韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ネイバー、「未来技術開発法人を来年初頭に設立」グーグル・アップルに技術競争を宣言

ネイバー、「未来技術開発法人を来年初頭に設立」グーグル・アップルに技術競争を宣言

国内最大のポータル会社であるネイバーが、人工知能(AI)や自動運転のような未来技術の開発を加速させている。グーグル、アップルなどと技術競争を繰り広げると宣言した。

ネイバーは、研究開発(R&D)組織(ネイバーラボ)のうち、人工知能・自動運転・ロボテックス(ロボット工学)のような未来技術の開発を担当しているチームを子会社として分離することにしたと24日明らかにした。未来技術開発法人は理事会の承認手続きを経て来年初頭に設立され、ネイバー最高技術責任者(CTO)のソン・チャンヒョン氏(49)が代表を兼職する予定だ。ネイバーは「組職が大きくなり、意思決定の手続きが複雑化したネイバー内部に置いていては、日々激しくなっている未来技術開発や商用化競争でリードしていくことができないという判断によるもの」と説明した。

ネイバーはこの日、2日間の日程でソウル三成洞(サムソンドン)のコエックスで開幕した「2016ネイバー開発者カンファレンス」で、内部的に「生活環境知能」という新しい研究開発目標を定め、研究開発の推進体系をアグレッシブに変えていると明らかにした。ネイバーは国内外の開発者が参加し現場経験やアイデアを共有できるようにするという趣旨で、毎年このイベントを開いている。

ネイバーは「生活環境知能という自動運転車、対話型人工知能、高級通訳・翻訳などを通じて、人工知能サービスを日常生活の中に拡散させる」とし、「独立する未来技術開発法人が、生活環境知能の実現の中心地の役割を担う」と話した。


スポンサードリンク


ネイバーはこの日、生活環境知能の実現目標によってこれまで内部的に開発してきた対話型人工知能エンジン「アミカ(AMICA)」と、通訳・翻訳アプリ「パパゴ」を公開した。アミカは人の話を理解し自然な回答もする人工知能技術だ。協力企業がこれをアプリやスマートカーなどに搭載すれば、人工知能のサービスが可能になる。ソン・チャンヒョン最高技術責任者は「サムスン電子のモノのインターネットのチップセットである「アティック」にアミカが搭載され、流通・食飲料メーカーであるSPC、有名配達アプリ「配達の民族」、人気宿泊アプリ「やあ遊ぼう」などもアミカが基盤の新しいサービスを開発している」とし、「スタートアップの活発な参加を誘導するため、『オープン・アミカ・アライアンス』も発足した」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25480.html

【管理人 補足記事&コメント】
韓国国内では、検索回数で77%(2010年現在)でGoogleやYahooといった他社を圧倒するシェアを有する検索サイトである(Yahoo! Koreaは、2012年12月31日でサービス終了)。2010年には、ネイバージャパンの母体であるNHN Japanが日本の有名ポータルサイト ライブドアを70億円で買収し、韓国国内や日本のIT業界で話題になり、その経緯でライブドアの検索エンジンがGoogleからNAVERへと切り替わった。

従業員2000名規模である。純利益で500億円規模の企業である。一人当たりの純利益は2500万円規模となる。ネット上の情報コンテンツを集めて、新しいコンテンツとして価値を持たせて共有するという意味で、これを実行する人を「キュレーター」と呼ぶ。今は、ネット上に情報が溢れている時代なので、長時間掛けて検索をするよりも、キュレーターがまとめた情報を入手した方が何倍も効率が良い。このようなキュレーション作業を簡単に出来て、さらに現金収入まで可能になるサービスとして「NAVERまとめ」などが有名である。

ネイバー(NAVER)は、人工知能(AI)技術をベースにした自動通訳アプリ「パパゴ(papago)」を8月にリリースした。「パパゴ」は韓国語・日本語・中国語・英語など、すべてで4つの言語を翻訳することができる。一般的なテキストや音声のほか、写真の中の文字まで通訳および翻訳することが可能だ。ユーザーの状況を考慮した便利な機能も際立っている。複数の意味を持つ単語をイメージで表現して誤差を減らすようにした。例えば「(味が)苦い」を通訳する場合、しかめ顔をしている表情をイメージとして表示してくれる。また、金額に関連する内容は、リアルタイムの為替レートを適用して翻訳してくれる。

ネイバーは、Androidバージョンに続いて9月中にアップルのiOS版もリリースする予定だ。2018年の平昌冬季オリンピック期間に韓国を訪れる外国人がこれを積極的に活用できるように品質をさらに高度化する計画だという。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月25日 10:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp