韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  滑らかになったグレンジャーIG、スマート機能が大幅に増える

滑らかになったグレンジャーIG、スマート機能が大幅に増える

年末の国内自動車市場で期待作と言われている現代(ヒョンデ)自動車の新型グレンジャーがベールを脱いだ。
現代自は25日、ソウル瑞草区(ソチョグ)にあるザ・ケイホテルで、出入り記者団に対してグレンジャーIGの実物を公開し、事前メディア向け説明会を開いた。かつてのモデルであるグレンジャーHGに比べ、さらに簡潔で滑らかになったデザインや多様なスマート機能で、今後、現代自が販売業績をけん引するものと期待しているモデルだ。

グレンジャーIGは、先月発売された「ホットハッチi30」に初めて適用された「カスケ―ディンググリル」を前面部に適用した。韓国陶磁器の曲線から取ってきたカスケ―ディンググリルは、今後発売される現代自のすべての車種に適用される予定だ。後部は、かつてのモデルでテールライトを横につなげたデザインを維持するものの、よりシンプルに変えた。また、二つのテールライトを繋ぐ真ん中の部分も、照明が入るように変えた。

現代自は、自動緊急ブレーキシステム(AEB)、後側方衝突防止支援システム(ABSD)、不注意運転警報システム(DAA)など、計6件の安全や利便補助装置で構成された「現代スマートセンス」を、グレンジャーIGに初めて適用した。エンジンは、ラムダII3.0GDI、R2.2e-VGT、セタII2.4GDIの3種類が適用される。最近、米国で欠陥を巡る議論が起きたセタIIのエンジンが搭載されたことについて、同日、現代自の関係者は、「国内で生産されるセタIIのエンジンは何ら問題がない」と言い、「欠陥議論が起きたことについて謝罪する」と語った。発売は11月半ば以降を予定しており、価格はまだ公開されていない。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/768139/1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
現代自動車のグレンジャーHGなど国内で販売中の車両の大部分で走行中に車内への一酸化炭素流入が確認されたのだ2011年だ。交通安全公団自動車性能研究所は最近、排出ガスが自動車内に流入するという嘆願が提起されたグレンジャーHGなど三車種に対して製作欠陥調査をした結果、走行中に一酸化炭素が12.6~36.7ppm検出されることが明らかになったとした。 当時、環境部の一酸化炭素室内許容基準値は10ppmだという。

調査は車両の室内空気調節装置スイッチを内部循環状態にして時速100~140kmの速度で約30分間、急加速と急減速を繰り返す極端な走行状況でなされた。外気が流入する外部循環状態にした時には一酸化炭素がほとんど検出されず、走行中も80km以下では排出ガスの室内流入現象が微小だった。一酸化炭素はトランクの換気口を通じて入ってくることが明らかになった。

ヒュンダイ・グレンジャーは、 2013年6月7日消費者院によると、グレンジャーHGの場合、昨年11月以降、エンジンのピストンがボンネットを突き抜けて脱出したという報告が3件受付され、同年4月の事故では火災まで発生したことが分かったとした。 このため、該当車両のエンジンルームが全焼したという。 消費者院は現代車にも公文書を送り、事故に関連する資料の提出を要請した。

ヒュンダイ・グレンジャー は、韓国の現代自動車が生産する高級セダンで、三菱の指導の元に完成したのが1986~92年の初代グレンジャーである。2013年12月15日、韓国にて発表・発売開始。θ(シータ)II・直4・2.4LエンジンをMPI化とした上でハイブリッド専用に159PSにデチューンし、35kwのモーターを組み合わせた1モーター2クラッチ方式を採用(方式自体はソナタハイブリッドと同じである)。バッテリーにはLG化学製のリチウムイオンポリマー二次電池が搭載される。16.0km/Lの燃費はガソリンモデル(2359cc、11.3km/L)と比較すると大幅に向上させた。

グレンジャーIGは、「カスケ―ディンググリル」を前面部に適用したというが、品質面で低レベルではないことを祈りたいが…。自動緊急ブレーキシステム(AEB)、後側方衝突防止支援システム(ABSD)、不注意運転警報システム(DAA)など、計6件の安全や利便補助装置で構成された「現代スマートセンス」を、グレンジャーIGに初めて適用したというが、いま日本の軽自動車の安全装備のほうが優れているのではないか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月26日 11:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp