韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国を締め付ける米国、「韓国は財政を含めて米国製品をもっと買え」

韓国を締め付ける米国、「韓国は財政を含めて米国製品をもっと買え」

米国が為替レート報告書を出し、韓国を2回連続で「観察対象国」に指定した。「ウォン高」圧迫を継続するという意味だ。雪だるまのように増えた米国の経常収支赤字幅を減らすことが目的だ。しかし、今年末の米国の政策金利引き上げを控えて本格的なウォン安現象が起きる可能性が高い。為替レート報告書イベントが終わり、外国為替市場介入に対する韓国政府の負担も比較的減ったと言える。

米財務部は14日(現地時間) 「主要交易対象国の為替レート政策報告書」を公開した。6カ月毎に米議会提出用に作成される報告書だ。交易対象国の外国為替市場政策に対する米国政府の対応基調をこの報告書で見ることができる。米財務部は今年4月の報告書に続き、今回も中国、ドイツ、日本、台湾と共に韓国を観察対象国に2回連続で指定した。スイスは今回初めて観察対象国に含まれた。米財務部は3つの基準で貿易国の外国為替政策を評価する。200億ドル以上の対米商品収支黒字、国内総生産に対する経常収支黒字額3%以上、自国通貨価値を引き下げる方向の外国為替市場介入の3つだ。3つの基準をすべて満たすと、米財務部は該当国を「深い分析対象国」に分類し有形無形の制裁に乗り出す。2つの基準を満たした国家に対しては「観察対象国」に指定するだけで直接制裁には出ない。

観察対象国になった韓国は今回も2つの基準に当たっている。報告書は「韓国の経常収支黒字規模が今年前半期に国内総生産の8.3%で、主要20カ国中ドイツに次いで2番目に高く、対米商品収支黒字規模も300億ドルだった」と明らかにした。最後の基準である「外国為替市場への一方向での介入」に関連しては「韓国政府は韓国ウォンの切り上げも切り下げも防御するために市場に介入したと推定される」と報告書は言及した。


スポンサードリンク


米財務部がこの報告書を作成する理由は、米国の増えた経常収支赤字にある。交易相手国が意図的に自国貨幤の価値を引き下げて対米輸出を増やしたことに伴う結果だと、米国側は見ている。経済協力開発機構(OECD)の資料によれば、米国の経常収支赤字は1992年から25年連続で続いている。2010年以後昨年までの経常収支累積赤字額は2兆6千億ドルに達する。反面、観察対象国と指定された国家は同じ期間に概して経常収支黒字を継続している。韓国は1998年から毎年経常収支黒字を継続していて、2011年以後に黒字規模が急増している。

同報告書は「韓国当局が外国為替市場への介入活動に対する透明性を高め、財政政策を含め内需振興手段を追加で実施するよう推奨する」と明らかにした。財政を使って韓国の内需を育て、米国産商品やサービスをさらに買えという趣旨だ。

しかし、米国の意図に反してウォン-ドル為替レートは今後上昇(韓国ウォン安)する可能性が高い。12月に予告された米国連邦準備制度(Fed)の基準金利引き上げを控えて、世界の金融市場に不確実性が高まり、安全通貨であるドルを買おうとする動きが拡大する余地が大きいからだ。ウォン-ドル為替レートは今年2月から9月まで傾向的に下落(ウォン高)してきたが、今月に入り上昇に転じている。企画財政部は「政府は人為的な市場介入を行っておらず、グローバル金融市場の不安などの影響で危険資産に対する投資意欲が弱まっている」と明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25410.html

【管理人コメント】
韓国の対外輸出の増加にともない、日本からの部品輸入や日本への特許使用権料の支払いが増加しており、戦後一貫して韓国の対日貿易は赤字が続いている。2007年度には対日貿易赤字が過去最高の289億ドル(約3兆2000億円)に達し、その原因として技術、部品、素材など、あらゆる面で日本への依存度が極めて高く、市場においては韓国製品の信頼性は日本製の物に比べ著しく劣り、韓国製品の日本輸出が難しいという問題があるとされている。「韓国が世界貿易で稼いでも、その半分以上を日本へ引き渡している構図である」との指摘もある。

今日現在、1ドルが1140ウォンである。このところウォン高に向かっている。この状態だとすべての産業で利益は出ない。一方で安全通貨であるドルを買おうとする動きが拡大する余地が大きいと言っても、ウォン安でも韓国経済は変わらないわけで、技術が底を付いた状態である。今までは為替依存度で、ウォン安で経済発展を遂げてきたとはいえ、日本の技術をまねしているだけでは、当然いずれ限界に来るわけで、それが今の状態であるから、今後どうなるのは興味深い…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月17日 11:21 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
FTAやっても
ハンギョレ新聞がアメリカの話をしている。

米韓FTAやっても貿易赤字増加だから米国は頭にきている。
だが、貿易赤字の元凶はカナダ、メキシコではないのか。
韓国から買う部品、原材料は代替がない。
経済悪化の韓国は購買力が落ちているから、「買えない」。
為替レートの問題ではなくて、経済そのものと、品目の問題だと思うが。
[ 2016/10/17 12:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp