韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国が崩壊する理由、中国に行けば分かる

韓国が崩壊する理由、中国に行けば分かる

韓国経済は崩壊の道を歩んでいます。間もなく中国に完全にやられてしまうでしょう。希望はありません。 中小企業の商売人に何が分かるのかって? 私のように中国に頻繁に行ってビジネスをしている企業家は皆知っていますよ。なぜ韓国経済は崩壊の道を歩むほかないのか。

中国は今や巨大な起業国家になりました。米国シリコンバレーのモデルをそのまま移植し、自国のものにしたわけです。中国の名門大学の近くに行ってみてください。(起業を目指す若者たちが集まる)「創業カフェ」がずらりと並んでいるのです。それを見たら背中に冷たい汗が流れますよ。中国の賢い若者たちは皆、そこに集まっています。会社を立ち上げて金持ちになるという大きな夢を抱いているからです。 韓国の学生街はどうでしょう? 飲み屋と食堂以外に何かありますか。中国の若者たちは起業しようと必死なのに、韓国の優等生は公務員試験を受ける。これがまともな国でしょうか。若者が夢を失った国に未来があるのか、ということです。

韓国がこうなった原因は若者たちのせいではありません。中国は夢を与えるシステムをつくったのです。中国には自分の力で稼いだ富豪たちの成功神話があふれています。韓国の若者にはどんなロールモデル(手本)があるでしょうか。韓国の長者番付の上位100人のうち、自力で富を築いた人はいったい何人いるでしょう。ほとんどが財閥2世・3世、つまり世襲による富豪ではありませんか。このような世の中でどんな夢を抱けというのでしょう。 韓国で会社を設立し、成功することがどれだけ大変なことか分かりますか? 中小企業育成策が掲げられて30年が過ぎました。しかし状況は良くなるどころか、大企業との格差は天と地ほどに開いてしまいました。どうしてかって? 政府が見当違いな政策ばかり打ち出しているからです。本質は別のところにあるのに、突拍子もないことばかりしていた結果なのです。


スポンサードリンク


韓国が今抱えている問題は何ですか。若者の失業、非正規職問題、社会の二極化、少子化、私教育(塾や家庭教師など)、といった問題ですよね。これらはそれぞれ、独立した別個の問題だと思いますか? 違います。根幹は一緒なのです。「成長のはしご」が崩れてしまったからなのです。自力で成功できるシステムが崩壊してしまったわけです。どの問題も、「成長のはしごの崩壊」から派生した副産物にすぎないのです。ですから、根幹部分、すなわち成長のはしごさえ復元すれば、全ての問題が一度に解決します。

考えてみてください。起業して富豪になれる「はしご」ができたら、どうなるでしょうか。まず若者の失業問題はなくなります。大企業に就職するために死にもの狂いで頑張る必要がなくなるのです。そうすれば私教育に高いお金を払う必要もなくなり、子どもを生むなと言っても自然に生むようになります。二極化は解消され、全ての問題が連鎖的に解決していきます。 現在の韓国政府の政策は、本質を見ることができていません。失業問題は雇用労働部(省に相当、以下同じ)、少子化問題は保健福祉部、私教育問題は教育部が管轄し、それぞれが独自に動いています。根幹には手を付けず、枝葉の部分ばかり熱心にいじっているわけです。それで何か解決するでしょうか。

「成長のはしご」の復元は口で言うほど簡単か、ということですが、発想を転換すればよいのです。投資の生態系を作ってやるのです。起業する際に最も困難なのは資金集めです。事業の初期には多方面でお金が掛かりますが、調達するところがありません。銀行は先に担保を要求し、それがなければ口もきいてもらえません。 シリコンバレーが成功した秘訣(ひけつ)は何だったでしょうか。アイデアさえ良ければ出資してくれる投資家がいるからです。韓国は投資の不毛地帯です。ほとんどのベンチャー企業が資金不足にあえぎ、事業を諦めてしまいます。出資さえしてもらえれば優秀なベンチャー企業はいくらでも生まれます。起業の活性化は結局、金融の問題なのです。
(略)
国民年金550兆ウォン(約50兆円)のうち数兆円(数千億円)だけでもコンスタントに中小企業に投資してみたらいいでしょう。投資家たちが殺到し、ベンチャーの生態系がよみがえるはずです。創造経済とはすなわち起業の活性化のことだそうですね? だったらなぜ中型・小型株を売り続ける国民年金の運用本部長をそのままのさばらせておくのでしょう? 私の言っていることは何か間違っていますか?
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/21/2016102102095.html

朝鮮日報の愚痴ですかね~。コラムですが、韓国が崩壊する理由…。。。すなわち成長のはしごさえ復元すれば、全ての問題が一度に解決すると掲載する朝鮮日報記者。この記者は起業をネタにしているが、中国は自分で起業するのを夢に働くが協力性はない。韓国の場合は生活の糧は中小企業である。しかも10年の間に倒産する比率は100%だと中央日報は言う。その企業に88%もの雇用を担って、韓国民の生活基盤を築いている。これではいくら経済が良くなっても財閥と幹部連中は懐が温かくなるが、88%の雇用された人材への恩恵はない。平均年収が200万円とか250万円とか言われる中、一向に年収が増えない理由である。

まして大手企業で利益ある企業は12%雇用率のうち3%程度しかないのではないか。平均年収が日本に近付いたとかいうが、サムスンの製造社員は年収250万円程度あるし、製造幹部で350万円程度の日本人である。そう考えると、中小企業を豊かにすることを考えない限りは、希望は無いわけで、中小企業改革が重要であることが理解できるだろう。しかしこの記者は理解していないようだが…。中小企業が自分たちで受注できるシステムにする必要がある。営業やマーケティングという業務を教育させて中小企業へ配属させ、単に大手企業へ部品を納入するだけではなく、同業者は連携し、営業規模を大きくし、自分たちで他国から受注できる企業体力をつけることが重要だ。他国との合弁会社や事業提携で、企業設備や技術の充実はさらに重要となる。

日本の中小企業は、企業体力は高いし技術も高い。大手企業の土台となっている。自分たちで世界から部品を受注しているわけで、起業が夢ならばよいというわけではない。財閥企業すでに外資企業で、自国貢献度は低い。大手企業の利益は、財閥経経営者やヘッドハンティングした幹部連中と株主である海外投資家への補てんでしかない。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月23日 10:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp