韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ギャラクシーノート7、リコールしたが再燃…米の調査結果が峠に

ギャラクシーノート7、リコールしたが再燃…米の調査結果が峠に

「戦略スマートフォン」ギャラクシーノート7の発火問題が再燃し、サムスン電子が再び危機を迎えた。ギャラクシーノート7の“命運”は米国消費者製品安全委員会(CPSC)の調査結果にかかっていると見られる。製品に欠陥があるという判定が出れば、最悪の場合、ギャラクシーノート7を放棄せざるを得なくなるという見通しも示されている中、一部の専門家たちは製造工程だけでなく構造的な問題が事態の悪化をもたらした可能性もあると指摘している。

サムスン電子は先月2日、ギャラクシーノート7を全量リコールすることを決め、異常燃焼の原因がバッテリーにあると決め打ちし、「バッテリープロバイダとともに不良の可能性がある物量を特定するための精密分析作業を行っている」と明らかにした。その後、韓国や米国で発売された製品に組み込まれたサムソンSDI製のバッテリーの問題との結論を下した。サムスン電子は国家技術標準院に提出した「製品回収等の計画書」で「特定バッテリーメーカーのセル製造工程の問題で、セル内部の極板が押さえられるなどして陰極と陽極が接触し過熱発生」と不良の原因を明らかにした。

しかし、異常燃焼が初めて主張されてから9日後に下した素早いリコール決定は、結果的に逆効果を招いた。バッテリーが交換された新しい製品の発火事例に関する情報提供は、米国で5件、韓国で1件、中国で1件、台湾で1件など合わせて9件に達する。米国の主要携帯電話会社のベライゾンとAT&T、T-モバイルがギャラクシーノート7の販売と交換を全面中断し、ギャラクシーノート7は米国での販路がとざされた。


スポンサードリンク


事態がどこに向かうかは、近く出てくると見られる米国消費者製品安全委の調査結果にかかっていると見られる。消費者製品安全委員会は、ケンタッキー州の空港の旅客機内で発生した燃焼事故を調査している。もし交換した製品からも深刻な欠陥が発見され、米当局が重い処分を下せば、ギャラクシーノート7の販売は難しくなる。ある電子業界関係者は「調査結果によっては断種の検討もありうる」と話した。

一部の専門家は、製造工程上の問題では終わらない可能性もあると分析している。二次電池の専門家であるパク・チョルワン博士(次世代電池イノベーションセンター初代センター長)は「国家技術標準院安全諮問委員会の資料によれば、サムスン電子は新しいギャラクシーノート7を発売した9月末にも、異常燃焼の原因を正確に把握していなかった」と主張した。彼は「原因をバッテリーと決め打ちした結果、バッテリー以外のフォン内部の問題をきちんと見直せていない」と指摘した。

技術力の限界と垂直系列化による部品供給の問題に分けて分析する専門家もいる。スマートフォンは薄くても、バッテリーは長持ちするという両立が難しい目標を追求して開発されてきた。バッテリーは基本的に大きさに比例して容量が決まるので、小さくて容量の大きいバッテリーを作ることは問題につながる可能性を内包している。

2011年に発売された最初のギャラクシーノートの厚さは9.7ミリだった。ギャラクシーノート2(9.4ミリ)からギャラクシーノート3(8.3ミリ)までは段々薄くなっていったが、2014年のギャラクシーノート4は8.5ミリで少し厚くなった。今年発売されたギャラクシーノート7は7.9ミリだ。昨年発売されたギャラクシーノート5(バッテリー容量3000mA h)よりは0.3ミリ厚くなったが、バッテリー容量(3600mA h)は20%増加した。防水・防塵のために密閉されたギャラクシーノート7のバッテリー容量は、最近発売されたアップルのiPhone7プラス(2910mA h)やLGのスマートフォンV20(3200mA h)より大きい。あるスマートフォン開発デザイナーは「バッテリー容量を大きくして外形の厚みを1ミリ減らすということは容易なことではない」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25361.html

【管理人コメント】
アンドロイド系だと発熱時にCPUクロックを下げて冷やすアプリなどがあるわけですが、自作PCマニアなどは、スマホの発熱やベンチマーク測定を実施して公開するケースが多いのです。今ではアメリカが中心ですかね~。従ってベンチマーク値は売れるスマホとなるか売れないスマホとなるかは、一つの目安となるケースも多いわけですが、一時、OSに発熱によりクロック制御があるのでは疑惑で問題視された事も有り、サムスンなどはベンチマークを気にするようになったわけです。

本来ケース内の排熱設計が良ければ、必要がないソフトというわけで、IOSには存在してません。しかし炎天下や車のダッシュボード上での放置などでは、アブノーマル的な状態となるわけで、異常発熱となります。ポケット内は負荷もかかるために意外と危険。であるから強度も重要です。 CPUのみならず実は液晶の発熱も非常に大きいわけで、液晶の放熱がCPUやバッテリへ伝道するのを如何に遮断し外部へ逃がすかは不可欠と言える。スマホの中は熱放出のノウハウ宝庫と言えます。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月11日 10:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp