韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンの危機に見る韓国経済の成功方程式の限界

サムスンの危機に見る韓国経済の成功方程式の限界

サムスン電子の最新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の生産・販売打ち切りによる最大の損失は「サムスン」という一流ブランドの価値に傷が付いたことだ。生産中止に伴う数兆ウォン(数千億円)の損失と売り上げの低下はその次の問題だ。苦労して築き上げたサムスンの「一流ブランド」としてのイメージに傷が付くことは、サムスンはもちろん韓国経済にとっても痛い問題だ。

米国のコンサルティング会社、インターブランドの先週の調査によると、サムスンのブランド価値は世界7位だった。6位のIBM、5位のトヨタ自動車を僅差で追うレベルまで躍進した。ギャラクシーSシリーズに代表されるように、サムスンだけが韓国の企業の中で唯一、高級かつ有名なブランドというイメージを持っているのだ。

サムスンがこのようなブランド価値を築き上げるまでには膨大な努力と投資が必要だった。1993年の「新経営」宣言以降、量ではなく質に注力してきた結果だ。「嫁と子ども以外は全て変えろ」と李健熙(イ・ゴンヒ)会長が社員にはっぱをかけたように、サムスンは低品質・安物というイメージから抜け出すために血のにじむような努力を重ねた。携帯電話の不良品15万台を焼却処分するという「携帯電話火刑式」まで敢行した。このように苦労して築き上げたブランドイメージと消費者の信頼が、ガラガラと崩れる危機に直面しているのだ。

サムスンは世界の一流の仲間入りを果たしたにもかかわらず、組織文化は依然として「上命下服(下が上の命令に従わなければならない)」のままだという指摘が多い。


スポンサードリンク


それが今回の事態の根底にあるというわけだ。サムスンは米国アップル社の最新スマホ「iPhone(アイフォーン)7」よりも先に新製品を発売するために、無理やりスケジュールを前倒しした結果、製品の欠陥という事態を招いた。最初に発火騒動が起きたときも、一刻も早く事態を収拾しようと焦り、十分な原因究明をしないまま「バッテリーの欠陥」という誤った結論を下してしまった。このようにグローバル文化とはかけ離れた官僚主義式の意思決定が、収拾できない事態を招いてしまったのだ。

ギャラクシーノート7の一連の騒動は、これまで上昇気流に乗っていたサムスンの「成功方程式」が限界に達したことも示している。サムスンは先行者をまねてその技術を応用した上で、大規模投資によって市場を掌握する「ファストフォロワー戦略」で成功を収めた。トップダウン方式の果敢な意思決定によってライバルをスピードで圧倒するのがサムスンの競争力であり、これはほとんどの韓国企業の特技でもあった。この特技によって到達できる最高点が「サムスンブランド」だった。しかし、ここまでが限界だという事実を認めなければならない。

サムスンだけでなく、全ての韓国企業が同じ問題をはらんでいる。ここに韓国経済が直面している根本的な問題がある。これまで韓国が得意技としてきたことは、実は中国の方がより得意なのだ。規模が大きくスピードもさらに上げられるからだ。中国との差を広げるためには創造と革新が必要なのに、それすら中国に追い抜かれるかもしれないという状況だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/13/2016101301207.html

【管理人コメント】
PCを自作してきた人ならばわかると思うが、PCのCPUとグラフィックの競争は、その処理スピードにある。一時はクロックアップ技術がもてはやされた時代があったが、後にPCもノートPCのCPUはほぼ限界点に来たわけである。グラフィックに至っては、2枚或は複数枚つなぎ合わせるSLIが普通となった一方で、消費電力は莫大である。いつしかPCゲームでなければンらないという時代ではなくなり、スマホやタブレットに移行している。わざわざPCでゲームする人は少ないのではないか…。

スマホも急激に進化してきたわけで、当然機能の中で、CPUの限界に来ている。消費電力の上昇で、無理なバッテリー容量アップを実施しても、今ではむしろガラケーのほうが良い時代に戻りつつある側面もある。私はガラケーに来月変えるが、スマホ利用の部分は、タブレットに移行することにした。いまなお携帯電話の40%規模がガラケーである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月13日 12:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
正体がばれた
チャレンジして失敗は仕方ないから、事態の収拾に
乗り出せばいいが、説明なしで回収してトンズラだから、
問題の収め方が悪い。
お客を馬鹿にしたこの勝手なやり方はサムスンという会社の
正体がばれた事件でした。
[ 2016/10/13 12:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp