韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  平昌五輪で、お粗末なPR動画に非難の嵐

平昌五輪で、お粗末なPR動画に非難の嵐

韓国文化体育観光部(省に相当)が先月27日に公開した平昌冬季五輪のPR動画『アラリヨ、平昌(Arari Yo!)』が、インターネットで「お粗末だ」と非難されている。PR動画は動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開された。冬季五輪の開催地である平昌に来れば「ダンスウイルス」に感染する、という内容だ。ジャズグループ「ウィンタープレイ」のメンバー、イ・ジュハンが韓国の民謡アリランを編曲し、ヒョリンが歌っている。動画は、予算2億7000万ウォン(約2500万円)に上る平昌広報プロジェクトの一環として制作されたが、インターネットでは「お粗末だ」「恥ずかしい」「まるで中高生の映像同好会の作品だ」などといった否定的な反応が相次いでいる。

動画の冒頭ではコメディアンのチョン・ソンホが米国のコメディアン、コナン・オブライエンに扮し、平昌の高速道路料金所に着いたヒョリンを出迎える。オブライエンは確かに今年、韓国を訪問したが、なぜ平昌のPRにオブライエンが登場するのかがよく分からない。さらに、コメディアンのキム・ジュンヒョンが登場し、料理を食べている最中に「ダンスウイルス」のせいで体が勝手に動き出す。スキージャンプの選手がジャンプの姿勢で1トントラックの上に乗り、ショートトラックの選手たちはインラインスケートに乗って橋を渡る。学生たちは浴槽で作ったボブスレーで道路を滑る。面白さに主眼を置いているようだが、笑えるような面白い内容ではなく、かえって物笑いの種になっている印象だ。

平昌冬季五輪のPR動画なのに、主に出てくるのは農道、スーパーマーケット、住宅の屋上など、平昌とは関係のない場所だ。新しく建設される五輪の競技場は1か所も出てこない。ネットユーザーたちは、ブラジル・リオ五輪の閉会式で流れた日本の2020年東京五輪PR映像と比較し、平昌のPR動画を激しく非難している。日本が制作した東京五輪のPR動画は、ドラえもんなど人気キャラクターを利用したクールなものだった。


スポンサードリンク


文化体育観光部は18日「動画はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで外国人に口コミで広める目的で作った」として「外国では肯定的な反応が見られている」と釈明した。口コミを利用したマーケティングという趣旨は理解できるが、わざわざ韓国人と平昌を物笑いの種にする必要があったのだろうか。「文化五輪」を具現するという韓国政府が、今後どのような「文化」で平昌を世界にアピールするのか、期待より心配の方が膨らんでくる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/23/2016102301600.html


https://www.youtube.com/watch?v=mY-Z-ps_fEk

【管理人 補足記事&コメント】
何というのか…。
産経ニュースは6月、平昌五輪では開・閉会式を実施するメインスタジアムがまだ着工もされていなかったと報じた。5月22日付の朝鮮日報(電子版)は「早ければ」という条件付きで6月末に始まるとし。財政支出を抑えようとして事業計画が二転三転した杜撰さが影響し、着手がドンドン遅れた結果だ。開会式の予行演習のために来年9月までに完成させなければならない。猶予は1年2カ月。ところが、私有地の44%近くが買収できておらず、強制的な手段で接収すれば所有者などからの反発が予想されるという。突貫工事では逆に経費がかさむうえ、安全を軽視した、いい加減な工事で事故を招いたら、それこそ世界の笑いものになる。

平昌五輪では競技場12カ所のうち、6カ所が新設となる。事業計画や用地買収の遅れなどで工事の遅延が社会問題になっている。新設するメインスタジアムも15年1月に工事が始まるとされたが、建設場所の紆余曲折や、事業費の削減検討、設計の変更などの諸問題で着工時期が遅れている。最近開催不可能という記事は見ない…。PR動画とともに、すでにあきらめているのだろうか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月24日 11:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
推測ですが
これは私の推測ですが、IOC委員は平昌で建設会社の人たちが韓国オリンピック協会の人たちに給与払えと詰め寄った場面に遭遇しています。また、競技場の建設は進んでいますが、開会式会場やホテル、選手や観光客の輸送インフラは進んでいないのを目の当たりにしています。そこでIOC委員はなんとか日本に助けを求めれないか思案していたときに日本側に思ってもみない問題が発生。それがボート会場などの見直し案だった訳です。つまり、いくつかの会場を日韓でバーターすることによて平昌が可能となる。。。
これはあくまでも推測ですが。
[ 2016/10/24 17:42 ] [ 編集 ]
PVではない
評判があまりに悪いので見たのですが、確かにひどい。
起承転結、ストーリーにはこれがないとまとまりません。
このビデオは起承、起承ときて起承のまま終わっている。
言うなれば、落ちのない落語。笑いの取れないコントです。

これなら私が作ったほうがもっと面白くできそうだと真面目に思いました。
[ 2016/10/25 18:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp