韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  世界シェア1位品目数…韓国64品目、日本231品目

世界シェア1位品目数…韓国64品目、日本231品目

#16.1%のサムスン電子vs3.9%のパナソニック。営業利益率で見た両社の競争ではサムスン電子が圧勝した。昨年サムスン電子は日本の代表電子企業であるパナソニックの4倍に達する営業利益率を収めた。また、現代(ヒョンデ)自動車は9.5%で世界最大の自動車メーカーであるトヨタの6.0%を上回った。

#0人vs16人。科学技術発展の尺度となるノーベル化学賞。この分野で韓国は日本の相手にならない。京都にある精密機器メーカーの島津製作所。この会社の主任だった田中耕一氏は2002年に当時43歳の年齢でノーベル賞を取った。名古屋大学の益川敏英教授は海外留学の経験は1度もないが2008年にノーベル物理学賞を取った。

韓国と日本の長い競争。この長い勝負の核心は2つの場面に代表される成長の質にあった。コインの裏表のように課題であり答でもある両国間の競争力の差を全国経済人連合会がまとめた韓日経済規模企業競争力比較報告書を通じてのぞいて見た。

全経連によると2013年基準で韓日間の経済格差は4倍に達した。国内総生産(GDP)基準で1980年代に両国の差は17倍に達していた。半導体とテレビ、携帯電話を中心にした電子産業の急速な発展、自動車産業の善戦で韓日の経済力格差は2000年に8倍、2010年に5.4倍と急激に縮んでいった。


スポンサードリンク


だが、経済の“基礎体力”とされる研究開発(R&D)分野では日本が6倍以上多い。また、外国為替取引分野で「円」は取引規模でウォンの約8倍に達することがわかった。このほか、円は世界の外国為替取引の23%を占め3大通貨となっているのに対し、ウォンは取引の割合が1.2%にとどまった。 グローバル競争力分野でも韓国企業は日本に大きく後れを取っていた。世界の輸出市場シェア1位品目数を見ても歴然と差が表われる。世界1位製品の数は日本が231品目で韓国の64品目より3.61倍多かった。2010年の3.54倍に比べ少しも差を減らすことができていない。フォーチュン500大企業に含まれる数も日本が57社で韓国の17社を大きく上回っている。

海外直接投資でも2013年基準で日本が韓国より4倍以上多かった。欧州委員会が2012年に各企業の研究開発規模を基準として発表した世界2000大企業調査では日本企業が353社含まれた。これに対し韓国企業は56社にとどまった。実際に日本はトヨタやホンダなど29社が研究開発に1兆ウォン以上を投資していたが、韓国企業で1兆ウォン以上の投資をしていたのはサムスン電子とLG電子、現代自動車の3社にとどまった。
http://japanese.joins.com/article/998/188998.html?servcode=300§code=300&cloc=jp|article|related

【管理人コメント】
営業利益率と語っても、製造設備は大半が日本であり定期点検も日本である。特許も数多い。サムスンなどは減価償却費を計上していないことで知られているが、莫大な広告費を使って、利益の出ないスマホを売りさばいて、世界シェアを獲得しても、大した利益にはなっていないだろう。莫大な負債の陰に隠れて、計上するべき金額を隠し、実利益は殆どないのではないか…。

なにせスマホで急激に大きくなった企業であるから、高性能スマホは儲かるわけで、自動車産業も同じだが、価格崩壊が無い。売り切りできるわけで、新製品勝負の世界であるが、スマホの世界もPC同様に技術横並びとなり、結果としてシェアを獲得するには、低価格スマホを安売り合戦で売りさばくしか方法がないわけで、サムスンのスマホも現代自の車も、安売り合戦で得た世界シェアでは、利益が出るわけがない。

しっかりと計上するべき金額を計上することである。 工場管理を含めて、実施すべきことを実施していないわけで、老朽化した工場はそのままである。日本と比較にはならないだろう。資金があるうちは新工場をどんどん建設すれば新しいわけで、一見すごい企業に感じるが、スマホの組み立て製造員は、ベトナムの未成年者が組み立てていたわけであるから、何ともいいがたいが…。現代自の韓国工場の30%は製造工数は中国工場の3倍と報じていたわけで、同じ車種で、3倍もの時間をかけて製造した車はリコールだらけである。それで利益云々という話自体が大笑いである。

そういう企業と日本企業を比較すること自体が論外だろう~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月26日 18:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
所詮、国家もそ企業もハリボテ。
儲かってる時は、イケイケドンドンで瑕疵は見えずらいけど、留まってしまえば見えてくる。
ただ、メッキが剝がれただけでしょ。
[ 2016/10/27 02:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp