韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車、米国で“燃費誇大表示”和解金43億円支払いで終結

現代自動車、米国で“燃費誇大表示”和解金43億円支払いで終結

現代・起亜自動車グループが“燃費誇大表示”訴訟と関連して、米国の33カ州とワシントンの検察に和解金4120万ドル(約43億円)を支払い、調査を終結することで合意した。

ウォールストリートジャーナルは27日、現代・起亜自動車が米国の33カ州とワシントンの検察が訴訟を提起しない代わりに和解金を支払うことにしたと伝えた。和解金は州政府の調査費用を補償するなどの名目で、合意内容に現代・起亜自動車が法律違反を認める内容は入っていない。

現代・起亜自動車は2012年、米国で燃費をガロン(約3.78リットル)当たり1~2マイル(約1.6~3.2キロメートル)程度を誇大表示し広告を出したという疑いを受けた。その後、現代・起亜自動車は米国とカナダで2011年から2013年までに販売したアクセント、エラントラ(韓国名はアバンテ)、リオ(韓国名はプライド)、ソウル約120万台の燃費が誇大表示されていた事実を認めた。

2014年には米環境保護庁(EPA)に燃費誇大表示と関連して1億ドル(約100億円)の課徴金を納付し、集団訴訟を起こした消費者には4億ドル(約400億円)を補償することで合意した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25520.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
2014年11月に米環境保護局(EPA)と米司法省は3日、韓国・現代自動車グループと、2012年に発覚した同社の燃費誇大表示問題を巡り、1億ドル(約114億円)の制裁金支払いで合意したと日本経済新聞が発表している。。同問題に関連する大気浄化法違反では過去最高額となる。現代自は制裁金支払いで米国でのイメージ悪化を食い止めたるという理由だ。制裁金支払いは現代自傘下の起亜自動車も含む。EPAは12年末に両社合計で120万台近くの車両について、カタログ燃費を実際の性能より過大に表示していると指摘した。両社は誤りを認めて燃費を修正した上で、ユーザーに対しては誤差分に一定額を上乗せした補償を行った。ただ、現代自などは米国でトヨタ自動車などを念頭に、燃費性能で優れる点をアピールしてきただけに販売への打撃は大きく、その後の失速の一因となった。

アメリカで売れない理由である。その後も問題は尾を引き、結果米国の33カ州とワシントンの検察に和解金4120万ドル(約43億円)を支払い、調査を終結することで終結となった。燃費は何かと不正が多い。日本においても燃費問題が発覚し問題となっているが、いつしか走る楽しみというよりは、各社燃費合戦と化している。車は軽量化もさる事ながら、安全強化が盛り込まれ、昔のような走る楽しさを与えてくれる車は減少した。その後軽自動車が増え、益々燃費合戦が加速している。時代の流れであるが、最近ハスラーエネチャージターボを購入し、今までのルークスターボやモコのノンターボと比較して、出だしの力強さは面白い。燃費もアイドリングストップとエネチャージとの連携で、モコノンターボより良く走る。加速力や燃費というのは最初の慣らし運転の仕方でも変わってくるものである。

リッター30Kmというのは、50ccスポーツバイクと同じですからね~。
そう考えれば恐ろしいほどの技術力と言えるが…。
ハイブリッド導入で、燃費はまだまだ伸びそうである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月29日 10:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp