韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  自称「柔軟な大国」中国の韓国軽視

自称「柔軟な大国」中国の韓国軽視

北京の駐中大使公邸で19日夕、開天節(建国記念日)と国軍の日を記念するレセプションが開かれ、深刻なスモッグにもかかわらず、各国の外交使節、在留韓国人、企業関係者ら1700人余りが出席。韓流文化公演や韓国料理を楽しんだ。

今回のレセプションは例年と異なる点が一つあった。金章洙(キム・ジャンス)駐中大使があいさつを述べた韓国式建築の2階に設けられた主賓席が空いていたことだ。主賓席は駐在国である中国に割り当てられていたもので、昨年には全国人民代表大会(全人代)の傅瑩報道官、その前年には劉振民外務次官が着席した。しかし、今年は誰も座っていなかった。中国外務省が次官級以上を出席させるという慣例を破り、参事官級の課長クラス以下へと出席者を格下げしたからだ。幹部の欠席も当日になって連絡があった。

中国は孔鉉佑外務次官補の訪韓など懸案が多い点を理由に挙げた。しかし、中国政府の他の官庁も約束でもしたかのように課長クラス以下が出席しただけだった。結局韓国大使館は主賓不在でレセプションを開いた。

9月26日に在韓中国大使館がソウルで開いた中国の国慶節レセプションには、韓国外交部(省に相当)の林聖男(イム・ソンナム)次官、李洪九(イ・ホング)元首相らが出席した。それを知らないはずがない中国の対応は礼を失したものだった。終末高高度防衛ミサイル(THAAD)関連の対立に伴う腹いせではないかという分析が聞かれる。


スポンサードリンク


レセプションでは「大国を自称する国が小国じみた外交を行っている」と舌打ちする人が多かった。ある出席者は「米日のような国とはいくら対立があってもこんな稚拙な行動は取らない。つまり韓国を軽視しているのだ」と話した。 

先週在中韓国大使館に対する国政監査で野党議員が「THAAD問題で対立があっても中国は大国だ。柔軟性がある」と積極的な対中外交を求めた。対中外交を熱心に進めるべき点は正しいが、中国が「柔軟な大国」だというのはとんでもない過大評価だと感じた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/21/2016102102094.html

【管理人コメント】
昨年週刊ダイヤモンドが、日韓ビジネスマン6000人を対象に行ったアンケートでは、「ビジネス上、韓国は必要な国ですか」の質問に対して、日本人の実に8割が「必要ない」と答えるなど衝撃的な結果が出た。政治・外交上の冷え込みと異なり、冷静な日韓関係を構築していると見られていたビジネス上でも、嫌韓意識が急台頭していることをうかがわせた。昨年までの日韓は、“断絶”といえるほどまでに冷え込んでしまったわけで、そして中国景気の急減速のあおりを受けて混迷する韓国経済の現状…。

日本からすれば大半は韓国は必要ないと思っているわけで、中国からすれば、韓国の使い道は終わりに近い。雇用補填で韓国大手企業は工場を建設し、自国よりは中国で雇用を増やした。その一方で韓国政府はというと、朴槿恵がみせた習近平への思い。自身が中国語堪能など程に中国に頼った。歴史を見れば中国には逆らえないのが、朝鮮半島の国々だったわけで、いまなおその状況は同じである。韓国の自己都合で、何かとGDP世界何位とかを語っても、自国民への補てんは無いのが現状である。小さい国が大きな貿易を実施しても、すぐ通貨危機を起こす危険な小国である。アメリカなしでは北朝鮮に対抗すらできない国であるから、軽視されるのは当然だろう。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月23日 10:35 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
勝手な願望
他国で開く建国記念日だから、これは内向きの行事であって、
来席人物の階級をあれこれ望むのはまったく身勝手なことです。

来る人のレベルで親韓度を測ろうというのだから、
結果は中国の韓国評価は低下したということ。
中韓のTHAAD論争はまだケリが付いていないし。

こういう行事には政界OBが一番いい。中国にはそういう仕事を
させる人材の用意がなさそうだ。胡錦濤や温家宝は何をしているだろう。

日本で行われた韓国の建国記念日式典には公明党の山口那津男代表が
出た。ぴったりの人物だ。
(この山口氏は目下、安倍政権の高級な中韓使い走り役)

今年のベトナム独立記念式典には二階幹事長、世耕経済産業省大臣が
出ている。安倍政権の外交のメリハリがみえます。
[ 2016/10/23 12:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp