韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「失われた20年」ではなかった・・・バブル崩壊は日本に3つの奇跡をもたらした!

「失われた20年」ではなかった・・・バブル崩壊は日本に3つの奇跡をもたらした!

日本でバブル経済が崩壊してから約25年が経過した。国内外では日本経済が「失われた20年」を経て、さらに「失われた30年」になりそうであるとの見方も出ているようだが、バブル崩壊後の日本経済を肯定的に見る者も一部にいるようだ。

中国メディア・今日頭条は7日、「日本は不動産バブル崩壊後、3つの奇跡を作りだした」とする記事を掲載した。記事は、バブル崩壊後に日本政府の債務が急激に増加したことについて、「確かに日本経済の低迷に関係がある」とする一方で、「しかし、その主な原因は高齢化や社会保障・福祉の整備にあるかもしれない」と解説した。

また、日本政府による「すすんで不動産バブルを崩壊させ、為替レートの大幅上昇を助ける」という政策的選択は、「バブル崩壊後の日本経済に3つの奇跡をもたらした」としている。

その「3つの奇跡」とは、「日本企業が大いに国外進出を果たし、海外において新たな日本を作りあげたこと」、「世界的に影響力・競争力を持った製造企業を作りあげたこと」、そして「高齢化社会にマッチした、しっかりした社会保障制度を構築したこと」の3点だ。


スポンサードリンク


記事は「不動産バブルの崩壊があってこそ、日本の金融資源や貴重な土地資源は、初めて実体経済や製造業の革新に向けられるようになった。そして、大幅な為替レート上昇で日本企業を国外に出させ、最終的に実体経済と製造業の復活を実現したのである」と論じている。
 
実体からはかけ離れた株価や不動産価格によるバブル景気が終息したことで、日本経済はより地に足のついた、リアルな経済状況へと転換した。見方によっては確かに「失われた」のかもしれないが、バブル時代に見えなくなっていたものが見えた、得られなかったものが得られたとう面も確かにあるはずだ。

中国も今、大都市を中心に実体からかけ離れた不動産価格の高止まりが続いている。半ば浮足立った現状が崩壊すること自体よりも、崩壊後のビジョンや方向性が描けないまま崩壊を迎えることの方が恐ろしいのではないだろうか。
http://news.searchina.net/id/1620626?page=1

【管理人コメント】
「日本企業が大いに国外進出を果たし、海外において新たな日本を作りあげたこと」、「世界的に影響力・競争力を持った製造企業を作りあげたこと」、そして「高齢化社会にマッチした、しっかりした社会保障制度を構築したこと」…。何というのか、企業はコストダウンシステム構築の実施に取り組み、それぞれの企業にあった独自システム構築で内部留保金を押し上げた。中小企業は大手企業からのコストダウン要求に対し、加工方法を含めて、作業効率化を実現した。しかし中小企業においての標準化は、まだまだである。やることは多い。今後が楽しみである。

社会制度を構築したというが、前から構築しているわけで、大したことは実施していない…。中国と比較するからそう見えるが、バブル崩壊時にはシステムはすでに出来上がっている。3つの軌跡と言うが、普通である。その間にISOが一般化したり、事業編成が標準化されたりと、無理無駄の徹底排除と余裕のある企業は特許を整理し、無駄な特許は出さないようにした。当時は海外特許料が高いために、重要不可欠となった案件のみ申請したわけで、質を重視したともいえる。それは今日も同じである。中国や韓国などが、何でもかんでも特許にするというわけではない。日本企業はしっかりと見据えている。

日本という国の社会構造と企業構造システムを考えれば普通だろうと思うが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月12日 19:02 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
高額のスマホを持ってる子供が多いのに日本は本当に貧乏なのかね。
格差があるといってもスマホの所有率がそこそこあるというのは
本当は「失われた20年」は無かったのでは・・・
[ 2016/10/12 22:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp