韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  蓮舫氏、会見でも逃げまくり 三原氏「政治家の資質として大問題」

蓮舫氏、会見でも逃げまくり 三原氏「政治家の資質として大問題」

民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題への風当たりが強まっている。蓮舫氏が「国籍選択」の法的義務を果たしていない可能性について、自民党の三原じゅん子議員が13日の参院予算委員会で指摘し、安倍晋三首相も「蓮舫氏自身の責任で、国民に証明する努力をしなければならない」と明言したのだ。蓮舫氏は戸籍謄本の開示を拒み続けているが、よほど隠さなければならないことでもあるのか。

「国会を見ていないので…」
蓮舫氏は13日の記者会見で、安倍首相から“身の潔白”を証明するために戸籍謄本の開示を求められたことを問われ、こう口をつぐんだ。記者から「国籍選択」宣言の有無を問われると、蓮舫氏は「届け出による日本国籍の取得をした」「106条にのっとって、適正な手続きをしている」と、「戸籍法106条」という単語を4回も繰り返し、国籍選択については答えなかった。 いつもは舌鋒鋭く、安倍首相や閣僚らの問題を追及する蓮舫氏だが、他人に厳しく自分には甘いのか。

三原氏が問題にしたのは、蓮舫氏が「国籍法14条」に規定されている「国籍選択」の義務を果たしたか否かという疑惑だ。日本維新の会の足立康史議員も3日の衆院予算委員会で指摘し、インターネットの言論プラットフォーム「アゴラ」も先月末の公開質問状で要求している。 ところが、蓮舫氏は疑惑を解消するための戸籍謄本の開示を拒絶し続けている。「米国籍」が残っていた自民党の小野田紀美参院議員が問題発覚後、戸籍謄本を堂々と開示したのとは対極的だ。


スポンサードリンク


蓮舫氏の「論点そらし」とも思える記者会見を受けて、前出の三原氏は以下のように語った。
「立法府のメンバーなら法を守る義務がある。それなのに、法にかかわる自身の問題(疑惑)について前向きに対応しないのは、政治家の資質として大問題だ。民進党はこのような代表で本当にいいのか」 
(ジャーナリスト・安積明子)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161016/plt1610160830002-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
国籍法は、日本国憲法第10条の委任により、日本国民(天皇と皇族を除く日本国籍所有者)たる要件を定めるために制定された日本の法律である。1950年(昭和25年)5月4日に公布、同年7月1日に施行された。この法律の制定に伴い、それまでの(旧)国籍法(明治32年法律第66号)は廃止された。本則は第1条から第20条までで構成される。

(国籍の選択)
第14条 外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が20歳に達する以前であるときは22歳に達するまでに、その時が20歳に達した後であるときはその時から2年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。
2 日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣誓(以下「選択の宣言」という。)をすることによつてする。

「一般論として申し上げれば、外国の国籍と日本の国籍を有する人は、22歳に達するまでにどちらかの国籍を選択する必要があり、選択しない場合は日本の国籍を失うことがあることは承知している」とも語った。
http://www.sankei.com/politics/news/160907/plt1609070017-n1.html

アゴラ記事では、戸籍謄本も出せないということは、国籍選択の日付が今年9月で、違法状態を31年続けたと自供したに等しい。国籍法14条違反で、それ自体には罰則がないが、旅券法違反は5年以下の懲役だ。これは微罪ではなく、不法滞在の外国人を強制送還できる強力な規定となる。検察もこの会見は見ているだろうから対応を協議しているのでは…。旅券法には5年の時効があるが、彼女が今も有効な旅券をもっていれば起訴できるとしている。

しかし、二重国籍状態を許すかどうか道義的な問題は別として、現実に両方の国籍が有効だったのであれば、両方の国のパスポートを持っていても、それを行使したとしても、違法性はないだろう。世間の批判どおり、もし国籍選択をしていなかったのだから、それ自体は「悪い」ことではあるが、法律上、2つのパスポートを使い続けることを罰する規定は無い。

ただ、「私は台湾籍」といいながら公式ホームページなどに「台湾籍から帰化」と今年まで書き、他方で「生まれながらの日本人」と二重の嘘をついていたわけで、これは公選法違反となる可能性がある。さて、この問題どう対応するのだろうか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月16日 13:13 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(3)
この女
こいつ、今日も衆議院補選で都内で応援演説してたけど、いっさい謝らなかった。冒頭でも一言くらい言うだろう。もし、日本人ならね。どうして、マスゴミは黙ってるんだ?ここをスルーしたら、日本は終わるぞ!自民党もしっかりしろ!
[ 2016/10/16 17:40 ] [ 編集 ]
安倍総理のほうが一枚上です
蓮舫民進党代表、野田佳彦幹事長、就任、新体制スタートの9月17日の両議院総会、出席者は半分の62名
委任状67名、ほとんどが新体制は認めない、好きにやって表示、とにかく民進党はバラバラ、代表選挙が終わってから2重国籍判明、後出しジャンケン、嘘ついてでもなりたい民進党代表、何でもいいんだよ、勝てば、蓮舫を取り巻く主流派の連中の腹積もり、しかし、ほとんどの衆参議員、党員、国民はそれでは駄目でしょう、そう思っている、私も政治家としては上手くないやり方だと思う、何故、正々堂々出来ない、これが民進党の体質

自民党,安倍総理、ここは民進党を叩き潰すチャンス、年明け以降解散宣言、選挙の焦点は、2重国籍と嘘をつくこと、
選挙前に蓮舫議員が代表、辞任すれば別ですが、予想は惨敗となること間違い無し、民進党には2重国籍議員が21人いるそうです、スパイ活動でも、しているんでしょうね
民進党の中にもまともな考えの方もおりますが、今の彼らは反主流派で日陰の身、皆自民党にヘッドハンテングしちゃえば良いのに、とにかく民進党の主流の考えはどうかしてる
[ 2016/10/16 20:25 ] [ 編集 ]
本当に
日本国籍を持っているのだろうか?正々堂々と開示出来ない事はよほど後ろめたい事があるに違いない。いやしくも公党の党首たるもの後ろ指の1本も指されては困り事である。
民進党のセンセイ方、本当にこの党首で良いのですか?
[ 2016/10/17 08:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp