韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  スマホ爆発で、サムスン電子、発火原因究明に全力

スマホ爆発で、サムスン電子、発火原因究明に全力

サムスン電子はスマートフォン「ギャラクシーノート7」の発火原因究明に総力を挙げて取り組んでいる。無線事業部の社員数百人を動員した独自調査を進める一方、スイスの製品認証業者SGSと韓国政府の認証機関、韓国産業技術試験院(KTL)など外部機関や専門家にも調査を依頼した。正確な原因究明がなければ、サムスンのスマートフォンの安全性を担保できないという危機感があるためだ。

サムスン電子の高東真(コ・ドンジン)スマートフォン担当社長も従業員に送った電子メールで、「徹底した原因究明」を強調した。同社関係者は「発火原因を正確に究明できない状況で次の製品を出せば、消費者がサムスン製品は安全だと信じるはずはない。次期製品開発の先決となる条件が原因究明であり、そのために何でもやる方針だ」と説明した。 

■海外専門機関、部品専門家も動員
原因究明作業は原点から全面的な再調査を行う方式で実施されている。バッテリーの欠陥だけでなく、スマートフォン本体の設計、製造工程に至る全工程を全面的に調べている格好だ。ノート7ユーザーの使用パターンも分析中だ。例えば消費者の動画使用時間、スマートフォンに保存された動画・写真の容量がバッテリーの発火に影響を与えるかどうかなどもチェックしているという。

サムスン電子はSGSとKTLだけでなく、海外で第3の製品認証専門機関にも発火原因の究明を依頼した。また、バッテリー分野に詳しい大学教授など国内外の専門家とも共同調査に着手した。韓国のバッテリー業界関係者は「サムスン電子はバッテリー分野以外に電源管理チップ、プリント基板など他の部品の専門家も探している。バッテリー周辺の回路設計の欠陥、部品配置などの問題をチェックするためだ」と話した。


スポンサードリンク


サムスン内部では原因究明作業が遅れた場合、来年初めに予定されるスマートフォン「ギャラクシーS8」の発売計画に支障が出かねないと懸念する声もあるという。特に虹彩認識、防水・防じん機能などアップルと差別化した重要技術は、発火とは無関係だという明確な結論が出ない状況でS8に採用するわけにはいかないからだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/17/2016101700711.html

【管理人 補足記事&コメント】
12日付の韓国紙・中央日報はサムスンについて、全世界で販売した180万台の交換や払い戻しなど直接的損失だけで少なくとも3兆ウォン(約2800億円)に上ると報じた。 

ただ、足元の業績は半導体部門が下支えしている。野村証券は生産・販売中止が公表される前の11日のリポートで、300万台強の廃棄や1600万台の出荷がなくなる最悪のシナリオでも、2017年12月期決算は堅調と予想。今後はブランドイメージの悪化やサムスン離れを抑えられるかが焦点だ。

最近のスマホは大容量電池に急速充電するため、電池への負荷が大きい。負荷が電池の許容範囲を超え、発火事故が起きる場合もある。長内教授は「今回も電池と充電回路いずれかの問題と言うより、双方の相性が悪かったと考えられる」と指摘する。

しかし普通に使用していても破裂するわけで、販売停止の意味合いは、むしろサムスンの技術者は知っているのではないか…。設計に欠陥が無い限り販売停止には至らないだろう。クレームとして最悪の事態なわけで、結果によっては今後のスマホ販売に大きな影響が出る。いずれにしても回答待ちとなるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月17日 13:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp