韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「領動」「KX5」を信じて…現代・起亜が中国市場回復に注力

「領動」「KX5」を信じて…現代・起亜が中国市場回復に注力

今年のグローバル景気低迷とストライキ長期化で苦戦中の現代・起亜車が、中国市場での販売回復に力を注いでいる。現代・起亜車は昨年、世界市場で820万台の販売を目標にしていたが、801万台に終わった。最も大きな原因は中国市場での不振だった。昨年の中国市場での販売台数は167万8922台と、前年(176万6084台)比で4.9%も減少した。市場シェアも2012年から3年連続で10%台だったが、昨年は8.9%にとどまった。

中国政府が今年、小型車税金減免など内需景気浮揚策を出し、中国自動車市場は上半期に14.4%も成長した。しかし現代・起亜車の上半期の中国での販売台数は80万8187台と、前年同期(81万3386台)より減少した。 反騰が始まったのは7-9月期からだ。新型アバンテ(現地名「領動」)とスポーテージ(現地名「KX5」)の販売が好調で、1-9月の中国累積販売台数は121万6563台と、前年同期比8.7%増となった。9月の販売台数を見ても実績は回復傾向にある。現代車は先月10万6253台を販売して11.7%増、起亜車は5万5022台で30.8%増となった。

しかしまだ楽観する段階ではない。中国市場の自動車販売が9月に26.14%も増え、3年8カ月ぶりの最大成長となったが、現代・起亜車の販売増加率はこれを下回った。実際、9月に中国企業の吉利自動車は82%、長城自動車は49%も販売台数を増やした。市場シェアも現代車は前年同月比0.3ポイント減、起亜車は0.2ポイント減となった。 現代車は19日、中国で4つ目の生産工場となる滄州工場を竣工し、現地生産能力を強化する。年産105万台水準の北京第1-3工場に続いて4つ目の工場が本格的に稼働すれば、生産能力は135万台に増える。来年は年産30万台レベルの重慶工場も完工する。しかし販売台数が増えてもシェアが低下して利益も減る状況を克服できるかどうかは未知数だ。低価格で勝負する中国企業が急成長するレッドオーシャン市場で生産を過度に増やしているという懸念の声もある。


スポンサードリンク


◆スト終えた現代車、国内販売は回復するのか
中国に次いで大きな市場である北米・欧州市場の状況は悪くない。1-9月に現代・起亜車は米国で107万9452台を販売し、前年同期比2.4%増となった。欧州市場でも1-9月の販売台数は現代車が37万6652台、起亜車が32万9172台と、前年同期比でそれぞれ9.0%増、14.4%増となった。

現代車は3カ月以上続いた労組のストが15日に終わり、韓国国内での販売も回復を期待している。定期人事まで2カ月も残っているが、郭鎮(クァク・ジン)副社長が顧問に退き、国内営業本部長にイ・グァングク・ワシントン事務所専務を昇進発令した。先月発売した新型i30と年末の最大期待作の新型グレンジャーなど新車効果を最大化し、「内需の崖」を克服する戦略だ。
http://japanese.joins.com/article/707/221707.html?servcode=300§code=320

【管理人コメント】
サムスンの低価格スマホではないが、数でシェアを押さえているという方向に似ている。現代自は売れていないとはいえ、アメリカ市場でも中国市場でも、昨年並みに近い値をたたき出している。そもそもが売れないわけだが、それ以上に日本やドイツが売れているわけだ。販売台数が上昇できないとなると、安売りによるシェア獲得しか、道が無いのも事実。シェアを失えば次の新車はさらに売るのが難しくなる。この戦略は、低迷する企業が使う戦法だが、本来次の製品に期待をかけられる時に使う戦法であるから、単に企業のシェアを維持して、売れているように見せかければ、どこかの日本企業ではないが、不正会計につながるわけで、実は利益は出ていないと私は見ている。

トヨタやホンダ等々と競合するためには、シェア獲得で販売台数を伸ばすしかないが、赤字覚悟でいつまで維持できるのか、後に発覚した時には莫大な負債で首が回らないという状態にならないことを祈りたいが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月17日 13:58 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
人気モデル
2社合わせて9月の販売実績 16万台なら通年で135万台は
可能でしょう。
市場シェアが下がるというのは機会損失があるということ。
生産能力 135万台持っていて、人気モデルを年間 135万台
売れば、工場はフル稼働だからシェアに関係なく、利益を
出せるはず。

この記事は、Hyundai Chinaにやっと人気モデルが出ました。
数を作りました、という話です。
[ 2016/10/17 16:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp