韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  今度はアップル?中国で「アイフォーン7が爆発」と主張

今度はアップル?中国で「アイフォーン7が爆発」と主張

三星(サムスン)電子の「ギャラクシーノート7」の発火問題で結局生産が打ち切られた中、今度は中国でアップルの「アイフォーン7」が爆発したという主張が持ち上がっている。アイフォーン7に先立って、昨年9月に発売されたアイフォーン6Sプラスも、この1週間で2件の発火事件が届けられ、アップルを困惑させている。実際、米消費者製品安全委員会(CPSC)の調査結果、この5年間で米国内で寄せられたスマートフォンバッテリーの爆発事故は、アップルが圧倒的に多かった。

12日、中国メディア「澎湃」は、河南省鄭州市に住むとある男性の「アイフォーン7ローズゴールド」が爆発した映像が、オンライン上で話題となっていると報じた。この男性の主張によると、2日の夕方、アイフォーン7を覗いていたがが、いきなり「バーン」という音と共に、製品が真っ二つに割れ、その破片が飛んできて顔に傷がついた。

この男性がオンライン上に掲載した映像には、問題のアイフォーン7が爆発後、壊れた場面が盛り込まれている。しかし、ギャラクシーノート7のようにバッテリーが発火した跡がなく、実際の製品欠陥のために爆発したのかは、まだ確認が取れていない。ただ、アイフォーン7の縁の部分に爆発の痕が残っている。

澎湃は、今回の事故は中国で起きたアイフォーン7関連の初の爆発事例だと伝えた。これと関連して、アップルの中国法人は、この状況を米本社にすでに報告したと明らかにした。


スポンサードリンク


澎湃は、「アイフォーンの爆発事故は中国だけでなく、米国でもあった」とし、アイフォーンにも問題がある可能性を提起した。これに先立って、米メディアの報道によると、7日(現地時間)、米カリフォルニア州でアイフォーン6プラスが充電中に発火する出来事があった。これに先立って1日、米ニュージャージー州のとある大学の講義室でも、学生のポケットにあったアイフォーン6プラスから、いきなり熱と共に煙が出て、学生たちが避難する出来事もあった。

CPSCによると、2011年から最近まで、米国で寄せられたスマートフォンバッテリーの爆発事故は、アップルが77件で、三星電子(21件)やLG電子(9件)より一段と多かった。CPSCによると、今年3月も使用開始から2週間が過ぎたアイフォーン6Sプラスのローズゴールド製品が充電中、バッテリーの加熱で火が出る出来事があった。昨年12月も、コンピューターにUSBケーブルでつなげたアイフォーン6Sから火が出て、コンピューターが燃えたという通報が寄せられた。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/759935/1

【管理人 補足記事&コメント】
渦中のGalaxy Note 7の裏で爆発事件が定期的に報告されているiPhoneですが、新たに動画を撮影している最中にiPhone7が爆発し、ユーザーの顔を傷つけるという事故が発生した。爆発が起きたのは、買ったばかりのiPhone7で動画の撮影を始めてからすぐのことだという。ユーザーによれば、爆発した衝撃でディスプレイが飛び散り、ユーザーの顔を傷つけたばかりでなく、iPhone7を持っていた手にやけどを負う羽目になってしまったとの事。
http://iphone-mania.jp/news-140337/

その後、男性がAppleのセールスサポートに報告したところ、「こういった事象については我々の管轄ではない」として本部へ事件が回されたとのこと。正規品なのか、使い方に問題はなかったのかなどは不明。iPhoneの爆発事件がこのところ立て続けに起きていることと何らかの関連性があるかも知れない。スマホの破裂はかなり前からおなじみとなっている。新機種が出るたびにこの問題が発生する。が…、自然消滅しているのが実態だ。意図的かもしれないし、事実なのかもしれないし、何とも難しい。

2016-10-13-k002.jpg

ただ発熱はiPhone6のときから言われており、マニアではCPU温度測定やら、ベンチマークが盛んに評価されるようになった。評価中に爆発したという事例はない。サムスンがリコールであるから、単なるネタである可能性もあるし、そういう危険と背中合わせである事を理解しないとならない。個人的に気になるのは、iPhoneシリーズとして初めて「防沫性能・耐水性能」が搭載された事にある。高性能CPUとバッテリーに液晶画面という発熱体の熱をどう逃がすのかは、企業の技術力にかかっている。Galaxy Note7と違うのは、バッテリーはケース背面の金属板が熱を吸収しケースに放出しているようだが…。その金属板は、ケースを通じて外に逃がせるのかという事が気になる…。バッテリーと接触しなければ意味はないが、異常な接触は、バッテリへ負荷を与える事になる。出来れば、ヒートパイプでバッテリ固定と熱を逃がすのを両立出来たほうがより安全だが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月13日 11:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
アップル
iphone6・7が爆発するなら日本でもとっくに話題になっているはずでは?
日本人の半数近くiphoneを持つているから
[ 2016/10/13 13:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp