韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  根深き韓国の「ノーベル賞ほしい病」実態 日本人称賛するメディアの本音

根深き韓国の「ノーベル賞ほしい病」実態 日本人称賛するメディアの本音

韓国の主要紙がそろって社説で日本を手放しでたたえるというまれな現象が起きた。ノーベル医学・生理学賞の日本人受賞が決まり、日本人のノーベル賞受賞は3年連続で25人目となることを受けたものだ。韓国メディアは、連続受賞の「秘訣(ひけつ)」を探り出そうとし、翻って自国が科学分野での受賞がゼロなのは「短期成果主義」にあると政府の政策や社会風潮を批判する。「ノーベル賞ほしい病」と自嘲するほど、ノーベル賞という“成果”にとらわれすぎているのはメディア自身のように思えるのだが…。

■萎縮するシーズン到来「政府と科学界は恥を知れ」
「世界10位圏の経済強国の韓国は、ノーベル賞シーズンになると萎縮する」 今年のノーベル医学・生理学賞を、東京工業大の大隅良典栄誉教授(71)が受賞することが決まり、韓国大手紙の中央日報は5日、このような書き出しで始まる社説を掲げた。 金大中(キム・デジュン)元大統領の平和賞受賞を除き、科学分野で受賞ゼロという自国の状況について、「韓国は、隣国の祭りを見物ばかりする状況だ。受賞どころか、候補リストにも挙がっていない」と嘆く。

東亜日報は「世界が賛辞を贈る日本の科学技術の底力を目の当たりにし、韓国の現実はみすぼらしい」と自国の現状について、社説でさらに辛辣(しんらつ)に論じた。 「世界1、2位を争う研究開発予算だと、自画自賛する政府と科学界は恥を知らなければならない」他の主要紙もこぞって日本人の連続受賞を称賛し、基礎科学研究の環境づくりをなおざりにしてきた自国の無策ぶりを批判した。


スポンサードリンク


メディアが一様に、「受賞ゼロ」の原因に挙げるのは、韓国社会にはびこる「短期成果主義」だ。 朝鮮日報によると、韓国は、国内総生産(GDP)に占める研究開発費の割合が4・15%(2013年)で、主要20カ国・地域(G20)でトップだという。政府が科学技術の研究・開発をないがしろにしているというわけではなく、むしろ、科学者で「ノーベル賞第1号」の誕生に向け、カネに糸目を付けない姿勢を示してきた。

それでもノーベル賞に結び付かないのは、「政府の支援金は、2、3年以内に目に見える成果が期待できる分野に分散投資され」、研究者も「冒険的テーマに挑戦するよりも、他人が既に開拓した分野に便乗し」た研究ばかりが量産してきたためだと、同紙は社説で分析する。 年間の政府研究費19兆ウォン(約1兆7600億円)のうち、基礎科学に充てられるのはわずか6%で、著名科学者40人が改善を求めて集団“直訴”したほどだという。

■金もうけに走る若者 日本は「オタク文化」で栄冠
 「日本科学界の度重なる成果を見て、気持ちが沈むのは、日本がねたましいからではなく、韓国の基礎科学の研究環境が、いかに劣悪であるかを改めて思い知らされるためだ」 通信社の聯合ニュース配信の論説もこう悲嘆し、韓国政府が「短期間に成果を出すことを求め、研究費支援を受ける科学者たちを官僚的な規制でがんじがらめにしている」と指摘する。それだけでなく、若者からして、短期成果主義に走る風潮にも懸念を示す。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161016/frn1610160830001-n1.htm

【管理人コメント】
韓国企業という財閥経営はすぐ結果を重視する。政府も同様であるから、協力心、或は教育という部分で、研究心から始まり、何をするべきかという過程に入り、いくつもの壁にぶつかっては実験を繰り返す。忍耐力が必要であり、時間のかかる仕事でもある。将来役に立つのかどうかさえ不明だ。だが、支援者の先見の目で、研究者へ投資するという企業も多い中、公共機関の協力や、様々な人や企業にそして国からの支援で実現する研究探査心。企業などは特許などにかかわる部分も多分にあるが、多くは学者であり、それを補助することで生まれた結果と言える。

誰でもできる事ではないし、研究者を信じる支援者あってこそともいえる。地道な努力が、後に大きな発見につながり、日本企業の発展へとつながるわけで、すぐ結果を求める韓国では到底無理な話である。結果を求めれば失敗する。ノーベル賞がほしくて研究するわけではない。自分の研究が周りの多くの人からの支援を受けて、長い年月を経て、認められた時にノーベル賞受賞のチャンスとなる。ノーベル賞の受賞には至らなくても、素晴らしい研究はいくつもあるわけで、日本経済の発展に寄与した事例は計り知れない。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月16日 19:20 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(2)
儒教国には
 中国、韓国の様な儒教国には、物事を論理的に解決する方法論が存在しない、人間関係、事象関係を上下で考える事よでは、論理的に推論するための方法論、「演繹法」と「帰納法」などを理解するなど無理の無理で、物事の失敗を論理的に推論出来る訳が無い、”「演繹法」は,ルール(大前提)から結論を導き出す思考の論法” ”帰納法は、多くの観察事項(事実)から類似点をまとめ上げることで、結論を引き出すという論法”を常日頃考えて居れば問題解決はそれなりの結果がもたらされと考える。
 中国、韓国は旧守であり、斬新は無理だろうし、無理!!
[ 2016/10/16 20:30 ] [ 編集 ]
寄生虫
誤「世界10位圏の経済強国の韓国は、・・・
正「世界10位圏の寄生虫経済強国の韓国は、・・・
[ 2016/10/17 09:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp