韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  ベビーブーマーの50代、韓国国民の中で生活満足度が最も低い

ベビーブーマーの50代、韓国国民の中で生活満足度が最も低い

韓国国民の生活の満足度が最も低い年代は50代という調査結果が出た。
韓国保健社会研究院が23日に発表した「2015、保健福祉政策の需要調査及び分析」報告書によると、20代以降生活の満足度は下がり続け、50代で最も低く、その後はまた上がる「U字型」の変化を見せた。今回の調査は、保健福祉の需要や政策に関する国民の認識を調べるため、1千人を対象に暮らしの満足度、福祉政策について電話アンケート調査を行ったものだ。

調査結果によると、生活に満足しているという回答は、20代が82.6%で最も高く、30代が75.5%、40代では71.4%に低下しており、50代では66.9%で最も低かった。ところが、60~64歳は生活に対する満足度が71.6%で再び高くなり、65歳以上の満足度は78.1%でさらに高かった。同報告書は「50代の生活に対する満足度が最も低いということは、ベビーブーム世代である彼らの哀歓を間接的に確認できる結果」だと説明した。

現在最も悩んでいることについて尋ねる質問に対しては、健康が25.2%で最も高く、子どもの教育が20.1%でその後に続いた。年代別では20代の場合、就職や仕事の悩みが37.4%で最も多く、30代と40代は子どもの教育(30代31.3%、40代36.2%)を最も多く挙げた。さらに、50代以上は健康(50代32%、60~64歳46.6%、65歳以上53.8%)が最も大きな悩みの種だと答えた。


スポンサードリンク


調査対象者全体の生活に対する満足度は、6点満点に4.08点で、かなり高いレベルであり、2012年の平均3.84点から2014年には平均4.03に上がったのに続き、上昇傾向を見せた。福祉政策の拡大のために増税が必要かどうかを問う項目には、賛成が46.7%、反対が53.5%で、増税に対する反対意見が賛成意見を少し上回った。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25470.html

【管理人コメント】
韓国の若者は幼い頃から勉強ばかりで、やっとのことでソウル市内の大学に入っても、男性は軍隊で時間を浪費し、就職は大学よりも狭き門で厳しい状態である。一方、日本の若者は、学校での部活動が盛んで、さらに生活の質も高い。大学に入るのは大変だが韓国とは異なり、地方大学に競争力があるため、家から近い大学に通うことも多い。就職においては中小企業に競争力があるため韓国より遥かに就職しやすいし、将来性もある。日本は韓国より生活の質においても大きく違うという事だ。

まして老後を考えれば、年金システムが充実しており、これが若者の希望となるわけで、さらに企業の退職金制度も充実している。失業保険制度や医療制度等々を含めて考えても、韓国と比較にはならない。それでいて韓国メディアでは平均年収が日本に近付き云々…。。。という記事が出回る。その一方で家計負債は120兆円近い数値だ。

韓国保健社会研究院が、中間富裕層にアンケートを取ったところで、正しい答えは見つからないだろう。
生活に満足している国が経済低迷になるたびに、破綻するだろうか…。
韓国メディアはもっと正確に情報を伝えてほしいものである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月24日 09:55 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp