韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  蓮舫氏、いまごろ日本国籍「選択宣言」 “偽の二重国籍”売り物に 「違法状態を放置だ」

蓮舫氏、いまごろ日本国籍「選択宣言」 “偽の二重国籍”売り物に 「違法状態を放置だ」

民進党の蓮舫代表(48)の「二重国籍」問題は、国民にウソをついただけでなく、違法性が問われる可能性が出てきた。蓮舫氏は15日、都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったとして、戸籍法に基づき「(日本国籍の)選択宣言をした」と語ったのだ。同問題を徹底追及してきた、徳島文理大学の八幡和郎教授が緊急寄稿した。

蓮舫氏は、戸籍法の義務である「22歳までの国籍選択」を、最近までしてこなかったことを明らかにした。党関係者によると、選択の宣言は今月7日付だという。 これは、国籍選択後の台湾籍離脱が「努力義務」なのに対し、純然たる「違法状態」を放置してきたことになる。蓮舫氏は立法府の人間でもあり、重大性において格段の差がある。 さらに、日本国民であることを選択してこなかったなら、日本と台湾に同じ重さの忠誠度しかない状態だったことになる。日本の国会議員として著しく不適切だろう。

これまで蓮舫氏は、法律改正を受けて、17歳の時に国籍選択するまでの一時的措置で、合法的な二重国籍状態となる「国籍取得」の手続きをしたことは認めていた。だが、それ以外のほとんどの日付を曖昧にし、日本維新の会や、インターネットの言論プラットフォーム「アゴラ」などの公開要請にも、証拠書類は一切開示しなかった。今回も証拠の提示はなく、国民は本当に蓮舫氏が台湾籍を離脱したのかすら確認できない。すみやかに証拠を開示し、特に台湾旅券の使用状況を示すべきである。


スポンサードリンク


それは、公職選挙法上の経歴虚偽記載や、旅券法、税法などの違法行為の有無を判断するのに不可欠の材料だ。蓮舫氏は「二重国籍」状態は、不注意によると強弁しているが、戸籍謄本などを見れば、国籍選択の不履行は一目瞭然だったはずだ。

「私は、二重国籍なんです」(『週刊現代』1993年2月6日号)などとメディアで発言してきたことが営業トークだと言い張るなら、それを証明する責任がある。そもそも、キャスターやタレントとして“偽の二重国籍”を売り物に「産地偽装」のようなことを試みたなどと平気で言うのもいかがなものか。 さらに、民進党は公党として、国籍選択すらしていない人物を国会議員や閣僚、党代表としたことについて、国民に謝罪すべきである。ガバナンス(統治)能力の低さについても、根本的な反省が必要だ。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161018/plt1610181550005-n1.htm

【管理人コメント】
事業仕分けで、枝野とともに脚光を浴びたが、ふたを開ければ、両者ともに役立たずでは困りごとだろう。民進党は今ごろ慰安婦問題やら尖閣諸島でとどめを打った野田元総理がしゃしゃり出ているが…。いい加減にしてほしいものである。看板変えたら余計ひどくなったのではないか…。すでに死に体で必要がない政党となったが…。

こういう連中に税金を使われているかと思うと腹立たしい…。古い政治を捨てて、すべての政党から、良い人材だけを国民が選んで、一つの政党として日本を納めるのが望ましい時代になったのではないか。参議院も廃止し、野党もいらない。必要な人材で、協力する一つの大連立政党で十分だが…。いつまでもふるい体質ではない、新しいシンプルな体系が望ましい。

古い老人が裏で権限をふるう事無く、政治が前に進む方式へと改革し、公務員も民営化しつつ、税収を大きく緩和することを考慮する時代となったわけで、高齢化社会にあった政治にするべきだろう。まして蓮舫のような人材はいらない。、



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月18日 19:05 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(5)
人間が軽すぎます
この手の輩は、口先はペラペラですが、汗もかかず熟慮もしていないので中身がありません。
人間が軽すぎます。

世の中、口先だけで渡って行けるなら楽な話ですが、それは戯言に過ぎません。

この手の輩に、日本国の政治は任せられません。

管理人さんも仰っていましたが、私も昔から野党は不要と考えていました。

それは、例えば自民党一党の中にも色々な考えの人がいて、それが反映される仕組みになっているからです。
中国等のように独裁体制ではありません。
今の野党のように、口先だけで、日本を蔑むようなことしかしない政党は不要だと思います。

ただ、今の自民党もだらしのない話です。
特に、中堅は勉強もしなければ汗もかいていないように見受けられます。
自民党の若手は、中堅を見習うことなく切磋琢磨して人間性を高め、安倍総理のように、日本国のために尽くされることを期待します。
[ 2016/10/18 20:21 ] [ 編集 ]
野党の本質
この間の参議院選挙で民進党から杉尾という元TBSのキャスターが当選した。当選したときのインタビューで何をしたいかを聞かれ、奴の答えに唖然とした。奴は「安倍首相と対戦したい」と。。。国会議員になろうとする人物が政策うんぬんでなく、やりたいことが安倍首相と対戦とは。。。遊びじゃあるまいし。。。
また、最近の国会で民進党の大野という元中東調査会の輩が稲田防衛大臣にスーダンは戦闘ではないのですか?と質問した。実はこれは民進党がつくった法案にそって今の自民党政権がスーダンに自衛隊を派遣している。当時の民主党は戦闘行為の定義は作ったが、戦闘の定義は作っていないので稲田大臣は戦闘の定義がわからないとささやいた。あたりまえ。これは、稲田大臣だから答えられなかったのである。もし、法律に長けてない大臣なら答えて、民進党から総攻撃を加えれていたであろ。つまり、民進党の大野は答えられないと分かって質問したのである。こんなの議会答弁じゃないだろう!ことばじりだけとって相手を下げる。。。なんて奴らなんだ!ちゃんと政策論争やれよ!民進党、社民、共産に国税を与えるのはもったいない!!!
[ 2016/10/18 21:41 ] [ 編集 ]
慣用句
言い古されてますが、この手の輩に言うセリフは決まっている。
「お前のような、どこの馬の骨とも分からぬ奴に、日本を任せるわけにはいかねえ!!」

法律が整備されていなかったのが悪いのですが、今からでも日本の国籍のみ有している者にしか被選挙権を与えぬようすべきです。
[ 2016/10/19 04:56 ] [ 編集 ]
 蓮舫 中国人スパイ(民進党)
「2番じゃだめなんですか」と、日本のスパコン予算の削減
中国のスパコンが一位を取るためのアシストを行い

資源の無い日本にとって重要な科学研究予算という将来への投資を片っ端から仕分けし、
自衛隊の制服などの装備品を「中国から買え」と言った蓮舫


蓮舫「(自分は)在日の中国国籍」と宣言 (朝日1993/3/16)
http://i.imgur.com/W2j2ymY.jpg
[ 2016/10/20 15:48 ] [ 編集 ]
 蓮舫 中国人スパイ(民進党)
蓮舫の民進党党首就任、これも中国からの指令でしょう。
日本のサヨク朝鮮人は、「中国・韓国の指令」を受けて日本弱体化の工作を続けている。

<緊急 拡散> 中国からの秘密指令書 
『最終目標は天皇の処刑』   中国共産党 「日本解放第二期工作要綱」
http://bewithgods.com/hope/etc/etc-7.html


■蓮舫「(自分は)在日の中国国籍」と宣言 (朝日1993/3/16)
http://i.imgur.com/W2j2ymY.jpg

■蓮舫「(日本の)赤いパスポートになるのがいやで、寂しかった」
    「自分の中のアイデンティティーは『日本とは違う』と感じる」 (朝日1992/6/25)

・父親が大陸生まれの中国人
・子供にも中国名(翠蘭・琳)
・北京大学に留学し対日工作員教育を受ける
・中国語を話せない事がコンプレックスだった
・日本との二重国籍状態(違法)で、国会議員と閣僚をしていた
[ 2016/10/20 15:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp