人間は、そうしたホコリの原因となるため、ラインからはできる限り人間を減らすことが重要だ。ファソン工場の生産ラインは、ほぼ無人化されており、わずか数人で工程の管理を行っている。生産ラインは24時間フル稼働であり、従業員は3交代制の勤務となるが、東芝が不正会計でもたついたわけで、東芝は更なる上の技術で対応するしかないのでは…。東芝とて決して有利とはいいがたい。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月10日 10:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
サムスンと東芝の違い
サムスン:製造設備はオランダ製。2次元から3次元への変更は整合性がない。つまり、途中でこけたら、いちからやり直し。
歩留まり悪い。積層が複雑。
東芝:製造装置は日本製。2次元から3次元への変更は先を見据えて整合性がある。つまり、途中でだめでも、そこに戻ればよい。
不良品率は低い。積層は単純。
勝負はついているが、サムスンが自前の複雑すぎる方法をやめて、東芝方式にされることがないように祈る。まあ、NANDの回路はオープンで無料公開したが、3次元製造は特許とってるので特許料もらえるから良いか。。。
[ 2016/10/10 13:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp