韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日系車と韓国車の「強み」を比較・・・中国ネット「買うなら日系車」

日系車と韓国車の「強み」を比較・・・中国ネット「買うなら日系車」

自動車情報プラットフォームのマークラインズによれば、中国自動車市場の2016年1-9月の累計販売台数は日系車が前年同期比15.7%増の263.9万台、韓国車は同6.81%増の120.27万台だった。

韓国車の販売の伸びに日系車のような勢いが感じられないことについて、中国では「日系車の春、韓国車の冬」と論じるメディアもあるなか、中国メディアの今日頭条は19日付で、日系車と韓国車のどちらも「良い車」としながらも、もしどちらかを選ぶとしたら、どのような点に留意すべきかという点について読者にアドバイスしている。

記事は日系車と韓国車に共通する優れた特長として、「低価格でありながら使い勝手が良い」という点を指摘。どちらも消費者のニーズを分析し、それを商品に反映させる点で成功していると称賛した。続けて、こうした基本的な共通点はあるものの、好みが分かれる点も当然あると説明。例えば、日系車はエンジンとトランスミッションに「強み」を持つが、韓国車のエンジンとトランスミッションは「日系車にかなり劣るのが現実」と指摘。

さらに、日系車は「寿命が長く、故障も少なく、ランニングコストが安い」と称賛、お金を節約したいなら「日系車こそが優先すべき選択肢である」と説明する一方、韓国車は「日系車に比べて故障率が高い」と論じた。だが記事は、韓国車のスペックやデザインは日系車よりも「優れている」とし、韓国車に乗っていると「女性にモテる」と主張、日系車と韓国車のどちらを購入するか迷ったら、こうした差異に留意して選ぶと良いと読者にアドバイスした。


スポンサードリンク


同記事に対して、中国ネットユーザーからは「絶対に日系車」、「韓国車のどこが日系車に匹敵する?」、「日系車には技術があるが、韓国車は見た目だけだ」など日系車を支持するコメントが非常に多く寄せられた。日系車が好調である背後には、小型車の自動車取得税の減税などが関係していると言われるが、日系車の品質の高さが多くの中国人から認められていることが好調の大きな理由の1つであるのは間違いない。
http://news.searchina.net/id/1621348?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
雨漏りにエアーバック作動にエンジン異音と様々なクレームに遭遇する韓国車である。日本では売れずに撤退したわけで、中国・アメリカでも結局世界企業から置き去りにされているのが現状だ。デザイン担当の新たな副社長を、英国の高級車メーカー、ベントレーから引き抜いた。これは今年5月16日、ヒュンダイが明らかにしたもの。「SangYup Lee氏を、6月に発足するヒュンダイデザインセンターのデザイン担当副社長に起用する」と発表した。

世界自動車産業界でヒュンダイに注目が集まり始めたのは、2000年代に入ってからだ。1990年代まで、ヒュンダイは商品本体もブランドイメージも二流だった。そうした二流商品の立て直し戦略として大きな転換点となったのが、米カリフォルニア州アーバインにあるデザイン及び開発拠点の拡大だった。西海岸には、トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、マツダなどの日系メーカーに加え、メルセデス、BMW、フォルクスワーゲンがデザインオフィスを構えている。ヒュンダイはそうした同業他社から優秀な人材をヘッドハンティングし、まずは「クルマの見た目を変える」ことを重視した。

そんな中で、韓国の自動車産業が内需と輸出不振から抜け出せずにいる中で、世界自動車5位生産国の地位までインドに譲ってしまった。韓国自動車産業協会の集計によれば、今年1~7月の韓国国内の自動車生産量は255万1937台で、同じ期間のインドの生産量(257万5311台)より2万3374台少ないことが分かった。韓国の自動車生産量がインドにさえ遅れをとった。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月22日 13:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
安くなら
残る話題ー値引きでみるなら、
ヒュンダイ車は商品競争力が落ちて、値引きで頑張っているらしい。
とにかく安く買いたい人は、ヒュンダイ車に逝って買い叩けと。
[ 2016/10/22 16:57 ] [ 編集 ]
いくら安くても
命を乗せるのに韓国車はないわ。
[ 2016/10/23 05:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp