韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本人は真剣に努力して性能を追求している! だから日系車は売れる

日本人は真剣に努力して性能を追求している! だから日系車は売れる

中国には反日感情が存在するが、それでも中国の路上ではそうした日中間の歴史問題がまるで存在しないかのように日系車が走っている。これは日系車の性能が中国人消費者に高く評価されていることが背景にあると言っても過言ではない。

中国メディアの今日頭条は5日付で、自動車のエンジンについて「自動車の最も重要な部品であり、自動車の品質の良し悪しを決定する」と説明したうえで、日系車のエンジンを絶賛する記事を掲載した。

記事は、欧州で行われた自動車エンジンの信頼性調査において、トップ10に日本製エンジンは4つランクインしたことに加えて、「1位はホンダ、2位はトヨタ」だったと説明、「日本の工業技術は実に進んでいる」と絶賛した。

記事が紹介した以前に欧州で行われた信頼性調査とは、英国の保険会社「Warrantry Direct」によるもので、2013年1月に多くのメディアに取り上げられ話題になった。この調査によれば6位にレクサス、9位に日産がランクインした。


スポンサードリンク


同記事に対して中国ネットユーザーたちは日本の技術の高さを認める趣旨のコメントや、日本の技術の高さに対して愛国主義を持ち出すのは愚かな行為であり、むしろ中国は日本との技術の差を認めるべきだという趣旨のコメントを数多く寄せている。

なかには「日本人は真剣に努力して性能を追求している」と日本人の努力を認めるように勧めるコメントもある。中国には日系車や日本の技術を高く評価している車ファンがかなり多いことが見て取れ、中国市場で日系車の販売が好調であるのは消費者が民族主義から離れ、客観的に日系車の性能を評価しているためだと分かる。
http://news.searchina.net/id/1620585?page=1

【管理人コメント】
中国での販売台数 2016年1-9月累計
●トヨタ 890,000台 
●日産  929,100台 
●ホンダ 872,104台 
●マツダ 191,711台 
合計2882915台

2016年1-8月累計では、韓国系で104万台である。(現代自+起亜自) 日系は227万台。トップの独系で284万台であるから、残りの月で日系が独系を抜くのは難しい。一方民族系となる自国企業は610万台である。大半が三菱のエンジンを搭載しているのではないか。また、アメリカが175万台であるから、韓国車は売れないとはいえ100万台を超えているわけで、昨年比で5%マシである。今後は様々な問題を抱えて追い上げは無理なのではないか…。ただ売るために販売価格を下げての結果であると考えれば、昨年よりはるかに厳しい状態と考えたほうが良いだろう。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月12日 14:20 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(6)
ちなみに。
ちなみに、中国のタクシーはほとんど韓国車ですけどね。これには裏があって、ほとんど無償提供。しかし、これも利益勘定。韓国って。。。あっつ、ちなみに、サムスンは7−9月の営業利益訂正とのこと。その話題は管理人さんにお任せします。よろしくお願いしま〜す。
[ 2016/10/12 16:54 ] [ 編集 ]
自主廃業
 上海のタクシーは、VWサンタナが多いです。韓国車は耐久性がないからタクシーには向かないです。
[ 2016/10/12 18:09 ] [ 編集 ]
中国タクシー事情
中国のタクシーは地域ごとにメーカーが違います。北京は現代自動車、上海はフォルクスワーゲン、そして天津はダイハツ、広州は現代自動車、キアという感じです。深圳は最近BYDがでてきました。追加情報させていただきました。でも、上海にもいましたが、上海で現代自動車なかったですかね?なんか白いのにのった記憶があるんですが。。。あれはハイヤーだったのかな。。。
[ 2016/10/12 18:42 ] [ 編集 ]
あり
 約50年前の日本には、TOYOTAのパブリカ(800CC?)2000GT、日産のサニー、ホンダN360、スズキフロンテ360、スバル360、プリンス・スカイライン2000GTなど数々の名車(迷車)が有った、日本人が日夜心血を注いで開発、製造した車です、その伝統は各自動車メーカーが引き継いで現在の日本自動車が有ります。
 日本の自動車メーカーは、TOYOTA、日産、ホンダ、マツダ、いすゞ、スズキ、ダイハツ、日野、富士重工(スバル)など各社切磋琢磨されて日本経済に貢献されています、韓国はヒュンダイしかないのでは寂しいですな!
[ 2016/10/12 21:22 ] [ 編集 ]
性能? 信頼性?
記事は「性能」と言っているが、
加速とか、操縦安定性とかの性能の高い・低いは設計の問題で
あって、壊れる・壊れないのはまた別のこと。
性能が高いクルマは日本にもあるし、欧州にもある。韓国も作れる。
一般ユーザーが気にするのは性能より、品質・信頼性でしょう。

トヨタはトヨタの品質規格で、ホンダはホンダの品質規格で
部品とクルマを作っている。
自社規格がないところはTS16949とか世界標準の規格に
準拠してクルマを作る。
中国にはTS16949の認証を得た組織は 22,000件あるそうで、
これだけ見ると、中国はしっかり自動車を作っているように
見えるのですが。実態はどうなのだろう?

ちなみに、私の一代前の国産車は12年、15万キロ乗って、車検と
自力メンテ(オイル交換、タイヤ交換、バッテリ交換)以外は、
ディーラーの勧めで発電機とタイミングベルトを交換しただけでした。
[ 2016/10/12 23:30 ] [ 編集 ]
タクシー車両等で差が出るそうです
コンビニで立ち読みした自動車雑誌で、 欧州のどこか、 フランスだかスペインだかだったと思いますが、 最近、 排ガス規制の一環でタクシーやレンタカーでEVやHVが有利になり、 これらの業界で日本車が浸透しだしたそうです。

なんでも、 ナンバーの末尾番号規制のような規制が始まって、 EV・HV は規制除外なんだそうですが、 欧州には未だ(当時)タクシー車両のEV・HVまではなかったからです。

現地のプロ・ドライバーは日本車に乗って驚いたそうです。 びっくりするくらい壊れない。

タクシー用車両だと余計に頑丈なんでしょうか? 50万km走行なんてのは日本ではザラなんだそうですね。それがまた海外で中古車になって更に走ったりもする。

欧州車でタクシー車両に使われるような安い小型車はそうは行かないみたいです。

発展途上国で中古の日本車が多い事と併せて、 やっぱり日本車は壊れないし、 壊れても直しやすいし、 安上がりなんでんでしょうね。

車単体の技術、設計も製造も耐久性と信頼性を重視してる、 更に、 パーツ等のロジスティクスの面でも、 多分、 違うんでしょうね。
[ 2016/10/13 01:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp