韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米国のソナタ「エンジン欠陥」集団訴訟、現代自動車が補償に合意、韓国では?

米国のソナタ「エンジン欠陥」集団訴訟、現代自動車が補償に合意、韓国では?

米国でソナタ「エンジン欠陥」問題で集団訴訟を提起された現代自動車が、車両購買者に対して修理費用の全額を補償することで合意した。韓国国内でも同型エンジンを装着した車両で被害をこうむったと主張する所有者が少なくなく、米国と類似の補償要求が相次ぐ展望だ。

現代自動車は9日、2011年から2014年まで米国アラバマ工場で生産し販売したソナタのうち、シーター2エンジンを装着した車両の所有者に対して修理費用の全額を補償する条件で原告側と合意したと明らかにした。これに先立って該当車両の所有者は、エンジンから出る騒音がひどく、始動不良現象が起きるが、これは現代自動車が欠陥を隠して車を売ったためとし、消費者集団訴訟を提起した。

米国内の該当車両所有者は88万5千人に達する。現代自動車はこれら所有者に無償点検と修理、すでに支出した修理費用、さらに中古車として売った場合にエンジン欠陥のせいで売値が下がる分まで補償することにした。全体の補償額は明らかにされていないが、1台当り1千ドルと仮定すれば8億8500万ドル(約912億円)に達する規模だ。米国北部カリフォルニア連邦地方法院は、特別な理由がないかぎり今回の合意案を12月15日に最終承認する計画だ。

現代自動車は昨年米国で2011~2012年産ソナタのエンジン欠陥を認め、リコールしたことがある。今回は問題車両を2013~2014年に生産された車両まで拡げて補償することにした。現代自動車は「品質保証期間を2年延長して補償車両に含ませた」と説明した。


スポンサードリンク


当該時期に装着されたエンジンは、排気量2.0リットル、2.4リットルのシーター2エンジンで、YFソナタに搭載されている。2007年に登場したシーター2エンジンは、2009年に改良型が出された。しかし、このエンジンのシリンダー内で往復運動するピストンヘッドとシリンダー内壁に損傷が生じ、騒音が発生したり始動不良になる現象が発生する可能性があると主張されてきた。

問題は該当時期に韓国国内で生産された車両をどうするかだ。現代自動車はひとまず韓国国内の車両についてはリコールの対象ではないと線を引いている。シーター2エンジンを装着した車両のリコールと補償措置は、米国の工場で生産された製品に高く現れた一時的不良率などによるものであり、韓国工場で生産された製品については不良率がきわめて少なくリコールの対象ではないということだ。

シーターエンジンの欠陥問題提起は今回が初めてではない。自動車ファンクラブのサイトでは、数年前からこれと関連して不満が提起されてきた。最近では現代自動車職員の内部告発も話題になった。韓国国内でシーター2エンジンを装着した車両は、ソナタ以外にもK5、K7、グレンジャー2,4がある。一部の車両オーナーは、エンジン騒音と始動不良現象で整備工場を訪れたところ、シリンダーが損傷しているという点検結果が出たと主張した。だが、こうした問題が潤滑系統の問題なのか、部品素材の不良なのかは明らかにされていない。K5車両のオーナーであるキム氏は「米国では欠陥を認めリコールをしておきながら、同じエンジンを使う韓国では知らぬフリが許されるのか」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25350.html

【管理人コメント】
車と言えば、ハスラーが私の家に納車されました。今の軽自動車装備は、高級車並みで素晴らしいですね~。機能が増えれば面倒なのが厄介ですが…。自動ブレーキに運転アシストやら、エネチャージによるハイブリッド走行。私はフルタイム4駆のターボ車ですが、流石にワゴンRと同じエンジンだけあって、モコのノンターボと比較しても別次元となる。フル装備のハスラーは久々に乗る楽しみが味わえる車ですかね~。出だしの良さは素晴らしいのですが、アイドリングストップが働いている時には一瞬あれ??と感じます。シートヒータまでついて、至れり尽くせりですが、後部座席のシートは、個人的には座り心地が今一つですね~。車は大きく内部も広く感じます。舗装道路などで凸凹した場所を走ると、乗り心地は、悪くはないが良くもないと言ったところでしょうか。

現代自の「エンジン欠陥」は、エンジンのシリンダー内で往復運動するピストンヘッドとシリンダー内壁に損傷が生じるという問題は、加工技術と熱処理あるいは材料等々…があるでしょう。傷がつけばエンジンオイルが燃焼し、マフラーから白煙が出るのでは…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月10日 10:58 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
この不具合は深刻なんでは?
そう言やあ、 2~3年前だったか「ピストンが脱出した」事が有りましたが、 あれもその後どうなったのか? サムスン・スマホもそうですが、 どうして起きた不具合なのか、 対策はどうするのか、 説明がないのかな?

それに、 米国と南鮮で同じ事象が起きているなら、 製造不良じゃなくて設計不良なんじゃないですかね?

とにかく、 ピストンやシリンダの寸法が一定の公差に収まってないとか、熱で歪むなどなら尋常じゃないはず、 設計不良じゃないのかな?

発売前に、コストカットの為か、 充分な検証をしてないんでしょうか、 南鮮製製品全般がです。

国内市場から現代自・起亜自を、 事実上追い出した、 日本の消費者は賢明でしたね、 次はスマホや家電の完全駆逐カナ?
[ 2016/10/10 18:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp