韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  マイナス成長目前、変化に取り残される韓国経済

マイナス成長目前、変化に取り残される韓国経済

経済を取り巻く内憂外患のさなか、韓国は今年第4四半期(10-12月)以降、急速な成長減速に直面するのではないかという警告が示された。韓国経済研究院は第4四半期の国内総生産(GDP)が第3四半期に比べ0.4%のマイナスになると予測した。通年の成長率も2.3%にとどまるとした。仮に第4四半期がマイナス成長となれば、世界的な金融危機に直面した2008年第4四半期(マイナス3.3%)以来初めてだ。他の民間シンクタンクも第4四半期の成長率が0%台前半にとどまると予想している。

世界的な供給過剰と景気低迷で韓国経済の体力が急激に枯渇している上に、あらゆる悪材料が追い打ちをかけた。サムスン電子のギャラクシーノート7販売中止、現代自動車のストライキなど韓国を代表する企業までが揺らぎ、輸出戦線はめちゃくちゃだ。政府主導で景気刺激目的のセールを実施してみたところで消費は回復せず、これまで景気を下支えしてきた建設投資も急速に減少している。民間シンクタンクよりも楽観的な韓国銀行(中央銀行)ですら成長率が今年は2.7%、来年は2.8%にとどまると予想している。政府は追加補正予算まで編成し、資金供給を増やし、成長率を下支えしようとしているが、急場しのぎにすぎず、低成長の慢性病は悪化するばかりだ。

問題は手詰まりの状況を打破するリーダーシップの不在だ。大統領のリーダーシップはさまざまな疑惑で失われている。就任から9カ月を迎えた柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相率いるチームは、不動産対策にも海運・造船業のリストにも右往左往している。政界からは大統領選挙を控え、「国民成長、公正成長、核心成長、共生成長、共に成長」などとさまざまな成長論が聞かれるが、大半は成長ではなく、シェアしよう、分配しようという色彩が濃い内容だ。


スポンサードリンク


韓国を訪れた世界経済フォーラム(WEF)のクラウス・シュワブ会長は先日、国会議員会館で一国の経済的な成否を左右する未来成長エンジンとして、第4次産業革命を挙げた。シュワブ会長は「未来の社会は左派と右派に別れるわけではない」と指摘。第1次から第3次までの産業革命とは異なり、第4次産業革命は変化速度があまりに速いため、理念ではなく、柔軟な労働市場、敏捷な体質でどれだけ早く変化を受け入れられるかどうかが一国の経済を左右すると指摘した。大統領、政府のリーダーシップ不在、まるで変化を知らない後進的な政治では第4次産業革命に適応することはできない。このままでは成長率低下を避ける道はない。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/20/2016102000673.html

【管理人コメント】
朝鮮日報も同じだが、どの韓国メディアもリーダーシップを政府に求めて、自国経済低迷の責任を追及する。しかし、そもそも韓国経済低迷は、企業が成長戦略を実施して、利益ある企業かどうかにあるわけで、自国の社会構造とは別次元で記事掲載するから困る。中小企業雇用が88%で、その中小企業は過去10年ですべて倒産を経験していると中央日報が報じたが、体力のない企業が、実は韓国の自国民中枢である。大手企業の大半は外資系企業で、経営のみ韓国財閥というわけだ。内需で成り立つ国ではないので、大手企業が自国に寄与するのは法人税と自国雇用でしかないが、自国雇用は12%で利益ある企業となると3%程度の雇用率となる。

GDPで語っても、財閥企業は、上記で説明した通り、大半が海外雇用で、企業維持費や海外労働者に金を持ってゆかれる。外資系企業であるから、海外株主への配当も大手企業全体でいえば莫大である。日本は内需国であるから、大変は自国内で消費されて、資金は自国内で循環するが、韓国は貿易依存であるから、資金は海外に逃げて、自国内で資金が循環しない。あくまで中小企業の88%雇用がすべてで有り、ごく一部の連中が日本の大手企業並みの給料をもらっているだけで、経営者である財閥連中は金がある。彼らが中心となり、地方を活性化するわけで、地方政治は財閥中心となる。

韓国がいつまでたっても平均年収が上昇しないのは、中小企業活性化になら無い事で、中小企業の収益が上昇しない限り、平均年収は上昇しないし、家計負債も減少しない。今までは地方活性化として財閥は自分たちの利益で町作りに貢献してきたわけで、その結果、少ない年収でも過ごせる環境にあったわけである。しかし、今では厳しい状態となっているのが韓国事情である…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月20日 12:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp