韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  朝日新聞「社外秘」資料入手 「3年で500億円減収」の衝撃

朝日新聞「社外秘」資料入手 「3年で500億円減収」の衝撃

日本の“クォリティ・ペーパー”といわれてきた朝日新聞が、相次いだ不祥事などによる部数減に苦しんでいる。今回、本誌はその苦しい台所事情の一端を示す社外秘文書を独自に入手した。そこには朝日新聞のみならず、まさに今進んでいるメディア大激変の苛烈な現実が示されていた。

「会社が待遇カットを迫ってくることは覚悟していましたが、ここまで経営状態が悪いと知らされると、さすがに言葉を失いました。これはもう“脅し”ですよ」 40代の現役社員は、管理職から「ある文書」を示されたときの衝撃をこう振り返る。 「ある文書」とは今夏、朝日新聞の各部署や支局で管理職から社員に配布された〈経営説明会の要点(全社員に知っていただきたいこと)〉と題された1枚のペーパーである。 欄外には〈職場会議(部会・室会・センター会など)説明用資料〉と書かれており、〈社外秘〉の文字も刻まれている。

文書は冒頭から朝日新聞の今期の「売上高の急落」を強調して始まる。〈4~6月期は前年同期比▼36億円(月平均▼12億円)の落ち込み〉 そう書いた上で、この数字が意味するところをわざわざ下線付きで次のように書き添えている。〈※社員1人あたり毎月▼20万円超に相当……営業日ごとに▼1万円〉 社員に対し「あなたの責任でもある」と突きつけているようにも読める。 続いて、2013年度に3135億円あった売上高が2015年度には2748億円へと387億円(12%)落ち込んだことに言及している。3000億円を割り込むのは1985年度以来30年ぶりという事態だが、ここまでは有価証券報告書などの公表資料でも確認できる数字だ。


スポンサードリンク


しかし、その文書で続けて記された文言にはさらに驚かされる。今期は売上高の落ち込み幅が広がり、〈13年度→16年度では、▼500億円超のおそれ〉があるとしているのだ。 しかも、その落ち込み幅が、〈年間の給与・賞与総額に相当〉と意義づけをするだけでなく、〈※社員1人あたり▼1200万円程度に相当〉と下線付きで強調する念の入れようだった。 この減収には、朝日新聞の部数の急速な減少が背景にあると考えられる。2012年度には762万部あった朝刊の発行部数が、いまや670万部(2015年度)と3年間であっという間に92万部も減ってしまったのだ。

「2014年の東京電力福島第一原発事故をめぐる吉田調書報道で事実誤認を指摘され、さらに同年、慰安婦報道でも訂正に追い込まれた。信頼に傷がついて部数が減り、その部数減が報じられることで負のイメージが増幅する。こうして“クォリティ・ペーパー”だからこその収入源だった高級ブランド商品や高級車の広告の出稿までもが減っていく悪循環に陥っているように見えます」(現役社員)

◆〈運転資金が回らなくなる〉
社外秘文書の記述は売上高の急落に止まらない。次に、〈損益の急激な悪化〉という項目へと文書は続く。
2014、2015年度の朝日新聞社は経費の大幅削減という経営努力によって黒字を確保した。しかも、今年5月に公表された決算短信によれば、営業利益は2014年度の38億円から、2015年度は78億円と増益しているのだ。 しかし、文書では、〈人件費以外の固定費を大幅に削減し続けることは困難〉とし、〈16年度は、現状のままでは赤字見通し〉と、“赤字転落”の危機にあることを明らかにしたのである。
(略)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161015/dms1610151530009-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
朝日新聞の危機はどこから来たのかといえば「販売の危機」で、これには朝日も問答無用で対応せざるを得ない。日教組や組合を“お得意様”として商売していればいい、という時代がとっくに終わっていたことに気づかなかった。部数減の原因を根本から調査し、部数増の方策を探さなければならないが、朝日がやろうとしたことは根本的な解決とはほど遠いものだった。景品をつけての購読勧誘に押し紙と、販売店に責任を押し付けて、新聞社の社員たちは自ら動かずともできる小手先の対策に走ったが、偏った報道による部数減は広告減でもあった。

昔は「健康食品などの広告は載せない。広告も記事のうちで、広告も社会を指導する義務がある」と言っていたが、それが「広告なら何でも掲載」になった。それは読者にはすぐ分かった。新聞1部は40ページだが、そのうちに20ページが広告になった。しかし、朝日新聞の広告欄には指導性などどこにもなくなってしまった。一方ネット新聞も必至な様相である。広告費で運用するとはいえ、ネット新聞となると山ほど大小の企業がある。恐らくは何処も赤字経営なのではと思うが、スマホ技術横並びと似ていて、情報が同じでは、どこを見ても大差ないという状態だ。

確かに朝日新聞は、新聞という記事の特性上、政府との関係もあり、戦時中から戦後まで新聞社の位置ツケは非常に強いものであったが、TV放映が始まり、関連子会社がネット新聞も配信し、新聞大手企業は一気に低迷を余儀なくされた。どこもかしこも広告だらけである。広告なのか新聞なのかすらわからないほどの状態と化している。新聞というメディアも単にIT化するだけではなく独自性が無ければ無理である。逆に地方新聞はは高齢化で新聞は重要な位置ツケとなる。

新聞社も今後どうなるのかは難しいが、朝日新聞のような売国企業は無くなっても良いだろう。というと文句が出そうだが、新聞社も大きな転換期となり、如何いう情報を提供するのかという本来の隠蔽ではない正しい重要な情報配信コンテンツ競争に戻るきっかけなってほしいものである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月15日 19:12 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(4)
私も騙されました
・天声人語?
朝日新聞ごときが、天の声?
正しく天に唾する行為です。
(昔、朝日新聞をとっていた時代に、「天声人語」というのが確かに有りましたが、今は分かりません。)

・ペンは剣よりも強し?
ペンは如何様にも書けます。
最近の新聞のペンは、慰安婦の件をはじめ、日本を蔑む危険なものばかりであることが、良く分かりました。
ペンは、使い方によって非常に危険な怖いものになります。
ですから、ペンを握るものは、もっともっと人間性を高める必要があります。
朝日新聞、・・新聞等のような、いい加減なところにペンを預けてはいけません。

・新聞は、戦前に政権に迎合したことを反省し・・・?
嘘です。戦前も、戦争中も、そして今も、新聞は大衆迎合の記事ばかりです。
むしろ、賢くなった大衆の方が、新聞の嘘を見破ってしまいました。大衆をバカにしてはいけません。

・新聞に間違いはない?
嘘の記事を書いても、言い訳ばかりです。
書いた者が人間なら、少しは反省でもしたら如何でしょうか。

言いたいことは、もっと沢山ありますが、今思い出せることを書いてみした。

新聞に対しては不満が鬱積していたので、少しはストレス解消になりました。
[ 2016/10/15 21:44 ] [ 編集 ]
この新聞は
 朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、中日新聞などは、関口宏の日曜報道番組は偏向報道だと思います、但しこれは私の私見です。
[ 2016/10/15 21:54 ] [ 編集 ]
前にも書きましたが。。。
蓮舫議員が本日日本国籍の選択の宣言を区役所に出した。。。
ってことは議員当選時は日本人でなかった。つまり公職選挙法違反。でこれをなぜ朝日や毎日、TBS、テレ朝は報道しないのか?
人権派弁護士は何してるんだ???このままで、村田(蓮舫)、福山(陳)、白(白)に何のおとがめもなしなら、この国は滅ぶ。
加えて、スワップに韓国の慰安婦像撤去要求?あほか、10億円=慰安婦像撤去。スワップ=竹島などの諸問題。これできないなら、
日本は北朝鮮に核でも落とされて滅亡したほがまし。滅んじまえ日本!
[ 2016/10/15 23:34 ] [ 編集 ]
新聞はオンデマンド
新聞はオンデマンドで駅・コンビニで買うもの。
つまり、大事件、大行事があったときに、
読みたければコンビニで買うものです。
ゴミになる広告折込がないし。
[ 2016/10/16 11:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp