韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「日系企業が中国大脱出?」過去最大規模の財界訪中団の要望書に中国ネットが大騒ぎ

「日系企業が中国大脱出?」過去最大規模の財界訪中団の要望書に中国ネットが大騒ぎ

9月下旬、日本の主要企業トップが訪中して政府要人と会談した。その際に日本側が中国市場から「撤退」する際の環境整備を求めたことが波紋を呼んだ。中国のネット上では「出たいなら出ていけばいい」といったいつもの強気の反応が盛んで、ネットメディアも「中国市場を失った日本企業が、どうやって欧米企業などと競争できるのか?」などと日本側の「不見識」をとがめるような意見が目立った。

その一方で「本当に日本企業が大規模に撤退したら、中国企業は必ず損害を受ける」といった不安な“本音”も見受けられた。
日中経済協会を中心とした財界人は9月20日から27日に中国を訪れた。宗岡正二会長(新日鉄住金会長)を団長とし、経団連の榊原定征会長、日本商工会議所の三村明夫会頭らが加わった。3団体がそろって中国を訪問するのは昨年に続いて2回目で、過去最大規模となる計230人の参加となった。日本代表する大企業のトップらが参加し、さながら“オール財界”のメンバーが顔をそろえた。 

21日には北京の人民大会堂で中国共産党序列7位の張高麗副首相とも会談。滞在中の22日には、上海市に本社を置く国有鉄鋼大手の宝鋼集団と湖北省の武漢鋼鉄集団が経営統合すると発表する局面にも遭遇することとなった。一連の日程で中国側の関心を集めたのが、22日に中国商務省の高燕商務次官と会談した際に提示した投資環境の改善項目をまとめた要望書だ。その中で、中国市場から迅速に撤退できる環境がなくては新たな投資が進まないと強調し、中国側に改善を求めた。


スポンサードリンク


撤退の環境整備に関する要請について中国の官製メディアでは話題にならなかったが、ネット上ではすぐに騒ぎとなった。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)では「日本企業が手厚い扱いを受ける時代は終わっている」といった否定的な反応が大勢を占めた。また、この要請について報じた日本人記者の個人名を挙げて「この記者は経済を分かっていない」などとからかうような記述も見られた。

中国系香港メディア、フェニックステレビのホームページは「日本企業の中国大脱出?」という文章を掲載し、財界訪中団の要請がなされた背景について分析した。 文中では、近年の日本企業の撤退はそれぞれの企業の「経営上の原因だ」と説明し、統一的な動きではないことを強調した。その上で「もし誰が誰に頼っているか論じる必要があるならば、現在は日本企業が中国市場に頼っている時代だ。その逆ではない」と述べ、中国市場撤退による被害は日本側が受けることを示唆した。また「日本企業は『政冷経冷』という中日関係の被害者だ」との見方も示した。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161017/frn1610171530003-n1.htm

【管理人コメント】
「政冷経冷」の時代に入ったと指摘される日中関係。日本貿易振興機構(ジェトロ)がまとめた平成27年度の進出企業実態調査によると、今後1~2年のうちに中国事業を「縮小」または「移転・撤退」すると答えた企業は全体の10・5%で、前年度調査に比べ3ポイント増えたという。しかし中国依存度を考慮して企業が他の新興国に分散し始めたのは、15年以上実は前である。その間に比率を中国依存にならないように依存度調整期に入っている。また私が大手企業を退職した2000年度が日本国内の就職難で、ある程度の役職連中が中国の日系企業に就職している。彼らが定年で戻り始めたのが数年前であるから、いわゆる管理者の定年や中国経済低迷に人件費高騰を考慮しても、中国に企業を構える必要がない部分は撤退時期で調整に入ったという事だ。

これは急にでは無く元々の計画であるから、日本企業からすれば問題ではない。工場稼働比率も雇用を少なくしつつ、他の新興国の工場稼働や規模を変えてゆくだろう。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月17日 19:10 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(2)
通りゃんせ
 中国への投資は
”通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細道じゃ
天神さまの 細道じゃ
ちっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに まいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ”
怖いお話です。
[ 2016/10/17 19:17 ] [ 編集 ]
中国進出企業は、大量虐○の協力者
■中国による チベット・ウイグル人の虐サツの歴史

(1950年~) チベットで総計120万人虐殺
(1949年~) ウィグルで総計160万人虐殺

中国人の暴力  ウイグル人を集団で虐○ (2009年)
http://www.youtube.com/watch?v=JI8ZcYcb5iE

中国軍がチベットの巡礼者を無差別に撃ち○す映像
http://www.youtube.com/watch?v=tNnA3K_kCEc

経団連を代表とするイオン・伊藤忠・トヨタ・日産など
中国に大規模進出する企業たちは
数百万人にも及ぶ、チべット・ウイグル大量虐○の協力者であり
日本領土への侵略を繰り返す中国共産党の協力者である。
  
[ 2016/10/18 10:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp