韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ネイバー、四半期売上が1兆ウォンを初突破

ネイバー、四半期売上が1兆ウォンを初突破

27日、国内主要企業各社の第3四半期(7〜9月)の業績発表で、ネイバーが四半期売上基準で初めて1兆ウォンを突破し、営業利益でも好調を見せた。一方、起亜(キア)自動車などの伝統的製造会社各社は、グローバル景気低迷の影響を受け、芳しくない業績を見せて、対照をなした。

ネイバーは同日、第3四半期の業績発表を通じて、売上が前年同期比20.5%高の1兆131億ウォンを記録したと明らかにした。子会社「ライン」の成功的安着やモバイル広告成長などのおかげで、四半期売上史上初の1兆ウォン時代を切り開いたのだ。営業利益は前年同期比27.6%高の2823億ウォンと集計された。海外売上は、前年同期比24.7%高の3707億ウォンで、全体売上の37%を占めた。史上最大値といえる。広告売上は前年同期比27.7%高の7495億ウォンだ。

ネイバーの韓聖淑(ハン・ソンスク)サービス総括副社長は、最高経営者(CEO)内定後初の公式席上だった同日、業績発表会場で、「金相憲(キム・サンホン)代表を含めた内部経営陣とネイバーをどのように率いていくかについて準備しており、近いうちに別途の時間を設けて、これを発表したいと思う」と明らかにした。

同日、起亜自は第3四半期売上が前年同期比3.1%減の12兆6988億ウォン、営業利益は22.5%減の5248億ウォンだと発表した。起亜自の海外工場での生産は、先月稼働したメキシコ新工場の影響で、前年同期比30.3%が伸びたが、国内工場での生産は、内需販売減少や労働組合のストなどで、前年同期比14.6%減少した。


スポンサードリンク


起亜自は、ブラジルやロシアなどの新興諸国の景気低迷やグローバル経済成長率の下落で、今年の目標だった年312万台の販売は難しいだろうと見込んだ。ただ、第4四半期(10〜12月)にメキシコ新工場を通じて新興市場を攻略し、RV(レジャー用車両)の割合を拡大して、売上を最大限に伸ばすという戦略だ。

SKテレコムは、第3四半期の売上が三星電子のスマートフォン「ギャラクシーノート7」の生産打切りの影響で、前年同期比0.4%減少の4兆2438億ウォン、営業利益は13.5%減少の4243億ウォンだと公示した。Sオイルの第3四半期の業績は、売上高4兆1379億ウォン、営業利益1162億ウォンであることが明らかになった。営業利益は前年同期比620.1%伸びたものの、史上最大業績を上げた第2四半期よりは82%も減少した。

製薬会社である緑十字(ノクシブジャ)の第3四半期の業績は、売上高が前年同期比11%高の3276億ウォン、営業利益は28%減の346億ウォンと集計され、韓美(ハンミ)薬品は、第3四半期の売上が前年同期比18%減って2197億ウォン、営業利益は62%減って138億ウォンだと明らかにした。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/769701/1

【管理人 補足記事&コメント】
ネイバーは、韓国最大手のインターネット検索ポータルサイトである。運営会社は、NAVER Corporation。韓国国内では、検索回数で77%(2010年現在)でGoogleやYahooといった他社を圧倒するシェアを有する検索サイトである(Yahoo! Koreaは、2012年12月31日でサービス終了)。また、2007年12月の調査では世界でも2.4%のシェアを有して5位に位置していた。2010年には、ネイバージャパンの母体であるNHN Japanが日本の有名ポータルサイト ライブドアを70億円で買収し、韓国国内や日本のIT業界で話題になり、その経緯でライブドアの検索エンジンがGoogleからNAVERへと切り替わった。

ネイバーは凄いといえるほどの従業員は抱えない。2400名ほどである。ネイバー(旧NHN)は韓国の代表的なIT企業で、その100%子会社である日本法人LINE株式会社(旧NHN Japan)が提供するラインやネイバーまとめは有名だ。他にもハンゲームといったオンラインゲームなど数多くの事業を手がけるが、親会社ネイバーの最大の収益源は検索エンジンである。売上の約半数以上を検索エンジンによる広告収入で占めている。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月28日 11:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
思い出してみよう
日本とアメリカでLINEが上場し日本円で総額1兆円程度を資金調達しました。その開示資料には、ちゃんとNAVERが親会社という記述もあり、役員も派遣されています。そりゃ、資金環流しています。だから、LINEもNAVERも大幅黒字になるでしょう。あたりまえ。ただ、それが日米の会計基準でどうなのかということ。4、5年たって、粉飾決算として訴えられ、LINEは日本から撤退なんて記事を見かけるのも現実かもしれません。なんせ、LINEのうりの一つのスタンプがまったく売れないという記事をみました。
[ 2016/10/28 17:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp