韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  スマホ爆発でも交換・払い戻しを渋るユーザー、iPhone 7発売待ちが多数

スマホ爆発でも交換・払い戻しを渋るユーザー、iPhone 7発売待ちが多数

発火問題により生産・販売が打ち切られた韓国・サムスン電子の新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」の交換・払い戻しが、予想に反してなかなか進んでいない。同社とSKテレコム、KT、LGユープラスの通信3社が13日から他機種との交換や払い戻しを実施しているが、17日までに5万台程度しか完了していないようだ。

サムスン電子によると、交換・払い戻し対象は約50万台だが、通信3社の販売代理店が休みだった16日を除く4日間に交換(払い戻しを含む)されたのは10%未満だという。発火事故を受けて9月に実施した最初の回収・交換では4日間で10万台余りが交換されたのに比べると、半分以下のスピードだ。ユーザーがノート7を手放さない理由は何だろうか。

■iPhone 7の発売を待つユーザー多数
業界によると、これまでに交換を終えたノート7のユーザーの70%は、今年発売されたサムスン電子の「ギャラクシーS7」または「S7エッジ」に変えた。残りの30%は同社の「ギャラクシーノート5」や米アップルの「iPhone(アイフォーン) 6s」、LG電子の「V20」などに交換し、ノート7との差額の払い戻しを受けたという。 残るノート7ユーザーの多くは、21日のiPhone 7と7プラスの発売を待っている。会社員の男性(48)は「今売られているスマホはノート7に比べると旧型。アップルの新製品の発売を待って交換するつもり」と話した。

業界は、ノート7を購入した50万人余りの大半は最新スマホに敏感なアーリーアダプター(新技術に関心が高く、新製品をいち早く経験しようとする消費者)だとみている。こうした消費者は、サムスン電子とアップルの製品をどちらも使用した経験があるため、iPhoneに交換しても特に不便を感じないようだ。 また、サムスン電子がギャラクシーS7、S7エッジのブルーコーラルモデルを近く発売し、一部機能をアップグレードできるという話も飛び交っており、ユーザーの間では「早く変えてしまえば損になる」という認識が広がっている。


スポンサードリンク


■年内に交換が終わらなければ強制回収の可能性も
ノート7を使い続けると意地を張るユーザー、交換に疲れを感じているユーザーも多い。製品を買った店舗に足を運び、新しいスマホに交換してデータを移したりアプリを再インストールしたりする作業を短期間に2回も繰り返すのは面倒だというのだ。ソウル・中区にある携帯電話販売代理店の店員は「ノート7を使い続けてはいけないのか」と聞いてくる人や、ノート7の交換で腹を立てる人もいると伝えた。

サムスン電子はユーザーの交換を促すため、さまざまなインセンティブを設けている。交換・払い戻しに応じたユーザーには同社の「モバイル・イベントモール」で使用できる3万ウォン(約2800円)分のクーポンを提供するのに加え、11月30日までにギャラクシーS7、S7エッジ、ノート5など同社製スマホに交換すればさらに通信費7万ウォン(約6500円)を支援する。同社はあわせて、ノート7の修理などのアフターサービス、ソフトウエアアップグレードを中止した。

ユーザーが年内に交換・払い戻しを終えない場合、政府が同社側に強制回収命令を出す可能性もある。国家技術標準院の関係者も、回収の方法や期間が適正かどうかを検討しているとし「回収がきちんと行われない場合、実施状況を点検した上で強制回収命令を出すこともあり得る」と話している。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/19/2016101901208.html

【管理人コメント】
一方、iPhone 7ではCPUに高い負荷がかかった場合に本体内部からヒスノイズが発生するという報告が寄せられている。動画も公開されている。ただし、問題のiPhone 7を購入したユーザーがAppleに連絡したところ、本体の交換を指示されたそうなので、一部の初期不良の可能性もある。また、EMSOneによると、iPhoneの組み立てを請け負っている台湾のフォックスコン社やペガトロン社の2016年8月の売上高には、iPhone 7による顕著な効果は見られなかったという。9月16日発売なので、Apple側には8月中にいくらかは納品されていて売上が立っているはずなので意外だ。

iPhone7は好調なのかの判断は難しい。日本でもサムスンのバッテリー破裂を受けて様子見が多いのは事実。アップルにとっては追い風だが、バッテリー破裂問題は、少なからずもアップルに影響を与えているようだが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月19日 11:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp