韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  聞く耳を持たない朴槿恵大統領、経済だけはちゃんとやれ

聞く耳を持たない朴槿恵大統領、経済だけはちゃんとやれ

朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率が就任後最低の26%(韓国ギャラップ社調査)に下がったことについて、大統領府では「国政の基調は変えない」と言ったという。現在取りざたされている複数の疑惑について、そのまま押し通していくということだ。大統領府関係者は「野党が針小棒大に取り上げている複数の疑惑が事実ではないと判明したら、支持率を回復できるだろう」と語ったそうだ。驚きはしない。最近では多くの人々が大統領府からこのような反応が出てくることを知っている。

大統領の一方通行的な「マイウェイ(我が道)」を行く姿勢は変わらない。外部の言葉には耳を傾けないと決心しているかのようだし、内部でも誰も苦言を呈しない。どうせ数々の醜聞は政権が変われば、あるいはその前でも特別検事などを通じて真相が明らかになることだろう。

問題は国民の生活経済だ。朴槿恵政権になって以降、生活に関するあらゆる指標が悪化している。成長率は4年連続で世界平均を下回り、雇用は減少し、非正規雇用や若年層の失業問題はさらに深刻になっている。給料は減っているのに家賃は急騰し、自営業者や商店主たちは「アジア通貨危機時(1997年)よりも商売にならない」と嘆いている。現場で感じる一般庶民の体感景気は既に深刻なレベルにまで下がっている。


スポンサードリンク


国家戦略資産と言える海運産業が政府の無能・無責任により空中分解しているのに、政府は以前の経営者たちばかり攻撃している。国の経済までも崩壊させるかもしれない造船産業の低迷は、対策がないまま漂流している。政府は問題を解決するどころか、政府が問題の原因を作るという本末転倒の状況さえ出ている。韓国経済を支えてきたサムスン電子や現代自動車さえ今や危機的状況を迎えている。世界保護貿易の流れはますます強まってきた。こうした中でも、政府は一度もこれといったビジョンや対策を示せていない。経済のリーダーシップは空洞状態も同然だ。その場しのぎの資金緩和や不動産景気浮揚策のほかに、政府が経済再生のため何かしたという記憶がない。これだから、「危機の韓国経済には船長もいないし、救命ボートもない」と嘆く声が上がっているのだろう。

このままでは朴槿恵政権は歴代政権で最悪の経済実績を残す可能性が高い。「今さら国政のやり方を変えろとは言わないから、残りの任期中くらいは経済で最善を尽くし、ちゃんとやってほしい」というのが国民の本音だろう。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/17/2016101700702.html

【管理人コメント】
日本の悪口を告げ口外交した朴槿恵である。挙句に10億円を日本政府から奪ったわけで、大した実績だろう!
自国などどうでもよいわけで、反日政策一筋の韓国政府のトップである朴槿恵が残した10億円の実績は、韓国GDPの数倍にも相当するだろう…。と考えれば、支持率98%あたりで良いのではないか…。

韓国経済を考えたところで、主は財閥であるから朴槿恵が何かできる事ではない。一方、経済政策で不動産緩和に4兆円も投入し、4兆円以上家計負債が増えたわけで、余計な経済政策を実施するほどに、家計負債が増えるわけで、かえって何もしないほうが良いと思うが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月17日 19:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
道連れ
違うだろう。

2016年後半になって様子が変わった。
朴槿恵さんは、経営悪化する財閥企業に道連れにされる。

政府ができることは、GDP増大ではなくて、ひとつの
稼ぎの中で分配の平等化だろう。
だが、国会と組合の反対で格差是正が進まない。
[ 2016/10/17 23:07 ] [ 編集 ]
韓国経済の終焉
韓国経済は日本の技術をコピーした産業によって成長して来た事が今になって致命傷と成ってきた。
つまり、韓国で出来ることは世界中のどの国でも出来ると言うこと。
製鉄、造船、鉄道、飛行機等、家電では既に圧倒的に中国が勝っているし、もはや韓国の出る幕も無い。
頼みの綱であるサムスンもギャラクシーノートの欠陥によって地獄へ一直線と突き進んでいるし、現代の自動車もGDIエンジンの根本的な欠陥を克服出来ず崩壊へと向かっている。
今や、韓国に取って代わった中国でさえ、東南アジアの成長に押されて衰退が始まっている。
これから韓国はどんどんと成長する周辺国の踏み台にされて埋没するであろう。


[ 2016/10/18 07:58 ] [ 編集 ]
中国進出企業は、大量虐○の協力者
■中国による チベット・ウイグル人の虐サツの歴史

(1950年~) チベットで総計120万人虐殺
(1949年~) ウィグルで総計160万人虐殺

中国人の暴力  ウイグル人を集団で虐○ (2009年)
http://www.youtube.com/watch?v=JI8ZcYcb5iE

中国軍がチベットの巡礼者を無差別に撃ち○す映像
http://www.youtube.com/watch?v=tNnA3K_kCEc

経団連を代表とするイオン・伊藤忠・トヨタ・日産など
中国に大規模進出する企業たちは
数百万人にも及ぶ、チべット・ウイグル大量虐○の協力者であり
日本領土への侵略を繰り返す中国共産党の協力者である。
  
[ 2016/10/18 10:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp