韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  低収入でも高級車を買いたがる中国人、高収入でも大衆車を買う米国人

低収入でも高級車を買いたがる中国人、高収入でも大衆車を買う米国人

中国の人は、派手で豪勢なものを好む傾向にある。お金があればもちろんだが、多少無理をしてもメンツを守るために高級品を手に入れようとする。都市住民の生活が豊かになり、中間層が厚くなるに伴い、高級車がどんどん売れるというのも当然といえば当然なのである。

中国メディア・今日頭条は11日、「収入が低い中国人は高級車を買う。お金持ちの米国人は普通のクルマを買う。それはどうしてか」と題した記事を掲載した。 記事はまず、フェイスブック(Facebook)の創始者であるマーク・ザッカーバーグ氏がかつてホンダのフィットを愛車としていたことが、一時期、中国国内で「美談」として語られていたと紹介。米国では、お金持ちであろうと中産階級であろうと、高級車よりも大衆的な自動車を好む傾向にあるとした。

そのうえで、米国人が大衆車を好む理由として、自動車以外にもお金の使い道がたくさんあること、一家に複数台の自動車を所有するために1台にお金をかけられないこと、子どもが多い、太めの体格の人が多いことから大型の自動車を好む傾向にあることを挙げた。また、米国人は中国人のようにメンツにこだわらない性格であること、市場競争が激しく、消費者も自動車について良く理解していることについても言及し、それぞれ論じている。


スポンサードリンク


メンツを保つため、見せびらかすために派手なもの、豪勢なものを買う、という傾向は、消費活動や社会の成熟に伴って変化するものなのか、それとも中国の人びとが持つ伝統的な気質によるものなのか。その答えはもう少し先にならないと分からない。当分は、中国で高級車がよく売れる時代が続くだろう。
http://news.searchina.net/id/1620875?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
日本でも外車は別としても、高級車を購入する時代というのはあったのではないだろうか…。メンツといえか見栄というのか、多かれ少なかれ、どの国の人にもあるのではないか。現実との天秤でしだいに、現実と今後を優先するものである。何れは中国もそういう時代を迎えるだろう。気が付けば環境汚染を配慮し、周りはすべて軽自動車…。何ていう時代もすぐそこに来ているのではないか…。

中国経済低迷で、今後どういう国になるのか興味があるが…。
中国で何が起きているのかというと、中国は成長の鈍化が伝えられる中で、上海総合指数は2014年7月から急上昇をしていた。これは異常な水準なわけで、この資金の原資の多くは不動産や債券市場から離脱した資金であると言われている。2014年以降、実体経済の悪化に伴い債券市場やシャドーバンキングにも不透明感が強まっていた。中国の場合、多くの企業に地方政府や政府関係者が関わっているため、政治的に潰れないと思われていた。つまり、このような商品に投資することで安全に高い金利が得られると思われてきた。

しかし2014年以降、中国政府は債権のデフォルトを容認したため、債権が安全なものという幻想が失われた。また、中国政府は地方政府が係わる債券等に関し、低金利での借り換えを促進する政策をとり始めた。その結果、債券市場が魅力的な市場ではなり、この問題の根底に、中国の脆弱な年金社会保障制度と金融システムに問題があるわけで、中国は年金制度がないに等しく脆弱である。その為、個人は老後資金を自ら運用しなくてはいけない。そうしなければ老後が保証されないのである。

記事では、当分は、中国で高級車がよく売れる時代が続くだろうと締めくくっているが、そうではないだろう。そういう時代は、もうじき終わるのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月15日 13:38 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
となりの車が小さく見えます
この記事を読んで、昔の車のCMを思い出しました。バブルを経験し、20年の停滞もあって、日本人の車への考えも変わりました。軽に乗る恥じらい抵抗はなく、むしろエコの車に乗る誇りさえあります。

中国人がいつ考えを変えるか。まず、大不況を経験しなくてはならないでしょう。
[ 2016/10/15 19:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp