韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  わが国とはこんなに違う・・・中国人が知らない、日本独自の自動車文化

わが国とはこんなに違う・・・中国人が知らない、日本独自の自動車文化

世界の多くの国や地域で「便利な乗り物」として愛されている自動車。しかしその「文化」はそれぞれの風土や生活習慣などによって多少なりとも異なるのである。中国メディア・車城は17日、日本における独特の自動車文化について紹介する記事を掲載した。

記事は、東京や大阪、京都など本州の大都市を巡る1週間の旅行で見かけた日本の自動車文化の印象について紹介している。まず、多く見かけたブランドとしてトヨタ、ホンダ、日産、マツダといった世界的に有名な日本ブランドを挙げ、「十分な技術に加え、資源の限られた島国であることから、燃費の良い日本車が大部分を占めるというのも不思議ではない」と評した。

また、多く見かけた自動車のタイプでは、日本独自の規格である軽自動車を挙げた。寸法や排気量を制限する一方で減税などの優遇措置が取られている軽自動車は「エネルギー節約、排ガス削減の道を進む一方一方、日増しに高齢化が深刻化しているなかで、より実用的な軽自動車の売り上げがさらに伸びている」と説明した。

記事はさらに、日本人の自動車運転における習性について紹介。日本には「他人に迷惑をかけない」という考え方があるが、それが日常の自動車運転にも表れているとしたうえで、7日間の滞在でわずか1回しかクラクションの音を聞かなかったこと、横断歩道を渡ろうとする人がいる場合は手前で停車して譲ることを伝えた。また、高速道路において「渋滞時に車間を詰め過ぎない、路肩を走行しない」といったマナーが守られているとした。


スポンサードリンク


日本の自動車社会で最も大切にされているのは、譲りあう心だ。歩行者や他の自動車に道を譲ることでちょっとしたロスが発生したとしても、自分勝手な運転によって交通秩序が乱れることで生じるロスに比べれば非常に小さいものである、ということをドライバーたちが認識しているのである。中国の自動車社会は21世紀に入って急速に発展し、自動車所有台数も爆発的に増えた。しかし、譲り合いの精神がスムーズな交通を支えるという考え方の浸透には至っていないのが現状だ。
http://news.searchina.net/id/1621730?page=1

【管理人コメント】
しかし軽自動車とはいえ、今の軽自動車装備は素晴らしい。
スズキの衝突軽減システムはフロントガラス上部に2つのカメラを接地、前方障害物を3次元的に捉える「デュアルカメラブレーキサポート」だ。ステレオカメラ方式によって対象物との距離やサイズをコンピューターが分析し、歩行者や自動車を認識し、警告音を発生させたり強制的にブレーキを作動させたりする。デュアルカメラの持つ機能を細かくオプション設定しており、衝突被害軽減システムの他に、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能を追加することが可能だ。

ホンダはフロントガラスの上部センサーとミリ波レーダーで、日産三菱共同開発のデイズやeKワゴンはフロントの赤外線レーザーレーダーで、それぞれ低速度における衝突を回避するためのシステムが備わっている。また、スズキはエネチャージを搭載する。出だしをアシストし、バッテリーはアイドリングストップと共有であるから、充電不足時にはアイドリングストップは働かない。シートヒータも装備されて、運転席は座席の上下等々と至れり尽くせりである。

中国メディアも軽自動車の装備についても是非紹介してほしいと思うが…。
また違った部分で感心するのではないか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月27日 19:20 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(2)
電動自転車が
中国の交差点風景をYoutubeで見ると、
歩行者、自転車、電動自転車、自動車の
4者のバトルですね。
信号待ちからフライング発進、交差点手前の
左側通行(中国はクルマは右)などなど。
ハイパワーな電動自転車(実態は電動スクーター)が
一番危険物に見えます。
[ 2016/10/27 22:01 ] [ 編集 ]
自動車分化と言うなら
日中の自動車文化の違いを論じてますが、一番大事な安全対策が語られてない。昨年の我が国の交通事故による死者数は4113人です。対して中国は20万人以上でさらにずさんな記録、統計から見て、死者数がもっと増えると言われている。中国の人口の割合を換算すれば我が国の死者数は5万人程度ですから、いかに中国の交通事情が悲惨であるかが分かる。これからもっと自動車が普及すれば中国の自動車事故や死亡者は増え続けるが、その改善策についてはやってないのも同様です。

交通事故のことを問題にしないで、日中の自動車文化を比較していることに、重大問題から話題をずらすように感じられ、気味悪さを覚える。
[ 2016/10/28 12:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp