韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  朴大統領は捜査できない?一部の憲法学者「起訴できなくても捜査は可能」

朴大統領は捜査できない?一部の憲法学者「起訴できなくても捜査は可能」

チェ・スンシル疑惑の核心人物である朴槿恵(パク・クネ)大統領を捜査しなければならないという声が、各界から噴出している。政府と捜査当局は、大統領在任中は刑事不訴追特権ゆえに槿恵追は捜査対象にならないという立場をとっているが、起訴はしなくとも捜査はすべきとの主張が、野党だけでなく与党からも出ている。

朴大統領が捜査対象になりうるという主張の中心根拠は「訴追はすなわち起訴」ということにある。起訴できないだけで、その前段階である捜査はできるということだ。非朴(槿恵)系とされるセヌリ党のキム・ヨンテ議員は27日、「(憲法によって)大統領は在任中、刑事上の訴追を免れるだけで、特別検事の捜査を免れるいかなる法的理由もない」と主張した。(このような主張は)「朴大統領と陰の実力者であるチェ・スンシル氏が憲法によって与えられた大統領の権力を私有化し、国の紀綱を破壊した事件」という認識に基づいている。

共に民主党も、朴大統領が捜査対象になるべきという立場を明確にしている。民主党のパク・ワンジュ院内首席副代表は同日、「特検(捜査)の対象に大統領府も含めなければならない。 (チェ・スンシル氏をめぐる疑惑の)頂点に大統領がいる状況で、調査対象から外すならば、きちんとした真相究明ができない」と話した。

政府と捜査当局は、訴追の概念に起訴はもちろん、捜査も含まれるという立場を示唆した。キム・ヒョンウン法務部長官は同日、国会法制司法委員会全体会議で「大統領の不訴追特権に捜査も含まれるかどうかについて様々な見解があり得るが、捜査対象にもならないというのが多数説」だと主張した。彼は多くの議員の反論に対し、「多数説を紹介しただけ」と一歩退く姿勢を見せた。同日、検察に設置されたチェ・スンシル疑惑特別捜査本部のイ・ヨンヨル本部長は、朴大統領が捜査対象に含まれるかという質問に対し、「刑事訴追の対象ではない」とだけ答えた。


スポンサードリンク


共に民主党は、大統領も在職中に捜査対象になりえるというのが圧倒的多数の憲法学者たちの見解だと反論した。共に民主党のクム・テソプ報道官は同日、懸案ブリーフィングで「大統領は在職中に起訴できないため、逮捕・拘束は禁止され押収捜索など強制捜査もできないという見解があるだけで、(訪問調査など)任意捜査の対象という点には異論がない」と主張した。

親朴(槿恵)系であり、憲法学者であるセヌリ党のチョン・ジョンソプ議員が書いた『憲法学原論』にも「(大統領に対する)捜査機関の捜査は可能である。時間が経過すると、証拠を収集するのは難しくなるため、大統領の在職中に行なわれた犯罪行為についても、捜査機関はいつでも捜査できなければならない」と明示されている。

「訴追」に対する法理にかかわらず、朴大統領が25日「陰の実力者」を認めて謝罪しただけに、自ら捜査を受けると約束しなければならないという主張も出ている。キム・ヨンテ議員は「この事態の徹底的な解決に向けて、自ら特別検事の捜査への協力を宣言するのが歴史と国民の前に示す最小限の礼儀」だと主張し、パク・ワンジュ議員も「大統領が聖域のない捜査を受けると、国民の前に約束せよ」と要求した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25511.html

【管理人 補足記事&コメント】
昨年10月に韓国の朴槿惠大統領が訪米し、オバマ大統領と米韓首脳会談を行った。しかし希望した米議会演説は設定されず、公式晩餐会も開かれず歓迎ムードはまったくなかった。米国内の報道も、中華人民共和国の習近平国家主席が訪米したときと同様、極めて冷ややかだった。それどころか、今回の訪米をきっかけに、ベトナム戦争時の、韓国軍による虐殺や、ベトナム女性の強姦といった暗い歴史が米国内でも報じられ始めた。

FOXニュースは、「朴大統領はベトナムにおける韓国兵の性的暴行を公式謝罪すべきだ」と題する記事を報じた。韓国兵が数多くのベトナム女性を強姦した結果、5000~3万人もの「ライダイハン」と呼ばれる混血児が誕生し、ベトナム社会の片隅で生きている。韓国軍が自ら韓国兵専用の「慰安所」を設け、ベトナム女性を雇っていた件は、今回は報じられなかったが、歴史的事実は、TBS元ワシントン支局長、山口敬之氏の調査で、米公文書に残る証拠が発見されている。当時の関係者証言からも、疑念の余地はないと同時に、米国内でも周知されるだろう。

アメリカは韓国から離脱したいが、朝鮮半島をロシアには渡したくはない。挙句に今では中国まで絡んでいるわけで、日本の周りは何とも危険がいっぱいである。日本の外交力が日露そして日米さらに日中と中間的存在として日本の立ち位置は非常に重要である。反日韓国とは付き合いたくはないが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月28日 10:33 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp