韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LG電子の65インチOLEDテレビ、米で最高評価

LG電子の65インチOLEDテレビ、米で最高評価

LG電子の65インチ有機発光ダイオード(OLED)テレビが米国の消費者評価雑誌「コンシューマー・リポート」から過去最高となる85点の評点を受け、トップに選ばれた。同誌は23日、「LG電子のOLEDテレビは画質が優れ、画面の視野角のひずみも生じない。これといった弱点が見当たらない製品だ」と評した。

同誌は今年6月、LG電子の55インチOLEDテレビに当時の過去最高点である84点を付けたのに続き、再びLG製品に最高点を与えた。今回の調査で上位に入った13製品のうち8製品がLG電子製だった。サムスン電子も65インチの超高画質(SUHD)テレビが5位に入るなど4製品が上位入りを果たした。日本勢はソニー・ブラビアの65インチ製品が8位に入っただけだった。テレビでは韓国企業の製品が上位を独占し、品質を認められた格好だ。

LG電子は米国のドラム式洗濯機市場でも1位となった。市場調査会社スティーブンソン・カンパニーによると、LG電子は米国でのドラム式洗濯機市場のシェアが今年1-9月に25.8%を記録し、2007年以降10年連続で首位を譲っていない。

LG電子関係者は「昨年末に米国市場に投入したツインウォッシュ(ドラム式と槽式を組み合わせた製品)が好調を見せている」と説明した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/24/2016102400563.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
昨年(2015年)、LGは白色OLEDとカラーフィルターを用いた、RGBW画素構成のOLED(有機EL)パネル量産設備を整え、他社へのOEM供給を本格的に開始。大型液晶パネルの採算性が著しく下がっている中、彼らは大勝負をかけたのだ。 量産技術は無理をしてでも立ち上げると、問題の絞り込みと解決ノウハウが積み上がって歩留まりが上がってくる。65~55インチという大型テレビでのOLEDパネル量産は、いよいよ軌道に乗り始めたのだろう。

LGは13日、有機ELテレビ「LG OLED TV」3シリーズ5モデルを発表した。最上位「OLED E6P」シリーズの65型が90万円前後とまだ高価だが、最廉価のB6Pシリーズの65型「65B6P」と55型「55B6P」は、液晶テレビの1.2倍程度の価格になるとアナウンスされた。おそらくだが、B6Pシリーズならば、30万円台での有機ELテレビが入手できるのではないだろうか。高価なE6Pシリーズに関しても、かつてプレミアムクラスのプラズマテレビが100万円していたことを考えれば(画質次第では)、充分に手の届く範囲に価格が落ちてきたと言える。

有機ELはその名の通り有機素材を使うので、寿命(経年変化による輝度の低下)が避けられない。3色を使った有機ELは、3種類の有機素材を使うため、寿命がバラつく。わかりやすく言うと、使っていくうちにだんだんと明るさが落ちるならばあまり気にならないが、例えば青の有機素材だけが寿命が短いとカラーバランスが崩れて画面が黄色っぽくなっていくので劣化に気付きやすい。すべて同じ素材(白色)の有機ELならカラーバランスが崩れる心配はない。ちなみに有機素材の寿命についても、現代の薄型テレビとして問題のないレベルにある。一般的なテレビの買い換え周期である7~10年くらいの使用では問題ないと考えてよいだろう。

圧倒的な高コントラストに加えて、広色域再現も十分な性能を持つなど、液晶を圧倒する実力を持つ有機ELだが、すべての面で液晶を超えるかというとそうでもない。 それが画面の明るさ。プラズマとの競争で勝利した原因もこれだが、液晶は専用の光源を持つため明るい。ブラウン管の時代から、「画面の明るいテレビの方がきれいに見える」という心理的な効果は知られており、だから今の薄型テレビにも店頭で他社のテレビと並べたときに隣のテレビに負けないように、ギラギラと画面を明るくする「店頭モード」がある。

このあたりから考えると、明るい場所では液晶が有利で、映画は暗室で見るという…こだわりの画質派にとっては有機ELが有利になる。とはいえ価格崩壊する製品である。スマホや自動車と違って、あっという間の価格崩壊に対応できるのか…。日本は自国の内需活性化で技術革新を実施し、世界市場からは撤退している。また、高コントラストは目が疲れるわけで、さらに消費電力が液晶より低いというが、現状理想通りではない様だ。OLEDテレビは今後の主流となるとはいえ、まだまだ技術革新はこれからと言える…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月24日 11:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
日本企業は進歩している
LGはなんちゃって有機ELしかないからそれしか話題はない。
一方日本では、パナソニックは透明パネルでのTV製品化決定。
ソニー無機ELで産業用で製品化。これはまるで実物を見ているような鮮明さ。
世界最大のパネルは三菱電気。
あと、テレビは制御チップで製品に差別化がなる。そりゃ、テレビパネルの加工は韓国にさせますよ。
それを知らない日韓のマスゴミはテレビは韓国が世界一とか報道。なんか日韓のマスゴミはかわいそうになってきた。。。
[ 2016/10/24 20:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp