韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  自衛隊、攻撃受けなくても武力使用に出るか?

自衛隊、攻撃受けなくても武力使用に出るか?

日本の自衛隊が、1954年7月の創設以来初めて、直接攻撃を受けなくても武力を使用できる任務を与えられ、海外に派遣される見通しだ。今年3月、集団的自衛権の行使を可能にする安保関連法が制改定されてから、日本の自衛隊の質的変化が徐々に始まろうとしている点で注目される。

安倍晋三首相は今月23日、埼玉県の朝霞陸上自衛隊訓練場で行われた自衛隊観閲式に出席し、昨年3月に施行された「この法制(安保関連法)によって、諸君には新しい任務が与えられることになる。これはすべて、尊い平和を守り抜き、次世代へと引き渡していくための任務だ。(自衛隊の諸君は)そのことを肝に銘じ、かけがえのない平和の守り神として、精強なる自衛隊を作り上げてほしい」と述べた。

安倍首相が言及した「新しい任務」は11月、南スーダンに派遣される次期自衛隊平和維持活動(PKO)部隊に与えられるとされる「駆け付け警護」任務を意味するものとみられる。「日本経済新聞」など日本のマスコミ各社も24日、「(現在)陸上自衛隊は『駆け付け警護』など安全保障法に基づく新任務を遂行するための準備を進めている」と報じて、このような事実を裏付けた。

日本の平和憲法の核心である「第9条」のために、海外派兵自体が不可能だった日本の自衛隊が、世界平和への貢献を名分に掲げ、国連(UN)平和維持活動に参加することになったのは、1992年からだ。


スポンサードリンク


しかし、それ以降も日本政府は、自衛隊が直接攻撃を受けたり、自衛隊の直接的な保護の下にある民間人が攻撃を受けない限り、自衛隊が(先に)武器を使用しないように厳しく制限してきた。この制限を緩和すれば、自衛隊が現行憲法が固く禁止する「海外での武力行使」に巻き込まれる可能性が高まるからだ。

しかし、日本政府は昨年9月、自衛隊の周辺の国連職員など民間人が武装勢力によって攻撃を受けた場合、彼らを助けるために現場に出動する「駆け付け警護」と「宿営地の共同防護」などの任務を実施できるよう、法を改正した。また、このような任務を遂行する過程で、自衛隊が武器を使用できるようにした。自衛隊はこれまで初めて、自分が攻撃を受けていない状況でも、武力を使用できるようになったのだ。
(略)
http://japan.hani.co.kr/arti/international/25483.html

【管理人 補足記事&コメント】
国際連合平和維持活動は、国連憲章でうたわれた集団安全保障を実現し、紛争において平和的解決の基盤を築くことにより、紛争当事者に間接的に平和的解決を促す国際連合の活動であり、日本ではPKOと略されることが多い。PKOに基づき派遣される各国軍部隊を、国際連合平和維持軍という。

武力行使は常に最低限、統制的に実施しなければならない。これは受入国の信頼、派遣地域の緊張状態、平和維持軍参加国の態度を悪化させる危険性が高いからである。無撃的武力は車両による道路封鎖など、加撃的武力は小火器の使用などが挙げられる。最終的手段としての加撃的武力の行使は自衛戦闘においてのみ認められている。

今回の駆け付け警護では、最初は武器を使用せず、暴徒を説得したり、機動隊が使うような盾で暴徒を押し出したりするような対応が想定される。それでも状況が打開できない場合、指揮官が武器の使用を行うかどうかを判断する。安倍晋三首相が「危険な場所だからこそ自衛隊が現地でPKO活動を行っている」と強調するように、陸自部隊の活動は危険と隣り合わせだ。治安を守るための監視・巡回活動は任務に含まれず、活動地域もジュバ周辺に限定されるとの事。

それでもなお、来月20日に南スーダンに派遣される第11次隊の中心となる陸自第5普通科連隊には重い責任がのしかかる。軽率な武器使用は許されないし、武器使用に慎重になりすぎれば部隊全体に危険が及びかねない。日本はアジアのリーダー国として平和維持活動は重要となるわけで、危険な場所だからこそ自衛権行使という意味では危険な任務とある。韓国メディアはすぐ”攻撃受けなくても武力使用”とか大騒ぎすること自体が論外だが、世界を牽引する日本という国が敗戦国というレッテルから離脱し、新しい日本を築くという意味では、自衛隊任務としてはあるべき姿に近づいた事になる。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月25日 09:39 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp