韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ノート7をギャラクシーS7に交換すれば、S8の購入時に分割払い金の50%を免除

ノート7をギャラクシーS7に交換すれば、S8の購入時に分割払い金の50%を免除

三星(サムスン)電子が、ギャラクシーノート7の回収率を高めるための新しい補償プログラムを発表した。三星電子は、ギャラクシーノート7ユーザーがギャラクシーS7シリーズに交換した場合に限って、「ギャラクシーアップグレードプログラム」を運営すると、24日明らかにした。来年に三星電子が出すギャラクシーS8シリーズを購入する際、ギャラクシーS7の残りの分割払い金(12ヶ月)を帳消しするという内容だ。使用したギャラクシーノートS7の端末は返却する条件だ。

ギャラクシーノート7のユーザーの立場から見れば、今回のプログラムは三星電子のギャラクシーS8シリーズが市場に出る前まで、レンタル料を払って、ギャラクシーS7シリーズを利用するのと同じだ。現在、ギャラクシーS7の価格(出庫価格基準)は83万6000ウォン、ユーザーらは、三星電子が免除を約束した12ヶ月分の残余分割払い金を除く41万8000ウォンを、1年間の使用料として払いながら、ギャラクシーS7シリーズを使うことになる。もし、1年間を満たす前にギャラクシーS8シリーズの購入を希望するなら、購入時期から12ヶ月までの間の残余分割払い金は完納しなければならない。

現在、スマートフォンを購入する際、端末の価格は24か月分割払いが普通となっている。今年末までに必ず別のモデルを購入しなければならないギャラクシーノート7のユーザーらにとっては、来年の年明けに三星電子の後続モデルへの交換を希望しても、交換した新しいスマートフォンの24か月間の分割払い納付がネックとなることもあった。三星電子側は、「ギャラクシーノート7のユーザーらの24か月間の約定割引負担を解消するために、今回のプログラムを用意した」と明らかにした。
モバイル通信業界によると、現在、ギャラクシーノート7を交換または払い戻しした人は、ユーザー全体(約50万人)の10%をやや


スポンサードリンク


上回っている。三星電子の関係者は、「ギャラクシーノート7のユーザーらは、安全のために速やかに製品交換をしてほしい」と話した。三星電子は、SKテレコムやKT、LGユープラスなどの通信会社とプログラムの細部内容について調整後、公開する予定であり、今回のプログラムは11月30日まで運営する。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/767465/1

【管理人 補足記事&コメント】
来年に三星電子が出すギャラクシーS8シリーズを購入する際、ギャラクシーS7の残りの分割払い金(12ヶ月)を帳消しするという内容だ。使用したギャラクシーノートS7の端末は返却する条件だというが、何ともケチ臭い対応である。S8無償交換の対象とすればよいだろうに…。そこまで実施出来ない理由があるのだろう。すでにサムスンは経営に響いているのではないか…。とはいえ破裂や発火クレームで人命にかかわる事故が多発すれば、様相は大きく変化する。そうならないうちに速やかな対応が望ましいが…。現在、ギャラクシーノート7を交換または払い戻しした人は、ユーザー全体(約50万人)の10%というが、そのうち大きな火種となりそうだが…。

一方、ハンギョレ新聞は、サムスン電子がギャラクシーノート7の異常燃焼原因を正しく究明したのかという指摘もあるとし、二次電池の専門家(次世代電池イノベーションセンター初代センター長)のパク・チョルワン博士は「産業通商資源部傘下の国家技術標準院安全諮問委員会資料によれば、サムスン電子が新しいギャラクシーノート7を発売した9月末にも、異常燃焼の原因がきちんと把握されていない」と主張したと伝えている。彼は「本来ハードウェアの問題を指摘する前に、最初にするのはファームウェアのアップデートだ。異常燃焼の原因をバッテリーと決め打ちした結果、バッテリー以外のスマートフォン内部の問題をきちんと追求できていない」と指摘したという。

個人的には原因は明確だろうと思うが…。それをこのタイミングで公表できないだけでは…。少なくとも回路は単純である。ハード上の問題ならばすぐわかるだろう。一方OSの問題ならば大問題となる。自社OSであるから、破裂はしないとはいえ、対象数は爆発的に拡大する。アップデートで対応すれば、それを解析する連中は多いわけで、すぐばれる。。。クレームというのは隠し事をしないほうが傷は浅い。大きな問題となるほどに早い対応が望まれるわけで、先送りするほどに被害が広がるのがクレームで有り、二次クレームにつながる事のほうが恐ろしい…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月25日 10:58 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp