韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  北朝鮮支援団体ら、国際赤十字通じ水害支援…「食糧以外の物品支援を約定」

北朝鮮支援団体ら、国際赤十字通じ水害支援…「食糧以外の物品支援を約定」

韓国政府の不許可方針のなかでも、民間レベルの対北朝鮮水害支援が本格化している。北朝鮮・咸鏡北道の水害地域に寒気がやってくるとして、国連など国際社会も特別予算を編成するなど緊急支援を急いでいる。 54の対北朝鮮支援団体の連帯団体である対北朝鮮協力民間団体協議会(北民協)は12日、「北朝鮮の水害被災者救援のため、国際赤十字社に支援金を送った」と明らかにした。支援金は計18万7000ドル(約2億1千万ウォン=約1940万円)で、北民協はこのうち1次分の10万ドルをこの日国際赤十字側に伝達し、18日までに残りの支援金も送るとした。

北民協のクァク・ヨンジュ運営委員長は「水害地域の咸鏡北道は10月中旬になれば夜には氷点下に下がる朝鮮半島最北端の地域」だとし、「時間がたつほど寒さはさらに猛威を振るい、貧困層は行き場もなく寒さに苦しまなければならない状況」と語った。クァク委員長は「支援金が水害地域の被災者たちの緊急救援に必要なテント、または食糧以外の支援物品(NFIs)に使用されるよう明示した約定書を国際赤十字と締結した」と話した。 これに先立ち、今年で創立20周年を迎えた「ウリ民族助け合い運動」は、自主募金を通じて先月20日と26日の2回にわたり2800万ウォン(約260万円)相当の小麦粉とラーメンを独自の支援窓口を活用して水害地域に送った。ウリ民族助け合い運動は同月29日と30日にも住宅復旧のため床紙や必須医薬品など8千万ウォン(約740万円)相当の物資を支援した。

国連人道主義業務調整局(OCHA)がまとめた「アジア太平洋地域の人道支援状況」によると、10日基準で咸鏡北道地域の水害で行き場 のなくなった被災者は約6万9000人だ。咸鏡北道北部の6つの被害地域で緊急救援を受けている人員だけで60万人を超える。これによって、国連は中央緊急対応基金から今回の水害で最も被害が大きい会寧(フェリョン)市と茂山(ムサン)・延社(ヨンサ)郡に対する人道的支援のため500万ドル(約5億2千万円)の予算を編成した。


スポンサードリンク


現地で救援活動を行っているセーブ・ザ・チルドレンのパオロ・パトリー北朝鮮担当局長は7日、資料を提示し「10月末になると気温が氷点下に下がり雪が降る。この地域の冬はひときわ長く厳しい」とし、緊急支援を訴えた。米国の気象専門メディア「ウェザードットコム」の予報によれば、咸鏡北道会寧市の12日朝の最低気温は氷点下1度だった。

一方、米国の権威あるシンクタンクである国際食糧政策研究所(IFPRI)は12日、定例報告書を提示し「北朝鮮の全人口の41.5%が栄養不足の状態」だとし、北朝鮮の飢え指数が調査対象118カ国のうち21番目に危険なレベルだと明らかにした。飢え指数とは、国民の栄養状態、発育不振の子どもの割合、5歳以下の子どもの死亡率などを基準に算定する。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25384.html

【管理人コメント】
韓国統一省は、北朝鮮北東部で今月初めにかけて起きた大規模水害を受け、韓国の支援団体「対北協力民間団体協議会(北民協)」が復旧支援に向け目指していた北朝鮮関係者との第三国での接触について、承認しない方針を明らかにしている。朴槿恵政権は核実験を強行した北朝鮮に対し、制裁強化を優先する姿勢。統一省報道官は19日の会見で、北朝鮮が水害発生後の9日に「莫大な費用がかかる5回目の核実験を敢行した」と述べ、北朝鮮体制が住民の生命を軽視していると非難していた。

北民協関係者は、支援のための募金を続けるとした上で「今後は国際機関を通じ支援する方針だ」と述べている。問題は支援しても民間レベルに行き渡るのかという事が問題ではと思うが…。結局は金正恩の指示によるだろうから、北朝鮮支援は何処まで民間支援となるのかは不透明では…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月13日 11:20 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)
朝鮮人の性格は悪すぎる、
これは朝鮮人という民族の独特異様な性格を表している、どの面下げて支援が要求出来るのか、片方では、ミサイルをばんばんと打ち上げ、核実験は何度も強行する、世界が人の迷惑になるからやってはいけません、というとさらにひねくれる、言葉を荒立てさらに迷惑を押し通す、人の言うことには絶対に逆らう、素直さがない、豚のように太った政治指導者達は自分達だけ生き残れば良いのか、民百姓はどうでも良いのか,,江戸時代の悪政藩主のようだが、軍人も腐るほどいても日本の226事件は起こらず、命が欲しい腰抜けばかりか、こんな国ではいけないと、誰も思わないのだろうか

TVで見るに崩壊した河川の土手の復旧に人力だ、住民が持てる石を1個づつ川まで運ぶ、それも裸足だ、おいおい、重機はないのか、日本の大正時代の映像だ、共産主義の支援を受けた北朝鮮、資本主義の支援を受けた韓国朝鮮、その差は大きいね、戦争すれば北が勝つと思っているから、大笑い、この狭い半島でいがみ合っているところも朝鮮人特有の性格、コップの中の何とやらだ

南北朝鮮人に言えること、いつも強気で結構、その調子で他国に頼らずやるべき、しかし歴史を見ると必ず他国を巻き込み生き延びて来た経緯で、苦しい時を過ぎると、又、開き直り、調子づく、いい加減その性格を直さないと、また同情を誘う猿芝居もうまい、どこも、冬は寒く厳しい、当たり前の話、
困った時は、お互い様と日本人と助け合うようになるのは、あと何十年とかかりそうだ

[ 2016/10/13 19:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp