韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  違法操業の中国漁船は沈没させて乗組員を逮捕せよ

違法操業の中国漁船は沈没させて乗組員を逮捕せよ

今月7日に西海(黄海)で韓国海洋警察の高速警備艇が中国漁船に体当たりされ沈没した事件は、中国漁船による違法操業には今後これまでと違った次元での対応が必要であることを示した。また直後に問題の中国漁船は転覆した高速警備艇の上を意図的に通過したが、これは明らかに殺害の意図があったと言えるだろう。今対応を誤れば、時に海賊にも変貌する中国漁船団を取り締まれなくなるかもしれない。

高速警備艇が沈没する直前、海洋警察は向かってくる中国漁船に威嚇のための実弾射撃を行ったが何の効果もなかった。沈没の際、隊員らは中国漁船に乗り込もうとしたり、海に転落した隊員の救助に当たったりしていたが、その間に中国漁船は西に逃走したという。これまで海洋警察の取り締まりは8人の機動隊員が高速警備艇に乗り込んで漁船を制圧し、直後に中・大型の艦艇が接近して拿捕(だほ)する方法を採ってきたが、取り締まりは常に戦場を思わせるほど激しいものだったという。中国漁船の乗組員も手おのなどで隊員に襲い掛かるため、過去にも2人の隊員が殉職している。

このように凶悪な中国漁船に海洋警察はこれまで大口径の銃砲を使ったことはなかった。ただし中国漁船が武器を持って過激に抵抗し、隊員らが命の危険にさらされた場合、艦砲射撃を行うことは国際法上、問題ない。今年3月にアルゼンチンで中国漁船が沿岸警備隊に体当たりを敢行するなど激しく抵抗した際、警備隊は中国漁船を重機関銃で攻撃し沈没させた。昨年12月にはロシア海軍が逃走する中国漁船に艦砲射撃を加え、中国人船員1人が行方不明になっている。


スポンサードリンク


海洋警察も今後はこれまでのような消極的な考え方を見直し、より厳しい姿勢で対応に当たるべきだ。ちなみに海洋警察は今後同じような状況が発生した場合には艦砲射撃を加える方針を明らかにしている。例えばさほど破壊力の強くない徹甲弾で海賊まがいの漁船の船体を破壊して沈没させ、乗組員を救助した上で逮捕するといった対応も考えられるだろう。いずれにしても口だけでは意味がない。

一部では今回の事件発生から公表まで31時間もかかったことや、海洋警察が現場の動画を公表しないことについて「中国側に配慮しているのでは」といった疑問の声も出ている。国の主権を守るに当たっては余計な考えなど必要ない。中国政府も高速警備艇を沈没させ逃亡した漁船を探しているようだが、自国民が他国の領海で行う海賊行為を放置しているようでは、これは中国にとっても恥ずべきことだ。今後、隊員を殺害しようとした容疑者については韓国で裁判を受けられるよう、中国側にも協力してほしいものだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/11/2016101100834.html

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、中国漁船の大規模な違法操業が行われる西海(黄海)に出動する海警隊員たちは「過剰鎮圧」批判や「韓中外交問題」などがまず気になってしまうという。仁川海警所属の第502艦は今年5月、延坪島付近で違法操業をしていた20トン級中国漁船2隻を捕まえた。海警は鉄の棒を振り回して抵抗する中国人船員(39)の左太ももに拳銃の実弾を撃って制圧した。ところが、入院した中国人船員は「病院代が払えない」とごねた。中国人船主とは連絡がつかない。第502艦の艦長と隊員たちは「過剰鎮圧だ」と非難されるのを恐れて「私たちが病院代を払おう」という話までしたという。鎮圧をしても心配の種が絶えない海警の立場がよく分かる事例だと伝えている。

何とも不思議な事例だが、現実は全く違うという。中国人船員はますます凶暴になっているが、韓国海警は事実上、手も足も出せないというのだ。この関係者は「危険な状況では武器が使用できるようになっている。しかし、(中国人船員の中から)死亡者が出れば、すぐに問題になるだろう。取り締まり現場は戦場だと報じているが、中国船を捕まえて、その後司法処分するのが仕事である。と考えれば世間体を気にしている状態ではないだろう。おかしなことを言う。世間体では自国防衛も違法操業も排除できないのではないか…。自分の仕事にプライドを持って仕事をしていない証拠である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月11日 11:22 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
建前と本音
朝鮮日報の記事では勇ましい物言いですが、建前だけにしか思えない。中国との貿易を考えて慮る言動をしてきたのは韓国政府ばかりではなく、韓国の民間マスコミとて同じでしょう。天安門パレードにはせ参じたお姫様を激賞し、事大主義に陥りAIIBなどを持ち上げ中国の提灯記事を書いてばかりいる。

韓国政府もマスコミも中国のご機嫌取りに汲々していて、安全保障はとうに忘れてしまっている。警察の尻を叩いても中国漁船に銃口を向けないことを承知しているから、こんな勇ましいことが言えるのだろう。もし本当に発砲して中国漁民に犠牲者がでたら、手のひら返しで海洋警察を糾弾するように思える。

安全保障を考えないのは日本の野党も同じです。かつて北朝鮮の工作船が自沈した時、土井たか子社会党党首は海上保安庁を非難をした。彼女の同胞が死んで気が動転したのか、日本の安全などすっ飛んだうえでの発言だった。彼女の流れを汲む者が民進党にもいる。彼らは北や支那と仲良くしろが建前だが、本音は違う。民進党は経済対策や福祉政策で論戦を張り、安全保障については政府と同調すべきです。安全保障を考えないような政党に政権など任せられない。
[ 2016/10/11 20:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp