韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  自動車-14% 携帯電話-10%、韓国10大輸出品すべて後退

自動車-14% 携帯電話-10%、韓国10大輸出品すべて後退

昨年のサムスン電子と現代・起亜自動車の売上高は韓国の国内総生産(GDP)の20%に該当する規模だ。輸出全体で自動車産業の比率は8%、スマートフォンをはじめとする無線通信機器の比率は6%ほどになる。輸出でも両企業の役割が大きいということだ。

このように電子と自動車、いわゆる「電・車」が疾走する間、他の産業は競争力を失った。かつて世界1位だった造船・重工業と鉄鋼は中国に追い抜かれ、世界トップ5に入っていた海運業はほとんど没落した。代表選手格の「電・車」の輝かしい疾走に隠れ、他の産業の現実を直視できなかった結果だ。輸出依存度が高い韓国経済の特性から、海運業は国内の代表的な基幹産業の一つだっった。国連貿易開発会議(UNCTAD)の集計によると、韓国は2014年まで世界5大海運強国だった。しかしグローバル海運会社が運賃競争をする「チキンゲーム」を進める間、国内の海運会社は競争力を失った。不動の世界1位だった造船産業も同じだ。国際造船・海運市況分析機関クラークソンリサーチによると、9月末現在、韓国の受注残高は2234万CGT(標準貨物船換算トン数)と13年ぶりの最低水準だ。

サムスン電子が最新スマホ「ギャラクシーノート7」の生産打ち切りでふらついているが、韓国情報技術(IT)産業にはすでに赤信号がついて久しい。グローバル構造改革コンサルティング会社アリックスパートナーズが12日に出した報告書によると、韓国IT・通信企業のうち2年以内に企業回生手続き(法定管理)またはワークアウト(企業改善作業)など不健全化リスク群に含まれた企業の比率は2014年の11%から今年は17%に上昇した。


スポンサードリンク


産業通商資源部によると、9月の携帯電話輸出は18億7000万ドルと、前年同月比33.8%減少した。情報通信技術(ICT)全体の輸出も145億3000万ドルと8.5%減り、12カ月連続の減少となった。今年1-9月の10大輸出品目の輸出減少も目立つ。自動車は13.5%、無線通信機器は9.9%減少した。石油製品は23.6%減、ディスプレーパネルは21%減となった。

電子産業が危機を迎えたのは、韓国企業が強みを持つ分野の競争が激しくなったうえ、新産業の育成は目立った成果を出せていないからだ。携帯電話分野でもサムスン電子を除いてグローバルトップ5に韓国企業の名前は見られない。2014年に世界市場シェア4.3%だったLGエレクトロニクスは今年上半期には2.7%に減少した。

自動車産業も同じだ。現代・起亜車は2009年、米フォードを抜いて販売台数で世界5位に入ったが、ロシア・南米など新興市場の景気低迷長期化と慢性的なストライキの影響で今年は販売目標の達成が不可能になった。昨年、現代・起亜車は世界で801万台を販売し、4位のルノー・日産アライアンス(850万台)に迫った。しかし今年は3年ぶりに販売800万台に達しない可能性が高い。ルノー・日産は今年、年間125万台を販売する三菱を買収し、現代・起亜車との差をさらに広げる態勢だ。
(略)
産業研究院のイ・ハング研究委員は「特定大企業への依存度が高い経済構造で『逆落水効果』主張は一理ある」とし「大企業と労組は利益を分け合ったが、中小企業との賃金の差は広がり続ける状況」と話した。またイ研究委員は「極端に言えば、好調な時期は利益は分け合わず、被害は直接転嫁されるという点で、国内経済構造の改革が急がれる」と指摘した。
http://japanese.joins.com/article/650/221650.html?servcode=300§code=300

【管理人コメント】
韓国経済において大企業が自国民に及ぼす影響を考えると、利益ある大手企業が雇用する比率は3%程度でしかない。中小企業中央会がによると、「2012中小企業位相指標」報告書で、2010における中小企業の割合は事業者全体の99.9%に達する。中小企業数は312万2,332社で、韓国の雇用全体の86.8%を占める1,226万2,535人。一方、大企業の数と従事者はそれぞれ、3,125社で208万7,903人だ。一般的には雇用率88%という値を運用している…。大手企業が中小企業に与える仕事量は年々減少しているだろう。これは技術レベルの上昇で、日本の中小企業を利用するケースが増えている事も掲げられる。さらに言えば韓国の中小企業は日本の中小企業が助けている側面もある。日本の中小企業の傘下に入るという事だ。

一方で中国から買収を受けている実態もある。日本企業の傘下に入ったり、中国企業からの買収は、結果として韓国の雇用を助ける事になるが、自国の大手企業は次第に海外に移行しつつあり、ますます自国中小企業への仕事量としては減少しているのではないか…。本来GDPの数値などよりも、家計負債と、それに苦しむ中小企業に雇用されている88%の自国民を考えるべきで、世界の順位ばかりを意識し、日本と競合する産業で、日本に勝つことだけを考えて、政府とともに大企業化を後押しした結果である。それが自国民の生活に何を及ぼしたのかを顧みれば、他国における雇用促進と、外資企業という株主への還元には一生懸命だが、自国民雇用となる中小企業の対応はまるで不十分である。

銀行はすでにアメリカ統治である。企業は日本企業統治である。日本統治下から何が変わったのかさえ見えないようでは、この国の将来などないのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月14日 13:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
マイナスはプラス
世界経済が回復しないから世界貿易が不調で、
輸出が悪いのは仕方ないです。
現代自動車のストライキ、サムスンの製品トラブルは
まさに、追い討ちでしょう。
こういう、自己都合の要因を取除かないといけない。

サムスン、現代はまだいいとして、問題は赤字の
造船3社、大宇造船を救済するらしいが、救済しても
仕事がない。

世界全体で生産過剰だから、どこかが引いてくれれば
ありがたい。韓国メーカーの減産は世界の生産過剰の
解消にはプラスです。
[ 2016/10/14 17:00 ] [ 編集 ]
「地上の楽園」
 韓国では、スマホはLGとサムソン 自動車は現代起亜で寡占状態です。
韓国国内では利益が減れば、値上げすればいいから問題ないです。

 輸出は量が出ますが、価格が安いから収益は赤字か利益はほとんど無いに等しいです。
それに現地生産が増えているから、一概に輸出が減ったから悪いというわけではない。
 四大財閥は倒産することは無いです。
[ 2016/10/14 17:48 ] [ 編集 ]
良い傾向
去年、韓国で「数年で日本より所得が上回る」と主張したサイトがあり、驚いたことに過半数が同調していた。朝鮮人が何を考えようと勝手だが、日本を下に見てばかげた物言いにはほとほとうんざりした。自国の経済の破たんが目の前に迫り、流石に今はそんなばかげたサイトも見なくなったし、上から目線の発言も少なくなった。

お隣の国は困っているのがちょうどよいのですよ。国内の敵対勢力をののしりあい、足を引っ張り合うのがお隣の特性です。国の経済が悪くなればなるほどその傾向は強く、歯止めがきかなくなる。おかげで日本への批判は最近めっきり減ってきました。内輪もめにエネルギーを消耗して日本への批判が少なくなったのです。

国難になったときに国民の団結心がなく、英雄が現れないのがお隣の国の歴史です。お隣に真の英雄はいない。
[ 2016/10/14 20:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp