韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「パニック」に陥った大統領府…参謀陣「辞めたくても…」

「パニック」に陥った大統領府…参謀陣「辞めたくても…」

朴槿恵(パク・クネ)声援の「陰の実力者」とされるチェ・スンシル氏の国政への介入を裏付ける情況が相次いで明らかになり、大統領府は深い沈黙に陥った。朴槿恵大統領が前日、国民に謝罪したが、追加疑惑が持ち上がっており、波紋がかえって広がりを見せていることで、「パニック状態」に陥っている。

チョン・ヨングク大統領府報道官は26日午前、記者団に、チェ氏が国政全般に介入したという様々な報道について、「あらゆる疑惑が出ており、すべてについて一々答えられない」として、「申し上げるべきことがあれば、(その時)申し上げる」と述べるにとどまった。大統領府の参謀らは無力感を隠せずにいる。チェ氏に関する疑惑があらゆる方面から明らかになっているため、いちいち対応し切れないとして、事実上、手を引いている。ある参謀は「全貌を知らないため、できることもない」として、もどかしさを滲ませた。

前日の朴槿恵大統領の対国民謝罪後に、イ・ウォンジョン大統領秘書室長の主宰で開かれた首席秘書官会議で、参謀たちは「一括辞任」には共感しながらも、その時期をめぐり激論を繰り広げたという。キム・ジェウォン政務首席は「いま辞任すべきだ」という意見を提示した一方、アン・ジョンボム政策調整首席とウ・ビョンウ民政首席秘書官は「今は国民を安心させ収拾に乗り出す時期」だと反論し、議論の末に保留する方向で結論が出たと、出席者たちが伝えた。ある参謀は「大統領をきちんと補佐できなかったわけだから、今すぐにでも責任を取って辞めたいが、今は問題を収拾することが優先」だと話した。


スポンサードリンク


同日、セヌリ党も大統領府首席秘書官と内閣の大幅な人事刷新を要求したが、大統領府はまず検察捜査を見守る方向に重点を置いている。ただ、朴大統領が現在の局面を収拾できるカードは「人事刷新」が事実上唯一であり、どんな形であれ、朴大統領が人事を断行せざるを得ないというのが大方の見通しだ。朴大統領も同日、人事改編の要求と関連し、李貞鉉(イ・ジョンヒョン)セヌリ党代表に「熟慮する」と言った。大統領府内部の事情に詳しい与党関係者は「今は問題をかばうのではなく、なんとしても問題を解決しなければならない時」だとし、「ウ・ビョンウ民政首席秘書官など、問題になっている人から先に進退を決めなければならない」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25506.html

【管理人コメント】
韓国の朴槿恵大統領が、演説文の下書きなど公文書を知人女性に流出させていた問題が発覚し、朴大統領の権威は地に落ちた。10月25日の朝鮮日報は「もはや、国民を説得できる最小限の道徳性を喪失し、権威を回復するのは難しいほど崩壊」しと報じ、ハンギョレ新聞は、「事実上、正常な職務遂行が不可能な状態」(ハンギョレ)になったと厳しく批判している。

今後、さらに多くの疑惑が明らかになる可能性もある。既に朴大統領はすでに死に体となっているが、任期は、まだ1年4カ月も残っている。一部では「弾劾で即終了ではない」という意見もある。朴槿恵大統領と崔順実さんの国政介入問題は、2人だけで行われたのではなく、多数の補助者と傍観者など、構造的な責任を問わなければならないという意見もある。時事INのコ・ジェヨル記者は「『朴槿恵を担いだセヌリ党』を評価する時間が必要だ」として「なぜあんな人物が国会議員になり、党代表となり、党の大統領選候補になり、大統領になったのか、検証する時間が必要だ」と主張しているが、時すでに遅いだろう。

経済低迷をよそに自身の問題で余計な混乱と、経済低迷を加速しているようでは、朴槿恵は大統領としての資質に欠けるのは明白だ。さっさとやめたところで、今の韓国には人材がいない。政府大改造と語ってもろくでもない連中ばかりでは、日本の野党が国政をになる事を考えればゾッとするが~。それ以上と考えれば手におえない状態と言えるが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月27日 09:47 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp