韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ホンダ・フリードが絶好調 発売1カ月で販売計画の4倍超受注のワケ

ホンダ・フリードが絶好調 発売1カ月で販売計画の4倍超受注のワケ

9月16日に発売された新型ミニバン「ホンダ・フリード」の販売が、1ヵ月で累計受注台数2.7万台と、好調に推移しています。 販売計画である6,000台/月の4倍超を受注しており、「フリード」(3列シート/6~7人乗り)は子育て層、「フリード+」(2列シート/5人乗り)は独身や子離れ層の顧客が多くを占めているそうです。

同社によると、好評点として以下を挙げています。
 ・先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」
 ・エクステリアデザイン
 ・多彩なシートアレンジと広い室内空間
 ・車中泊が可能なフラット空間、超低床下収納
 ・力強い走りと低燃費を両立したパワートレイン
2代目となったフリードシリーズでは、兄弟車の「フリードスパイク」が「フリード+」に改名され、HV用の駆動モーターには大同特殊鋼と共同開発したレアアースを使わない世界初のネオジム磁石が採用されています。 ガソリンモデルには1.5L直4エンジン(131ps/15.8kgm)を搭載。ハイブリッドモデルには1.5L直4エンジン(110ps/13.7kgm)に駆動用モーター(29.5ps/16.3kgm)が組合わせられます。


スポンサードリンク


販売台数の構成比は、フリードが36%、同HVが38%、フリード+が11%、同HVが15%と、いずれもハイブリッドモデルがガソリンモデルを上回っており、全体ではハイブリッドモデルが半数を超えている状況となっています。グレード別で見ると、ガソリンモデルでは「G Honda SENSING」(70%超)、ハイブリッドモデルでは「HYBRID G Honda SENSING」(50%-60%超)がそれぞれ売れているようです。

メーカーオプションでは「Honda SENSING」の装着率が80%を超えています。 気になる燃費は、ガソリンモデルが19.0km/L(4WDは17.6km/L)、ハイブリッドモデルが26.6-27.2km/L(4WDは25.2km/L)となっており、ハイブリッドモデルの燃費がトヨタ シエンタと同一であることから、ホンダが同車をライバル視していることが読みとれます。 車両価格はフリードが188万円~(HVは225.6万円~)、フリード+が190万円~(HVは227.6万円~)となっており、4WD仕様はさらに22~23万円高の設定。
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20161025/ecn1610251130008-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
ホンダは2017年投入の新型車として次期型N-BOXをはじめシビックセダン、ステップワゴンハイブリッド、フィットのビッグマイナーチェンジを予定している。最も力を入れているのは次期型N-BOXで、このフルモデルチェンジによって軽自動車ナンバーワンの販売台数確保を狙っている。次期型は標準タイプとスポーツ上級バージョンのカスタムとのコンセプト分けをより明確にする。

室内の居住空間は各パーツのレイアウトの工夫によって、軽自動車最大の居住スペース確保するという。現行型N-BOXはライバルのタントやスペーシアに比べると燃費の悪さが指摘されているが、この燃費性能を次期型ではどこまで向上させ、追いつくかが注目と言える。

一方、9月16日発表、発売した新型フリードは絶好調の滑り出しだ。月産6000台の計画に対して、これを大幅に上回る受注ピッチとなっている。今後月産8000台以上へ増産するとしている。ホンダは連結で社員20万人である。売り上げで11兆円を超え、営業利益は7500億円を超える。ちなみに、現代自で従業員が34000人規模である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月25日 14:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp