韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ギャラクシーノート7、リファービッシュフォンに交換して出国してください

ギャラクシーノート7、リファービッシュフォンに交換して出国してください

「出国前に空港で、『ギャラクシーノート7』を返してください」
最近、バッテリー発火問題で販売が中止となった三星(サムスン)電子の「ギャラクシーノート7」の機内や手荷物での持ち込みを、米国に次いで欧州主要諸国も禁止したことを受け、三星電子は仁川(インチョン)や(金浦)キムポ、金海(キムへ)空港で交換サービスを開始した。

三星電子は15日午後から、各空港の出国場に「三星電子のレンタルコーナー」を設け、出国前に交換又は払い戻しを終えていないギャラクシーノート7のユーザーらに対して、リファービッシュフォンを提供すると、16日明らかにした。

三星電子の関係者は、「国土交通部がギャラクシーノート7の機内使用禁止や委託手荷物での持ち込み禁止措置を下したことによるサービスだ」と言い、「ただ、交換や払い戻し(開通キャンセル)は、最初の購入先だけでできる」と説明した。

これに先立って14日(現地時間)、米政府は韓国時間でが16日午前1時からギャラクシーノート7の機内持ち込みを全面禁止した。イタリアのアリタリアやドイツのルフトハンザなどの欧州航空会社各社も、機内持ち込み禁止を次々と発表した。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/762194/1

【管理人 補足記事&コメント】
生産・販売が中止された「ギャラクーノート7」は、スマートフォンとタブレットの中間的なジャンルにあたるモデルだ。スタイラスペンを内蔵しており、比較的大画面で画像・動画編集などがスムーズにできることが特徴である。 

サムスン電子はギャラクシーノート7の生産・販売中止の影響により、2016年7~9月期の連結営業利益を2.6兆ウォン(約2400億円)下方修正している。しかしギャラクシーブランド全体への影響を考えると、それ以上に利益が落ちる可能性もある。

サムスン電子は、世界のスマートフォンのシェア第1位だ。ギャラクシーブランド全体のイメージを守るためにも、ギャラクシーノート7発火事故の原因をきちんと究明して発表する必要があるだろう。 なおギャラクシーノート7に限らず、他のスマートフォンでもバッテリーの扱いは慎重に行う必要がある。

高温の場所、たとえばクルマのダッシュボード、暖房機器の近くなどで充電してはいけない。高熱によりバッテリーの寿命が短くなり、最悪の場合は膨張・発火したりする可能性があるからだ。スマートフォンの充電は熱のこもらない場所でやること、これだけは覚えておいてほしい。

私はというと、昨日ガラケーなるらくらくフォン4が届いた。スマホを解約し、ガラケーに戻ったわけで、実に懐かしく感じましたね~。バッテリー交換ができても防水なわけで、、軽くで小さい。これで十分でしょう。 さてサムスンですが、原因の公開によっては危機になる可能性もあるわけで、何と公表するのでしょうか…。正直に話したほうが良いかどうかは難しい…。他機種にも何等か危険性が及ばないことを祈りたいが…。。。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年10月17日 12:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL